「奇想文学の名手」とは言い得て妙

 

 

『日本SFの臨界点 中井紀夫 山の上の交響楽』中井紀夫著 伴名練編を読む。

作者は、伴名練曰く「ボルヘスカルヴィーノマジックリアリズムの影響を受け」たそうだ。確かにそうかも。でも読んだことがなかった。「奇想文学の名手」とは言い得て妙。不条理とシュールとSF。ベケットを思わせるような作品もあるし、そのままコントになりそうなものもある。まっさらな気持ちで読んだ感想やストーリーなどを、ば。

 

『山の上の交響楽』
とてつもなく長い交響楽がある。感想するまでに1万年かかる。山の上の音楽堂でこの楽曲を演奏している交響楽団。「8つのオーケストラ」の交代制で24時間演奏している。300年かけて演奏は最大の難所である「八百人楽章」へ。このクライマックスを楽団員たちはどう乗り越えるのか。なんともスケールが大きく、神々しささえも感じさせる。

 

『山手線のあやとり娘』
「山手線の中であやとり」をしていた少女がいた。「赤いランドセル」を背負った少女は「ぼく」にあやとりを誘いかけてくる。彼女は帰らずに、「ぼく」の部屋にいる。少女だと思ったが、よく見るとそうでもないような。なんとも不可思議な話。

 

『暴走バス』
「1日で50mぐらい」走るゆっくりとした暴走バス。「超低速時間」が流れているバスに幽閉状態となった乗客。東名高速道を走りだして名古屋から東京まで20年間かかった。今度は超ゆっくり暴走するトラックが現れる。スローな暴走とはなんたるちゃ。

 

『見果てぬ風』
大きな足のテンズリは、やがて世界の果てにある壁の「途切れる場所」へ行きたくなり、旅に出る。旅先で「途切れる場所」の情報を集まる。出会った人々やもてなしを受けた村の異文化などが描かれる。
テンズリはネネメと夫婦になり、子どもが生まれる。再び旅に出る。今度は美しい女王と出会い、米をご馳走になる。その美味さに驚く。「途切れる場所」の見解の相違から囚われの身となる。土牢からの脱出を試みる。壁の「途切れる場所」目指して。『進撃の巨人』チックな奇譚。

 

『殴り合い』
新居祝いを行なった夜、谷口は妻の康子に「人が殴り合う」シーンを見かけなくなったことを話す。小学生のとき、高校生のとき、大学受験日に彼は目の当たりにした。大学時代、ガールフレンドとホテルに入ったときも、突然、見知らぬ男二人が殴り合いを始める。それは何だったのだろう。なぜ最近見なくなったのだろう。


『死んだ恋人からの手紙』中井紀夫
恋人が亡くなってから手紙が届くという恋愛小説のパターン。「あくび金魚姫」への「TT」からの手紙を紹介するスタイル。戦艦で惑星に行き、場合によっては出撃する状況。同僚が死ぬなど戦況はヤバい。そして帰らぬ人となる。慰めの手紙の後に、「TT」からの手紙が2通届く。優しい文面。悲しみがじわじわ来る。異星人とのコミュニケーションに難しさをあげているが、同じ地球人だってコミュニケーション不全のケースが多々あるものね。
(『日本SFの臨界点[恋愛篇]死んだ恋人からの手紙』伴名練編の拙レビューから流用)


人気blogランキング

『ピンク・シャドウ』を聴きながら

 

『恐怖 アーサー・マッケン傑作選』平井呈一訳を読んでも
涼しくならない。
で、冗談伯爵の『ピンク・シャドウ』を聴いている。名曲だ。
YouTubeの動画を貼るんで聞き比べてほしい。

 


www.youtube.com

『ピンク・シャドウ』冗談伯爵
ぼったくり男爵ならぬ冗談伯爵。
コミックバンドのような名前だけど、良質のシティポップ。
ヴォーカルは前園直樹。

 


www.youtube.com


『ピンク・シャドウ』山下達郎
ライブアルバム『IT'S A POPPIN' TIME』以来
このカバーも何回聞いただろうか。

 


www.youtube.com

『ピンク・シャドウ』ブレッド&バター
本家兄弟デュオ。元祖湘南サウンド
見た目はお爺さんだが、声とハーモニーは「あの頃のまま」


人気blogランキング

探偵は古書店にいる

 

 

『愛についてのデッサン――野呂邦暢作品集』野呂邦暢著を読む。

表題作に特化したレビュー。

 

主人公は佐古啓介。元編集者、現在は古本屋の二代目店主。
彼は父親が亡くなって店の跡を継ぐ。父親は継がせる気はなく、彼は大学に行き、
出版社に就職した。編集者という仕事が合わなくて父親の死去をきっかけに店主となった。妹・友子との家族経営の店。

 

そこに古本をテーマにさまざまな依頼が舞い込む6篇の連作短篇集。

著者は古本屋と本、特にミステリーに目がなかったそうだ。
とするとこの作品が書かれるのはある意味、必然だったかもしれない。

 

古本稼業の内幕が詳しく描かれている。
初版本だけでなく作家の手書きの生原稿も高価に取引されるなど。
いまはパソコンでタイピングしてデータ送信だからなあ。

 

古本屋で本を買う。安く買うこともあるが、絶版となった本と出会えることもある。
本を売る。今なら断捨離とかかもしれないが、当座の生活資金捻出の一部だったり。
あるいは本の蒐集家が亡くなって家族が処分するとか。

 

新刊本よりも古本のほうが何となく重たくて、大げさに言えば人生やドラマを
感じさせる。古本屋という仕事も探偵に不可欠な人間観察眼が自然と身につく仕事なのだろう。

 

短くストーリーを紹介。

 

『燃える薔薇』
啓介の大学時代の友人岡田の知り合い望月洋子からの依頼で父の郷里である長崎へ。
飛行機嫌いなので新幹線で。目的は最近事故で亡くなった伊集院悟の肉筆稿。『燃える薔薇』は伊集院の詩集の題名。目録を頼りに探す。伊集院悟には英国人の血が流れていてハンサム。無頼派、聞こえはいいが、生活能力には乏しく妹・明子に実質養われていた。妹にも会う。洋子と伊集院の関係は。肉筆稿は入手できるのか。

 

『愛についてのデッサン』
古本市で丸山豊の詩集『愛についてのデッサン』を入手した啓介。それは岡田の姉京子に贈ったものだった。彼は2歳年上の京子が好きだったが、彼女は拒否した。甦る思い。足は自然とスナック『青い樹』へ向かう。マスターの秋月老人が風邪気味で店に来られない。食事を届けに行く。秋月は最近熟年離婚した。本だらけの部屋。本を読むために離婚した。ところが秋月はガス自殺した。

 

『若い砂漠』
啓介は大学時代に鳴海という友人がいた。彼は一攫千金を夢見る小説家志望。「大学新聞の懸賞小説で入賞したことがあった」。しかし、ビギナーズラックだったのだろうか。行方が気になって探してみるといまだ郷里に帰って小説を書いていた。彼の店に通う老いた労働者風の男。彼は代金を負けたりする。岡田からかつて人気のあった大衆作家であることを知らされる。夢を捨てきれない者と夢から降りた者。


『ある風土記
啓介と岡田の大学時代の恩師綾部が亡くなった。綾部の出世作出雲風土記』。この本を書くために出雲を頻繁に訪ねて、そこである女性と知り合い、子どもまでできたという。綾部には妻子がいた。出雲の女性や娘の行方を追う。教授の「限定本『出雲風土記註解』」がギャラ。京都で娘と会う。


『本盗人』
店番をしている啓介。このところよく現れる女子大生風の女性。本を眺めるが、買わない。気になる。不審な男がいた。てっきり万引きかと思ったら勇み足だった。濡れ衣を着せて謝礼をせしめる手口。彼はまんまとはまった。高額な古本が盗られていたこともある。さて彼女。恋人が万引きした本をこっそり返しに来た。彼女、笠原恭子は長崎出身だった。

 

『鶴』
父親の友人である同郷の税理士・大曾根が蔵書の処分を依頼してきた。そこで父親が長崎にいた頃短歌を詠んでいたことを聴かされる。初耳。短歌の同好会も開いていた。再び、長崎へ。その会での恋愛関係やサヨク思想など父親の知り合いを訪ねる。なぜ父親は長崎へ帰ることがなかったのか。

 

各篇に出て来る女性キャラクターがいずれも魅力的。

いちばんと思われる決め台詞を引いてみる。妹への一言。

「本を探すだけが古本屋の仕事じゃない。人間っていつも失った何かを生きているような気がする。そう思わないか、友子」

カッケー。ハードボイルドじゃん。


このシリーズの新作が読みたかった。叶わぬ望み。
映画でも見てみたい作品。

 

人気blogランキング

「第13あかねマンション」の怪って…ホラーじゃないのに。たくもう!

 

 

新井素子SF&ファンタジーコレクション2 二分割幽霊綺譚 扉を開けて』新井素子著 日下三蔵編を読む。以下2篇の感想や感想や感想やあらすじを。


『扉を開けて』
主人公は根岸美祢子。通称ネコ。マンションで1人暮しの女子大生。「奥様は魔女」じゃなくって「女子大生ネコは魔女」だったのです。隣人はボーイフレンドの斉木杳(はるか)。フリーのルポライター。ほんとはテレポーター(瞬間移動者)。類は友をヨブ記
大学のクラスメイト・山岸圭一郎。常に異常に毛深くてケモノ臭がする。実は、山岸はライオン男だった。悩める超能力者たち。


ネコの部屋に3人が集まっているとき、突如部屋が溶解し始める。ネコたちは「中の国」という異世界に来てしまった。って『ナルニア国物語』?作者あとがきでそうだと。


「中の国」ではネコは「ネリューラ姫」と呼ばれる。あ、「中の国」の地名が西武池袋線の駅名にちなんでいるところが笑える。たとえばハノウ山脈→飯能、クメ川→久米川などなど。3人組は団結して敵の将軍と闘う。『アベンジャーズ』か。なんだかバトルゲームやアドベンチャーゲームをしているような感覚。はちゃめちゃぶりが読んでいて痛快。

 

二分割幽霊綺譚
13歳までは斎藤礼朗(のりあき)、それ以降は斎藤礼子(のりこ)となった主人公。彼女は「仮性半陰陽」だった。アンドロジナス、性同一性障害。体は女性、心は男性。美大生となった今も違和感を感じながら生きている。

 

不良にいちゃもんをつけられて困っていた美少女砂姫を助ける。すると彼女は礼子の部屋に猫のように居つく。砂姫は吸血鬼だった。ひょんなことから礼子らは冒険に出る。
そこにはもぐらやヒミズやミみみずがうじゃうじゃいたり、大食漢のもぐら女王が現れる。

 

礼子は亡くなって肉体の一部はシチューになったとか、ならないとか。幽霊となった彼女は挙句の果てに二分割されてしまったり。どーなる、礼子。読み出したら止まらないおもしろファンタジー


いわゆる「性の入れかわり(TSF)」をテーマにした作品って漫画だと高橋留美子の『らんま1/2』があるが。彼女は男性性と女性性という性差でも二分割されている。発表された当時よりも現在の方が読んでいてしっくりくるというのか、良さがわかるのではないか。幽霊が真っ二つになったらという夢を長篇に仕立てた筆力には恐れ入る。

 

2作ともどちらも舞台は「第13あかねマンション」。キャラクターがすれ違うシーンも。

 

リーダビリティ、要するにすいすい読める文体は、アニメーションを見てるような感じ。

 

パソコンやスマートフォンやネットのなかった時代の作品。レコードは買うもの、映画は映画館かテレビで見るもの。本は書店や古書店で買うもの。暇なヤングは淡泊接触や濃厚接触することで退屈を殺していた。煙草もか。この作品にも喫煙の描写が多く出て来る。セブンスターか、ハイライト。女の子はセブンスターを喫っていた。前途を悲観している男の子が喫っている煙草はなーんだ?―ショートホープ


人気blogランキング

ふと、大江健三郎の短篇集が読みたくなって

 

 

『僕が本当に若かった頃』 大江健三郎著を読む。

 

初期の作品である『奇妙な仕事』や『死者の奢り』を読んだときは、衝撃を受けた。
大江作品イコール重厚長大のイメージが強いが、『奇妙な仕事』や『死者の奢り』は短篇だし。


で、久しぶりに読みたくなって短篇集はないかと検索して出てきたのがこの本。
結論から言うとたっぷり楽しめた。

 

家族や親族、大学の恩師や付き合いのあった人々などを書いた私小説風作品。
「風」が曲者。そこに作者の企みや罠がある。時にはユーモラスに、時にはエロティックに、時には伝奇的に。

 

ぼくですか?用心していたのに、見事に作者のこしらえた落とし穴に、すとんと落ちてしまった。

 

何篇かの短いあらすじとか感想などを。

 

『火をめぐらす鳥』
若いときに惹かれた伊東静雄の詩「鶯」の断片と子どもが鳥の鳴き声に感化されて言葉を発した話がつながっている。子どもは「野鳥の声のテープ」には反応するが、本物の鳥の鳴き声には興味を示さない。子どもとのやりとりがぼく自身の思い出と重なる。軽井沢の別荘が出て来るが、この別荘が売りに出されていることをtwitterのTLで知った。余談だが。


『「涙を流す人」の楡』
文学賞の授賞式でベルギー大使館の離れにいる。そこに大きな楡の木があった。「僕」は楡の木の思い出話をN大使にする。彼は思い出話を分析する。まもなくガンで亡くなった大使。謎だった楡の木の思い出が明らかになる。大江版マジックリアリズム


『治療塔』
確か長篇小説であったけど。本作は「オペラ用の台本」だとか。「人類の知らぬ合金で建造された」治療塔。「数百基」あってさまざまな病気を癒してくれる。スタニスワフ・レムのようなSFを期待したが、どうも違ったようだ。


『マルゴ公妃のかくしつきスカート』
カメラマンの篠君がマルゴ公妃について作家の「私に」訊ねる。「マルゴ公妃は色情狂の公妃」と呼ばれ「愛人の頭蓋骨をスカートのポケットに14個もしまっていた」。後日、彼が送って来たヴィデオ・テープには「東南アジアの娘」が撮られていた。彼女はフィリピンから不法駐留しているマリアだった。身体で稼いだ金は怪しげな教会に寄進する。カメラマンは彼女を現代のマルゴ公妃とみなす。マリアも「愛人の頭蓋骨」ではないが、そのようなものを持っていた。振り回される篠君。ダークな純愛小説。


『僕が本当に若かった頃』
家庭教師のアルバイトをはじめた「僕」。何でも文章化するという独特の指導法で「滋君」の成績は上がる。両親はもとよりそれまで教えていた叔父にも関心を持たれる。叔父は東京郊外で養鶏業を営み、世捨て人、ヒッピーのような暮らしをしている。一方、英語が堪能でチャーミングな叔母は映画の輸入会社の重要なポストについている。対照的な二人は現在別居状態。ある日、叔母のパーティーに招かれた「僕」。伯母と危ない関係になりそうになる…。

念願の運転免許を取った「滋君」。伯父とロングドライブに行く。そこで悲惨な事故に
遭う。心に傷を負った「滋君」。アメリカへ逃げるように留学してそのまま大学の教授となる。作家となった「僕」と「滋君」の再会は。前半の話は映画『家族ゲーム』を思い浮べた。


茱萸の木の教え・序』
「従妹タカチャン」の生涯。「僕」と「タカチャン」は年齢が近く、一時はいい関係にもなっていたようだ。「タカチャン」はエキセントリックで厄介な性格。才気煥発だった彼女だが、学生運動に巻き込まれ頭部に損傷を受ける。それから寝たきりとなる。恢復したように見えたのは束の間、結局、亡くなる。養父が彼女の書いたものを追悼集に編もうとする。その序文とまとめを作家である甥の「私」に依頼する。送られてきた日記の一部などを見ると…。


人気blogランキング

私は何人(なんぴと)とて束縛できる。でも、束縛はされない

 

 

『聖母』L.v.S=マゾッホ著 藤川芳朗訳を読む。

 

ヒロインは―あるいはマドンナか―異端宗派の女性教祖マルドナ。
その美貌とグラマラスな肢体はカルト宗教の広告塔として布教に光を与える。

 

マルドナを慕うのは農夫サバディル、裁判官で貴族のツェミオフォルスキ。
男性ばかりでない、彼女の世話をする美少女ニンフォドーラまでも。
マルドナは自由奔放。肉体関係を結んでも、心までは結ばない。
特定の男性のものになる気はさらさらない。
ところがサバディルとニンフォドーラがこっそりできてしまうと
内心もやもやする。

 

教祖ゆえ教義に従わない者には戒めのため、情け容赦なく制裁を喰らわす。
その非道さぶりに警察に通告される。
マルドナは逃げることなく囚われの身となり裁判にかけられる。
多分有罪で刑務所行きか。極刑か。

 

この機に新たな宗教を立ち上がれば儲かると
カロン(主要人物紹介で「大食漢の調子者」とある)が、
前から好意を抱いているフェーヴァ(主要人物紹介で「愚かで信じやすい未亡人」とある)をそそのかす。フェーヴァはその気になってニワカ女性教祖を名乗る。
それでも結構信者がつく。
カロンって狂言回しの役で、『西遊記』に出て来る猪八戒みたいなヤツ。

 

裁判官で貴族のツェミオフォルスキ。シブいイケおじは、マルドナに魂を射抜かれる。秒殺。結局、無罪放免となる。

 

そこから始まる、マルドナのリベンジ。

彼女のハートを射止めんがために、そしてカルト宗教のトップの座を射止めんがために、抗争、仁義なき戦いとなる。

 

結局はマルドナの魔力に勝てず、ひれ伏す。ニンフォドーラは寝返ってマルドナのもとに。サバディルは十字架磔(はりつけ)の刑に。死を懇願するサバディル。マルドナが彼の心臓に釘を打ってとどめを刺す。ドラキュラでもないのに。

 

罰がスタイリッシュなSMプレイを思わせるあたりに、マゾッホらしさがある。

私は何人(なんぴと)とて束縛できる。でも、束縛はされない。教祖だから


人気blogランキング

チベット史が学べる、でも、活劇としても読める。不謹慎かもしれないが

 

 

『白い鶴よ、翼を貸しておくれ-チベットの愛と戦いの物語-』ツェワン・イシェ・ペンバ著 星泉訳を読む。

 

1925年、新婚ほやほやのアメリカ人宣教師スティーブンス夫妻が、はるばるチベット・ニャロンに来る。この地でキリスト教の布教をするために。チベット仏教の高僧・リンポチェにも面会する。意外なことにもキリスト教に理解もあって、教会建設は認められる。医療の心得があった宣教師は、住民の難産を助けて人々に一目置かれるようになる。しかし信者は思うようには増えない。

 

まもなく彼らに息子・ポールが生まれる。ポールと領主の息子・テンガは同世代。時には仲良く、時には喧嘩しながら友情を育んでいく。話は彼らの成長物語へ。


しかし、時代は次第にキナ臭くなる。日中戦争が始まる。最初は劣勢だった蔣介石率いる中国軍はやがて巻き返す。第二次世界大戦で日本が敗戦すると、次は中華民国中国共産党が覇権争いをはじめ、中国共産党が勝利する。


中国共産党は、チベット解放という名目でチベット併合にかかる。チベット独立が悲願だった人々は抵抗する。ポールは両親がアメリカへ帰国したが、単身居残ってテンガたちと闘う。結局、キリスト教信者を増やすことはできなかったが、宣教師夫妻はチベットに根を下ろすことができた。

 

中国の若手医師団が受けた教育の一部を引用。

「医師たちはチベット入りする前にしっかりと教育を受けてきていた。―略―この地区にはチベット族という未開の少数民族がいる。大半が農奴で、英領インド及びアメリカの帝国主義と結託した貴族による土地所有と僧院による封建制度に支えられた政府の支配下にある。―略―さらにはチベット人が世界的に見ても最も性に奔放な民族の一つであるがゆえに蔓延している性病も、事態をさらに悪化させている。文明化した近代社会は彼らに対して「世界で最も不衛生で汚らわしい人びと」という好ましくない称号を与えた」

ああ、まさに『不寛容論-アメリカが生んだ「共存」の哲学-』森本あんり著とかぶる。中国共産党チベットに対して「寛容の強制」をした。チベットだけではない。新彊ウィグル自治区、香港、台湾。同じ図式。

 

チベット僧兵やポールら戦士は勇猛果敢で個人的なフィジカルは百戦錬磨の中国共産党の兵士たちを上回っていたようだ。しかし有効射程距離ではかなわないマシンガンなど最新鋭の武器を有した中国共産党軍は質量ともに圧倒する。

 

中国共産党は宗教を認めない。僧侶を認めない。高僧や僧侶に対して取った策が卑劣。飲料や食料を与えない。さらにトイレに行かせない。我慢できなくなった僧侶たちは、我慢できなくなって糞尿を垂れ流しにする。聖なる空間で。自尊心やプライドを喪失させる。

 

ポールは母国アメリカの救助でインドに亡命した恋人とともに泣く泣く帰国する。
チベットで生まれ育った彼にとって母国はアメリカではなくチベットなのだろう。
再びチベットのために戻ろうとする。

 

チベット史が学べる、活劇としても読める。不謹慎かもしれないが。NHK大河ドラマのような趣きのある作品。漫画化するなら、これはもう安彦良和にお願いしたい。

 

soneakira.hatenablog.com


人気blogランキング