ポスト・シンギュラリティ―人間とAIは

タイタン 作者:野崎まど 発売日: 2020/04/21 メディア: Kindle版 『タイタン』野﨑まど著を読む。 「2205年」人々は働かなくてもよくなった。趣味に興じる毎日、たぶん。そのユートピアをもたらしたのがAIタイタン。ところがタイタンのうちコイオスというAI…

「身銭を切る」って?

身銭を切れ――「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質 作者:ナシーム・ニコラス・タレブ 発売日: 2019/12/12 メディア: Kindle版 『身銭を切れ 「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質』ナシーム・ニコラス・タレブ著 望月 衛監修 千葉 敏…

聞いた・話した・書いた

塩を食う女たち――聞書・北米の黒人女性 (岩波現代文庫) 作者:藤本 和子 発売日: 2018/12/15 メディア: 文庫 開高健風のキャッチコピーで。 『塩を食う女たち 聞書・北米の黒人女性』藤本和子著を読んだ。 聞き書き、聞き取りというとなんだか岸政彦あたりが…

肌寒い日。コロナ禍でも眼はかゆくなる。

人獣細工 (角川ホラー文庫) 作者:小林 泰三 発売日: 2014/11/29 メディア: Kindle版 『人獣細工』小林泰三著を読んだ。発想力と着眼点に驚かされる3篇のホラー小説。 『人獣細工』夕霞は生まれつき、臓器に欠陥があった。医師だった父は彘(ブタ)の臓器などを…

ポスト・デモクラシー、ポストAI、ポスト・コロナを生きるには

私たちはどんな世界を生きているか (講談社現代新書) 作者:西谷修 発売日: 2020/10/21 メディア: Kindle版 『私たちはどんな世界を生きているか』西谷修著を読む。 ソ連や東欧諸国など共産主義国家が共産主義の看板を外したとき、資本主義国家は喜んだんだっ…

古書、骨董、古い邸宅…古いは怖い

アラバスターの手: マンビー古書怪談集 作者:A・N・L・マンビー 発売日: 2020/09/12 メディア: 単行本 『アラバスターの手 マンビー古書怪談集』A・N・L・マンビー著 羽田詩津子訳を読む。 「書誌学者・ライブラリアン」だった著者が、捕虜となって空き時間…

もふもふお正月

ケージの中に置いた猫ちぐら。グレコは警戒してからかまったく中に入らなかったのに、今朝、入っていた。 子どもが連れてきたさび猫姉妹。片方は活発。もう片方は神経質。 こちらはさわり放題、抱き放題。1人が鼻がつまっているので子豚みたいにぶひぶひして…

「ステレオタイプ」という心の拘束衣

ステレオタイプの科学――「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか 作者:クロード・スティール 発売日: 2020/04/06 メディア: Kindle版 『ステレオタイプの科学――「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか…

新作なのにM・R・ジェイムズの作品?と思える

図書室の怪 四編の奇怪な物語 (創元推理文庫) 作者:マイケル・ドズワース・クック 発売日: 2020/10/30 メディア: Kindle版 『図書室の怪 四編の奇妙な物語』マイケル・ドズワーズ・クック著 山田順子訳を読む。 訳者あとがきによると作者は「博士号を取得し…

おもちゃのチャチャチャ&あの日に帰りたい

玩具修理者 (角川ホラー文庫) 作者:小林 泰三 発売日: 2013/07/17 メディア: Kindle版 『玩具修理者』小林泰三著を読む。 以前から名前は知っていた。読もうと思っていたが、やっと読めた。作者の逝去を知って読むとは不遜な動機かもしれないが。はまりまし…

おまじないしんじないおまじないしんじる

うるはしみにくし あなたのともだち 作者:澤村伊智 発売日: 2020/08/19 メディア: Kindle版 『うるはしみにくしあなたのともだち』澤村伊智著を読む。 テーマは流行の言葉で言うと「ルッキズム」。 都立高校3年2組の羽村更紗が自殺した。彼女は美貌でクラス…

Gréco

ケージ前のガード用ボール紙。グレコの齧った跡が 新しい猫、名前はGréco。グレコ。 保護猫のトライアル(お試し期間)が過ぎて正式に飼いますと先方に伝える。様子をスマートフォンで撮り、画像や動画で送った。 すると、彼女の出自に関する追加情報が来た。 …

バルトの死因は交通事故死ではなく殺人だった。そして「言語の七番目の機能」と 命名された文書も消えた

言語の七番目の機能 (海外文学セレクション) 作者:ローラン・ビネ 発売日: 2020/09/23 メディア: Kindle版 『言語の七番目の機能』ローラン・ビネ著 高橋啓訳を読む。 ロラン・バルトはミッテランとの会食後、自動車事故に遭遇する。病院に向かう途中、彼が…

レンズが撮るものは、すべてがリアルではない、しかし…

暗闇にレンズ (単行本) 作者:高山 羽根子 発売日: 2020/09/30 メディア: Kindle版 『暗闇にレンズ』高山羽根子著を読む。 SideAではスマートフォンで撮影した映像を楽しむいまどきの女子高生たちが主人公。 SideBは映写機が日本に来た1896年から始まる。映像…

ラブクラフトが憑依する

狂気の山脈にて クトゥルー神話傑作選 (新潮文庫) 作者:H・P・ラヴクラフト 発売日: 2020/11/28 メディア: 文庫 『狂気の山脈にて クトゥルー神話傑作選』H・P・ラブクラフト著 南條竹則編訳を読む。「ラブクラフト選集」の第2弾。短編もよいのだが、『狂気…

不滅の「構造主義の言語学」

ソシュールと言語学 コトバはなぜ通じるのか (講談社現代新書) 作者:町田健 発売日: 2015/03/27 メディア: Kindle版 『ソシュールと言語学 コトバはなぜ通じるのか』町田健著を読む。 ソシュール言語学というと「難解」が枕詞だけど。本作はソシュールから始…

飼い猫に手を焼く

読みかけの本ばっかでレビューは後日。てなことで「猫ちゃんニュース!!」(byハライチ 岩井 )。 ケージに移したとき、わずかな隙をついて脱走した猫。保護猫でケージで飼われていたそうだ。 しばしの自由を家の中で味わう。 落ち着き先が階段下の物入れ。階…

反バートルビー

新編 不穏の書、断章 (平凡社ライブラリー) 作者:フェルナンド・ペソア 発売日: 2013/01/10 メディア: 単行本 『[新編] 不穏の書、断章』フェルナンド・ペソア著 澤田直訳を読む。 『ホテル・アルカディア』石川宗生著の参考文献をみたらフェルナンド・ペソ…

ぼくの好きな先生

ハンナのいない10月は 作者:相川英輔 発売日: 2020/05/26 メディア: 単行本 『ハンナのいない10月は』相川英輔著を読む。ミステリー風味の短篇連作集。 ハンナは正徳大学の森川先生の研究室で飼われている猫の名前。森川先生は学内での出世には興味がない。 …

疑似家族においても子は鎹(かすがい)になるのか

イエスの学校時代 作者:J M クッツェー 発売日: 2020/04/16 メディア: Kindle版 『イエスの学校時代』J・M・クッツェー著 鴻巣友希子訳を読む。『イエスの幼子時代』の続篇。 巻頭の引用が利いている。 「一説によれば、後篇がうまくいった例しはない。『…

コロナ禍の2020年のクリスマスソングは、これ!

ぜったくん - 「Gaming Party Xmas」Music Video ぜったくん - 「Gaming Party Xmas」Music Video https://www.youtube.com/watch?v=06jRQhPg3aU 人気blogランキングへ

恋多き女、コミュニストに転向

マリーナの三十番目の恋 作者:ウラジーミル・ソローキン 発売日: 2020/10/23 メディア: 単行本 『マリーナの三十番目の恋』ウラジミール・ソローキン著 松下隆志訳を読む。最新作かと思ったら初期作品の翻訳らしい。 「1953年」生まれのマリーナ。美貌ばかり…

猫が来たが

副業先からのメールで新型コロナウィルス感染者が出たことを知る。駅前の銀行に行ったら、エラそうな女性が行員に新型コロナウィルス感染者が出たことを伝えていた。じわじわ来るなあ。NOT GO TOキャンペーンとかする段階だろうに。 11月29日、2歳のメス猫が…

長丁場になりそう

オリヴィエ・ベカイユの死/呪われた家~ゾラ傑作短篇集~ (光文社古典新訳文庫) 作者:ゾラ 発売日: 2015/11/27 メディア: Kindle版 猫が来た。すぐになじまないのは見込んでいたものの。うなる、あばれる、パニパニパニック。子猫ならまだしも2歳となれば、…

死屍累々な世界を自在に生き抜くガールズ・バディもの

ピエタとトランジ <完全版> 作者:藤野可織 発売日: 2020/03/11 メディア: Kindle版 『ピエタとトランジ<完全版>』藤野香可織著を読む。 生まれついての探偵の才能と自分の身辺での殺人事件を呼び起こす運命を併せ持ったトランジ。いわば殺人を呼ぶ女。その…

『心と他者』

心と他者 (中公文庫) 作者:野矢 茂樹 発売日: 2012/11/22 メディア: 文庫 『心と他者』野矢茂樹を読む。 作者の初期の論考集で、ウィトゲンシュタインと師である大森荘蔵を(あえて)批判した本。 後期ウィトゲンシュタインのアスペクト論に端を発して、「幻…

再び、猫が(予定)

先日、子どもから猫の譲渡会経由で猫の飼い主を探していると人がいるというLINEがあった。引き取り先が決まらないのか。訳ありってヤツか。 若くない夫婦にふさわしい若くない猫かと思ったが、2歳のメス猫だった。 しまってあったケージを掃除して組み立てた…

ようこそ『ホテル・アルカディア』へ

ホテル・アルカディア (集英社文芸単行本) 作者:石川宗生 発売日: 2020/04/03 メディア: Kindle版 『ホテル・アルカディア』石川宗生著を読む。 ホテル・アルカディアの支配人の令嬢プルデンシアがヒッキー(引きこもり)になった。ホテル暮しの芸術家たちは毎…

コロナの時代の哀

白い病 (岩波文庫) 作者:カレル・チャペック 発売日: 2020/09/16 メディア: 文庫 『白い病』カレル・チャペック著 阿部賢一訳を読む。 ジャケ買いならぬカバー買い。 いつ戦争が勃発してもおかしくない世の中。国は軍需産業に力を入れて戦争に備え武力を強化…

なんの、なんの、ガチなSF短編集

なめらかな世界と、その敵 作者:伴名 練 発売日: 2019/08/20 メディア: Kindle版 『なめらかな世界と、その敵』伴名 練著を読む。 表紙のJK風のイラストレーションとライトノベル風文体。ついていけるかなと思って読んだら、なんの、なんの、ガチなSF短編集…