オール・ザット・平井呈一

 

 

平井呈一 生涯とその作品』紀田順一郎監修 荒俣宏編を読む。

 

平井呈一水戸黄門なら紀田順一郎が助さん、荒俣宏が格さんだろうか。
と、以前拙ブログで書いたことがある。

 

この本でやっと写真で平井呈一のご尊顔を拝見することができた。
さらに表紙では生原稿も。意外にも読みやすいかわいい字。

若くして平井の弟子的存在となった荒俣。
幻想怪奇小説や作家、翻訳などについては話してくれたが、
最後まで開けなかった心の引き出しがあった。

その開かずの引き出しをようやく開けることになった。

 

「第一部 平井呈一年譜」では、もう荒俣宏が探偵のように微に入り細に入り
資料に当たったり、直接、平井と縁のあった人たちに取材している。

「和菓子舗「うさぎや」」を開業した父親の影響で小さい頃から俳句をたしなんでいた。
父親は川上音二郎の芝居を支え、端役で舞台にも出ていたという。

 

平井は佐藤春夫に師事、後に永井荷風に師事。
江戸に詳しく、英語にも強い平井は荷風からの信頼も厚かったようだが、
結局、事件を起こして文壇での居場所がなくなる。そのことも検証されている。

 

平井には二人の妻がいた。
新潟県小千谷疎開終戦を迎え旧制中学校の英語の教師となる。
かなり型破りな先生で教え子たちから慕われていた。

 

戦後は、翻訳家として欧米の幻想怪奇小説の水先案内人的役割をしていたが、
荷風とのトラブルがいまだ尾を引いていて小泉八雲全集の編集から外されたりもした。

しかし、小千谷での縁が道を拓いてくれた。


「第二部 未発表作品・随筆・その他資料」では、3篇の未発表作品が読める。
戦後の人々の心情や当時のムードを反映した怪奇短篇小説。面白かった。
これだけでも価値のある本。俳句ははじめて読んだ。

 

平井の翻訳は意訳ではないが、かなり滑らかな日本語になっていて、
当時、原文に忠実な日本語訳を望む編集者には好まれなかったそうだ。
でも、その名調子でどれだけ幻想怪奇小説ファンを増やしたことか。

 

平井は翻訳についてこう述べている。

「正確な翻訳というものは、訳者自身の個性的角度から、いかに訳者が正確に原作と
対決しているか、そのこと以外にないと思う。―略―語学が正確なことは第一条件だが、条約や定款ならいざ知らず、それだけでは文学の翻訳はできない。+αが必要で、そのαとは翻訳者の文学的稟質であろう」(講談社「世界推理小説体系」月報より)

 

至言だと思う。そう言えば、小林信彦の生家も両国の老舗の和菓子屋で
当主だった父親の粋人、多趣味ぶりをエッセイで読んだことがある。

 

うさぎやのどら焼きが食べたくなったなあ。


人気blogランキングへ

パスツール曰く「観察の領域において、偶然は構えのある心にしか恵まれない」

 

 

『科学者という仕事』酒井邦嘉著を読んだ。

副題が「独創性はどのように生まれるのか」で、
各章とも最初に著名な功績のある科学者を紹介から
入っていくのだが、こりゃまたかなり愉しくタメになる内容。
理系の研究者などに将来身を立てることを望まれる人はもちろん、
ごく普通のおっさんが読んでもビジネス本として役に立つと思う。

 

たとえば

「この世界が「分かる」という確信を持つか持たないかで、学問に対する心構えは大きく変わる」「分かった内容や知識ではなく、この「分かる」という深い理解の積み重ねこそが、将来の科学研究の血となり肉となる」

 

「研究者にとって特に大切なのは「考えること」である。そのためには、考えるための物理的な時間だけでなく、精神的な「飢餓感」が必要となる。これは、現状に安住することを嫌い、常に新しいアイディアを渇望するような「ハングリー精神」でもある」

 

科学者=研究者と「ハングリー精神」、あまねくクリエイティビィティの根源は、この「ハングリー精神」というヤツなのだろう。

 

作者はインターネットがあまり好きではないようだ。現在肩書きは助教授(この本を刊行したとき)。課題でコピペしたものを提出した学生にバッテンつけたらしい。
ともかく何でもネットで検索して必要なデータを粗よりしてうまく切り貼りしていくのは、考えることではないと。

 

んでもってネットには不正確なものも、もちろん正確なものも、呉越同舟していると。
だとしたら、ちゃんと活字になった(正規の)論文、出版物を読みなさいと。またこの話かよという気もしないではないが、大学生を意識して書いていると、まあアカデミックな研究者からすれば、そうなのだろう。

 

余談
知り合いの大学の先生と雑談していたら、コピペならまだしも、スキャンしてそれをそのまま課題提出する猛者(猛女)もいるそうな。

 

感心したところ。

「観察の領域において、偶然は構えのある心にしか恵まれない」パスツールの言葉を引いて、「この「構えのある心」がセレンディピティーのポイントである」と。

と。「構えのある心」がなければ、幸運の発明・発見の女神は微笑まないというわけだ。

「人々は、群れることによって、何も自分で考える必要がなくなる。行列があれば、そこに並んでみるだけだ。集団で行動していれば、個人の責任が軽くなるように感じられる。すると、責任やモラルといった抑制から解放されやすくなるのだろう。「みんながやっているのだから、自分もやって何が悪い」という考えがまかり通ってしまう」

 

「烏合の衆」「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

ここまで明解にいいたいことを表現するのはできるようでなかなかできない。
だから「群れるな」「孤独に耐えて考えろ」と。
他人のブログなんてはしご読みしないで、カキコミなんかしないで、か。

 

最終章の冒頭にキュリー夫人が出てくる。そこで、ふと、くだらない疑問がわいてきた。なぜかぼくが子どものときからキュリー夫人は夫人とついていたのだろうか。マリー・キュリーではなく。夫人とついて有名なのは「エースをねらえ」のお蝶夫人だが、
あれは当時のトップテニスプレーヤーだったキング夫人とオペラ「マダムバタフライ」の蝶々夫人を足して2で割ったものと思っていたが。あとは「黒薔薇夫人」の谷ナオミとか。

 

「夫人」という言い回しはジェンダーフリーの人は、どうお考えなのだろう。

 

放射能の最初の発見者」であるキュリー夫人は、すでにガン治療に放射線が有効じゃないかという研究をしていたそうだ。やがてその発見が「核兵器原子力発電」につながっていく。なにごとも両刃の剣、これは科学技術だけには限らない。

 

人気blogランキング

 

SFぽいの好き―ぼくがSFに出会ったころ

 

 

『ぼくがカンガルーに出会ったころ』浅倉久志著を読む。


伊藤典夫浅倉久志の両巨頭の翻訳作品は、随分と楽しませてもらった。もらっている。いままで書いてきたものを部厚い一冊にまとめたもので、読み応えがある。
知らなかったSF作家が紹介されており、食指が動いて困ってしまう。
タイトルにサブタイトルをつけるとしたら「翻訳つれづれ渡世日記」とでもしようか。

 

装丁は和田誠。表紙のポップなイラストレーションは氏のタッチとは違うような気がする。

 

ぼくがSFを読むようになったのは、予備校時代、高校の友人からの影響。
筒井康隆にはすぐはまってしまったが、海外のSFにはいまいちなじめなかった。
で、彼がリコメンドしてくれたのが、
当時講談社文庫から発刊されていたた福島正実のSFアンソロジー集だった。
テーマ別に何冊か出ていて、バラエティに富み、アイデアやセンスに目を開けさせられた。

試しにググッみたらビンゴ!だった。そうそう、これっすよ、これ。
講談社アンソロジー 福島正実 伊藤典夫編 海外SF傑作選』。


この本にも出てくるのが、カート・ヴォネガット・ジュニア

大学の英語の授業で、担当講師がレイモンド・ブリッグズなどを翻訳している人で、
ヴォネガットの短編集『モンキーハウスへようこそ』がテキストだった。
英文はなかなか大変だったけど、それなりに楽しかった。

 

作者も英語力をつけたいならペーパーバックで辞書を引かないでともかく読了することを薦めている。その昔、ぼくもやったけど…。ぼくがペンギンに出会ったころ、となってしまう。今は亡き神保町の東京泰文社などでヘミングウェイやミステリー、SFなどの古ペーパーバックを買った。ワケのわからないまま読み進んだ。
あ、サリンジャーはまったく歯が立たなかった。先生もサリンジャーは難しいと。

 

SFを紹介してくれた友人からは、ジャズも教えてもらった。

 

現在は読みたくなる本はネット巡回して本好きの人のWebやブログを参考にしている。
気軽に貸してもらえないのが、残念(って厚かましいか)。そもそも面識もないし。

 

人気blogランキング

海の向こうで『サンショウウオ戦争』がはじまる

 

 

サンショウウオ戦争』カレル・チャペック著 栗栖茜訳を読む。

 

読むまでは、サンショウウオ=当時台頭しつつあったナチスドイツのメタファーで、
サンショウウオvs人類の闘争は、第二次世界大戦を予言しているSF小説。なんだろと。

ところが、違った。

 

サンショウウオの人類へのリベンジが始まった。それは、人間が彼らの生態環境を
汚染させたからだ。『ウルトラQ』みたいな話でもなかった。

 

南の島に生息していたサンショウウオ

寄港していたヴァン・トフ船長は彼らが役に立つと考えた。
要するに奴隷としてこき使えると。
彼らは繁殖能力が旺盛。学習能力も高い。おまけにエサ代も安い。
人間が嫌がる水辺の危険な仕事も文句言わないで行う。
残業代や有給休暇もいらないだろうし。
万が一、ダメになったら、その肉体は食用になる。

ま、おいしくはないだろうが。漢方薬にもなっているみたいだし。

 

人間にとって都合の良いサンショウウオは、たちまち、世界各国に輸入される。

予想通りサンショウウオは各国で急激に増殖する。
面白いことに国によって進化の形状が異なる。

やがて彼らは独自の社会をつくる。


たとえば「カルト集団、サンショウウオ教団」をつくる。
教祖は「マイスター・サラマンダー」と名乗る。
教祖がくねくねすると男のサンショウウオもくねくねさせる。
妖しい踊りに魅了される女のサンショウウオ

 

「国際労働機構(ILO)」でサンショウウオの待遇改善問題が取りあげられる。
有給休暇や保険、年金を与えよという一派と

サンショウウオは人間の労働者をおびやかす存在だから認められないという一派と

意見は真っ二つ。

 

そうこうしているうちに小競り合いが起きる。
「最初にサンショウウオと戦争状態に突入したのはイギリス」。
サンショウウオは圧倒的な勝利をおさめるのだが。

 

話は戻るが、サンショウウオナチスドイツのメタファーというよりは、
黒人奴隷、移民に弾圧された先住民族先住民族に虐げられた移民などのメタファー。
AIやロボットも同類だろう。

 

さあて作者ははりめぐらせた伏線をどう回収するのだろうと
期待しつつページをめくると。

 

結末を書きあぐねているようでグダグダ言い訳を言い出す。
読者をはぐらかすのは、作者の洒落というかユーモアの一手立てだと思うんだけど。

ま、結末なんかなくたってこの小説は面白いけどね。

 

良い子のみんなは、作者の註をちゃんと読もうね。
小ネタで笑えたり、感心したりすることが書いてあるから。

 

人気blogランキング

『輝く断片』をピグマリオニズム(人形愛)といってしまえば、ハイ、それまでよ、か

 

 

『輝く断片』シオドア・スタージョン著  大森 望他訳、読了。


8篇の短編が収録されているが、やはり、トリをつとめる表題作が図抜けていい。
大御所伊藤典夫の翻訳が、また、いい。
なら他の作品がつんまないか。そんなことはない。

ライトノベルのサイコホラー物で物足りない人には、一読をおすすめする。
読んでいてひりひりしてしまった。

 

リュック・ベッソンがプロデュースした映画『つめたく冷えた月』をご存知だろうか。
原作がブコウスキーの。といえば、テイストはわかるかもしれないが。
ネタバレはご法度なんで、あの映画が好きな人なら、『輝く断片』はマジヤバイと思う。ぼくはその映像が好きだったんだけど。白い大理石の石像のような女性の肢体(屍体)。夏の真夜中の海岸。ジミ・ヘンドリックスの音楽。

 

『輝く断片』をピグマリオニズム(人形愛)といってしまえば、ハイ、それまでよ、か。

 

愛しているのは、きみじゃなくて、きみの断片。
欲しいのは生きているきみじゃなくて、眠っているきみ。
完全な拘束はしないが、完全な解放もしない。
愛しているのは、人間のきみじゃなくて、人形のきみ。


人気blogランキング

百化繚乱―文豪たちの幻想童話

 

 

『幻想童話名作選-文豪怪異小品集特別篇-』泉鏡花 内田百閒 宮沢賢治ほか著 東雅夫編を読む。いやはや豪華なアンソロジー。おっさんが読んでも、はまってしまう幻想童話ばかり。何篇かチョイスして、話と感想を手短に。

 

『海戦の余波』泉鏡花
日清戦争で戦艦に搭乗して行方不明となった海軍中尉の父。息子・千代太は父が忘れられない。なんとか会いたいと。暴風雨の中、船に乗り、遭難者を救出する。そこから父をたずねる冒険譚がはじまる。竜宮に辿り着く。戦意高揚するかって、しないだろ。男気は感じるが。それにしても、どんだけ澁澤龍彦の小説が鏡花の文体に影響を受けているかを知った。

 

『桃太郎』『三本足の獣』『狼の魂』内田百閒著
童話って結構残酷で結構ナンセンスだったりして。この3作品も、そう。かなり不条理な変てこ話。まったく古びていない。

 

『おもちゃの蝙蝠』佐藤春夫
本物の蝙蝠になりたかったおもちゃの蝙蝠。でも…。相変わらずオシャレなシティ派メルヘン。

 

『幼虫の曲芸』江戸川乱歩
タイトルからして『芋虫』の系列?童話?と思いつつ読んだら、ファーブルのトックリバチの話をネタにした科学啓蒙童話。意外。トックリバチのトリック。

 

『ルルとミミ』夢野久作
ルルとミミは孤児の兄妹。父は鐘づくりの名人だった。父はつくったお寺の鐘が鳴らなくて湖に身を投げた。父の仇というわけではないが、今度はルルが鐘をつくると…。大きなお目目に星がキラキラ。何もかもが砂糖菓子のようにスィート。『ドグラ・マグラ』の作者に、こんな少女漫画チック、乙女系小説があったとは。


『人魚の嘆き』谷崎潤一郎
支那の南京の貴公子が主人公。眉目秀麗、親が残した莫大な財産もある。酒や女性にうつつを抜かすが、退屈はおさまらない。欧人が貴公子のために南の海から人魚を「生け捕って来た」と。人魚に魂を射抜かれた彼は法外な値段を支払って暮らすようになる。
耽美的な一文を引用。

「彼の女は、うつくしい玻璃製の水甕の裡に幽閉せられて、鱗をはやした下半部を、蛇体のようにうねうねとガラスの吸いつかせながら」

『犬と笛』芥川龍之介
主人公は若い樵(きこり)。名は、髪長彦(かみながひこ)。このネーミング、気に入った。
ロン毛イケメン。笛の名手。笛の演奏のお礼に神様の3兄弟から、嗅覚に優れた犬と空を飛ぶ犬と噛む力に優れた犬をもらう。笛で犬たちをコントロールする。二人のお姫様がさらわれたことを知り、犬たちの力で探し出す。二人のお姫様は髪長彦にゾッコン。
二人の武士が彼の秘密を聞き出し、笛を奪い犬を連れ去る。姫の父の大臣のもとへいき、褒美をせしめる。ピンチの髪長彦を救う姫様。

 

『ちんちん小袴』小泉八雲著 池田雅之訳
若妻の元に深夜何百人もの二本差し武士姿の小人がやって来て歌い踊る。それが連夜。若妻はうんざり、げんなり。彼らは「ちんちん小袴」と名乗る。可愛いけど不気味。若妻のあるいけない行為が彼らを招いた。その正体は。

 

『平太郎化物日記』巌谷小波
稲生物怪録』を子ども向けに書き換えた作品。かな。平太郎は化物を呼ぶ力でもあるのだろうか。次々と現れる化物。大人たちはびびってしなうが、平気の平太郎。怖さよりもユーモアを感じてしまう。『鬼滅の刃』がヒットしているし、絵本や漫画にするのもありでは。漫画は霊界から杉浦茂を呼び出して依頼するのはどうでせう。

 

f:id:soneakira:20210918133910j:plain

泉鏡花『海戦の余波』千代太のイメージ:高畠華宵の挿画

f:id:soneakira:20210918133812j:plain

杉浦茂の漫画で『平太郎化物日記』を



人気blogランキング

小林泰三版イヤミス?―探偵事務所開業のためならば

 

『因業探偵 新藤礼都の事件簿』小林泰三著を読む。
迂闊にも出ていることを知らなかった。
新藤礼都を知ったのは『密室・殺人』。頭は切れるが、底意地の悪い性格。
脇役からついに主役の座をつかんだのか。

 

彼女は探偵事務所をつくろうとする。
サイコキラーであるレクター博士が優れたプロファイラーであるように。
クラッカーが優れたホワイトハッカーになるように。
前科がある彼女は名探偵になる素質は十分。
ホームズだってポアロだって決して性格は良くないし。

ところが、先立つものがない。
まずは、開業資金をつくろうと様々なアルバイトに励む。
彼女のいくところ、なぜかトラブルや事件が続く。
でないと、ミステリーにはならないのだが。

 

テーマはワイドショーや週刊誌が好みそうなものばかり。
持ち前の推理力や理屈(時には屁理屈、時にはではないかも)、卑怯と思われる手口で
真相解決していく。

 

『保育補助』
子ども好きとは思えないし、保育士の資格などもない。慢性的な人手不足ゆえ認可外保育園で働くこととなった。園長には口外できない保育園経営には致命的と思われる過去があった。その過去を暴くためにいわば潜行した礼都。

 

『剪定』
いつからか公園は、やたら禁止行為が増えていた。リストラかなんかにあって妻にそのことを話せない田沢は今日も公園で愛妻弁当を食べていた。それとて禁止行為だった。市の臨時職員となった礼都は、公園の木々を男のそばで剪定する。
田沢は驚いて弁当を落とす。そこからトラブルとなる。鬱憤がたまっていた男は礼都に文句を言うが、相手が悪い。そこへ自治会長の九度山が加勢する。公園管理者の西田と九度山犬猿の仲。アコギな方法で西田を陥れようとしていた。禁止行為で防ぐ西田。九度山の悪行を暴く礼都。


『散歩代行』
犬の散歩代行のアルバイトを始めた礼都。犬のチビの目線から書かれている。チビはブルドッグのメリーに好意を抱いている。男がチビと礼都を食い入るように見ている。あの男だ。「猫は知っていた」ならぬ「犬は知っていた」。狙われるチビ。一件落着後、懇願されてもう一人のペットシッターになる。毎度ありぃ!


『家庭教師』
アルバイトの定番といえる家庭教師になった礼都。教え子の広重が誘拐されることに。うろたえる父親。ところが誘拐されたのは友人の豪だった。慌てる母親。間違えて誘拐されたのは、礼都の仕業だった。なぜ?キレた母親がわが子を助けたい一心で暴走する。そのドタバタが笑える。

 

『パチプロ』
自称イケメンの吾郎。亡くなった父親の資産管理で高等プータローの身分。ストーカーの幸実に追われてパチンコ店へ逃げ込む。勢いあまってパチンコ玉をひっくり返す。弁償しろと迫る、礼都。

ここからサイコっぽい展開となる。ストーカーだったのは吾郎の方。自身ではイケメンだと思ったのに、ストーカー行為が撮られた写真に写っていたのは父親そっくりのブサメンだった。ウソー!!

 

『後妻』
あ、紀州ドン・ファン死亡事件かよと思う。見た目は良さげな礼都。アルバイトじゃ開業資金は容易に貯まらない。後妻になって老い先短い夫の死を待つ。その遺産で一気に夢を叶える。ところが、家政婦がことあるごとに計画の邪魔をする。見事などんでん返し。

新藤礼都と似たキャラがいるな。誰だっけ。あ、そうそう。『映像研には手を出すな!』の金森さやかだ。

 

人気blogランキング