ユートピアとディストピアは紙一重

 

ユートロニカのこちら側 (ハヤカワ文庫JA)

ユートロニカのこちら側 (ハヤカワ文庫JA)

 

 

『ユートロニカのこちら側 』小川哲著を読む。

 

過度なストレスは万病の素だが、ほど良いストレスは長生きの素だそうだ。

「週休3日制」が騒がれているが、もし労働しなくても文化的な生活が保証されるとしたら、どうする。条件は、「視覚・聴覚・位置情報など」一切の個人情報を提供すること。

 

この本に出て来る理想のリゾート都市「アガスティアリゾート」がそう。
「IT企業マイン社とサンフランシスコ市が共同建設」した。

 

申し込んで運よく選ばれれば、人生はあがりとなる。
日々好きなスポーツや趣味に打ち込む極上のリア充が送れる。

犯罪や病気とも無縁のユートピア
なぜなら危険思想や犯罪、病気などでデータ上で問題があった、ありそうな人や家族ははじかれるからだ。
さらに犯罪予測システムBAPが「アガスティアリゾート」での犯罪発生を未然に防いでいる。

 

アガスティアリゾート」を核にした6篇の連作短篇集。3篇だけ手短に紹介。

 

第1章 リップ・ヴァン・ウィンクル
アガスティアリゾート」への入居が決まったジョンとジェシカ夫婦。ジェシカは夢のような日々に浸っているが、労働にやりがい、生きがいを感じていたジョンは入居後、次第に変調を来たしていく。子どもも考えていたが、セックスも当然監視下にあっては、うまくいかない。

 

第2章 バック・イン・ザ・デイズ
リードの亡くなった両親はかつて「アガスティアリゾートのテスター」をしていた。その関連で彼はマイン社が開発していた「過去体験サービス「ユアーズ」」を試す。「疑似タイムマシ-ン」で体験した過去が描かれている。やはり、絵空事

 

第4章 理屈湖の畔で
犯罪予測システムBAPの生みの親、クリストファー・ドーフマン。アラン・チューリングの再来といっても天才数学者兼哲学者。彼はモニター越しにラリー・ジェンキンスを見ている。BAPはジェンキンスが近々「無差別の暴力行為に出る」と予測している。
監視していたにもかかわらずジェンキンスは女性の首をフォークで刺す。攻めるメディア。苛立つドーフマン。挙句の果てに彼はBAPにリストアップされてしまった。


ユートピアディストピア紙一重。改めてそう思う。
社会学者や哲学者が書く論考をわかりやすくSFテイストの読物に仕立て上げた。
その捌き方が鮮やか。デビュー作とは思えないほどのできばえ。
悪く言うと初々しさは皆無。

 

関連レビュー

soneakira.hatenablog.com

soneakira.hatenablog.com

人気blogランキング

サヴァイバルのためのストラテジー

 

 

今日は過去レビューから。

『ヘッピリムシの屁 動植物の化学戦略』ウィリアム・アゴスタ著 長野 敬他訳を読む。

 

ジャングルを伐採することになぜ反対するのか。それは、ジャングル自体が大量の酸素を発生させる自然のファクトリーだから。それと、ジャングルが河川の氾濫などを防ぐ天然の堤防となっているからだそうだ。この2つは、なんとなくわかったけど、もう1つ、大事なことがある。ジャングルには、まだ発見されていない人間に役立つ植物や動物や菌の宝庫であるということ。この見方って、人間本位なんだけどね。

 

「生物から調合された化学物質の多くは医薬であり、歴史的にそれらはたいてい植物由来である」

アスピリンのヒントとなったセイヨウシロヤナギ樹、キネ樹からマラリアの特効薬キニーネ、ケシからアヘン、アヘンからモルヒネが抽出されるなどなど。生薬ってヤツ。人間は自然をお手本に、どうすれば似た成分のものが化学的に大量に安くつくれるかを命題に、追いつき、追い越そうとしてきたわけだ。

 

植物というと何か穏やかな優しい印象があるけど、さまざまな創意工夫をしてアクティブに種の保存に努めている。植物人間というのは、植物に対して失礼ではないだろうか。本書では豊富な事例をあげ紹介している。

 

たとえば、ある種類のウリは食べられないように、猛毒を持っているのだが、ところが、そのウリを平気で食べるカブト虫がいて、「彼らの将来の保護に役立てるために体内にウリの毒素を蓄積」している。これって敵方のパワーや武器を取り込んで増殖するメカキャラに似ているよね。

 

タイトルとなっている


「ヘッピリムシ(ミイデラゴミムシ)は攻撃されると、刺激性のキノンの混合物である熱い液体を噴出し、そのときぽんというかなり大きな音」


を発し、敵をびっくりさせる。また、ヘッピリムシはかなり腕利きのスナイパーであるそうだ。

 

クワガタのある種の若きオスは、大人のオスにやっつけられないようにメスのフェロモンをつくり出して、カモフラージュしているとか。でも、時々、迫られたりしているとか、-そういえば『バグズ・ライフ』に出てきたテントウ虫はオスだけど、かわいらしかったな-植物、動物に関する話のオンパレード。

 

フェロモンとVNO(鋤鼻器)について書かれた章も、きわめて好奇心をそそられる。

 

でも、なんか題名でソンしてる。ヘッピリムシマニアは、それこそ触手を伸ばすかもしれないが。漫画やゲーム、アニメや特撮ものなどで新たな虫キャラを考えなければならない人には、すごく参考になるはず。

 

「自然界の豊富な化学物質は生物の世界を素晴らしい方法で結びつけており、われわれはやっとそれを理解し始めたところである。同時に、それらはわれわれ人類の利益となる産物の無尽蔵の資源を提供している。それらはこの惑星の一部分を救う助けとなることさえできるかもしれない」

冒頭の部分と完全にカブるけど、こっちの方がカッコいいので、くどいけど、繰り返し、引用する。

 

人気blogランキング

「ミステリ―の女王」が書く「怪奇・幻想」短篇小説

 

 

寒暖差にやられて不調気味だった。
熱はないようだ。葛根湯をのんでひたすら眠る。

 

『死の猟犬』アガサ・クリスティー著 小倉多加志訳を読む。
アガサ・クリスティー短篇集、2冊目は「怪奇・幻想」がメイン。
「ミステリ―の女王」が書くホラー・ゴーストもの。

 

何編かピックアップ。

 

『死の猟犬』
ベルギーの小さな村に侵攻した来たドイツ兵。白衣の修道女がドイツ兵を爆死させたという。爆破の跡が壁にこびりついて、その形から農民たちは「死の猟犬」と呼んでいた。そのシスターに会えることになった「わたし」。彼女は念動力で「死の猟犬」を操っていた。ってなんかラブクラフト味のSFじゃん。


『赤信号』
第六感について議論する医師、精神科医や貴族たち。貴族の甥であるマーモットには未来を予知する不吉なシンボル「赤信号」が見える。いま、この場でも見えるのだが口外はしなかった。降霊会が行われ、その後に殺人事件が起こる。ラストが冴えている。

 

『第四の男』
弁護士でもあるジョージ卿、精神病の専門医・クラーク博士、聖職者キャノンが偶然夜行列車で出くわす。4人目の男は外国人風だった。それぞれの専門家が集まって「霊魂」の話となる。不可解な女性の自死事件を話しているとき、4人目の男が仲間に加わる。不可解な死を遂げた女性との因果関係や奇怪な人生を話し出す。

 

『ランプ』
定番の幽霊屋敷もの。ランカスター夫人は不動産屋の案内で古い屋敷を見に来る。確かに薄気味悪いが、彼女は気に入った。でも家賃が格安なので不動産屋を追及する。餓死した子どもの幽霊が出るという噂。リフォームして明るい内装になった屋敷。ところが。ゾクゾクする話のうまさ。

 

『ラジオ』
ハーター夫人は甥のチャールズにラジオを奨められる。「ハイカラな発明品」にはじめは抵抗があったが、いざ使ってみると好きな音楽が聴けてすっからとりこになった。ところがラジオから夫の声がする。霊界ラジオ。元祖電波系。お気に入りの相続人本命候補のチャールズにも何やら裏がある。

 

『アーサー・カーマイクル卿の奇妙な事件』
記憶を喪失したアーサー・カーマイクル卿。無口で背中を丸めてうずくまっている。ミルクはぴちゃぴちゃ舌ですくう。心理学者カーステアズは、猫が憑依しているのではと。洋の東西を問わず恐ろしい猫の祟り。

 

『最後の降霊会』
これもお約束の降霊会。降霊会をするフランス人家族。エクス夫人の子アメリが現れる。降霊会が始まるとともに読み手も恐ろしい世界に誘われる。

 

soneakira.hatenablog.com

人気blogランキング

幻のミステリ作家

 

幻の女 ――ミステリ短篇傑作選 (ちくま文庫)

幻の女 ――ミステリ短篇傑作選 (ちくま文庫)

 

 

『幻の女』田中小実昌著 日下三蔵編を読む。

レイモンド・チャンドラーやカーター・ブラウンの作品の名翻訳家だったことを知る前に『平凡パンチ』に載っていたエロユーモア小説を読んだ。

田中小実昌訳のフィリップ・マーローはなんか江戸っ子口調でチャキチャキしていた。

 

『たたけよさらば』
香具師の源太が亡くなって天国の聖受付係(セント・インフォメーション)へ。教会発行のパスポートがないと天国に入れないらしい。死んだ理由を聞かれても明確に答えられない。源太のユーレイは再び地上へ。自分で自分の聞き込みをして犯人を捜す。有力な証拠物件を見つけても聖受付係は認めてくれない。融通の利かない役所の窓口のように。

 

『幻の女』
ニューヨークに行っていたおシズが東京にいるという。東大出の画家といっしょに渡米したはずなのだが。おシズに未練がある「おれ」は行方を追う。知り合いにたずねる。画廊や夫のアトリエにも行った。ストーカーのようにおシズを探す。『幻の女』ではなかったが。

 

『海は眠らない』
外国貨物船の臨時検数員として来た「おれ」。一等航海士の船室に呼ばれ、犯されようとする。助けてくれたのは、一等航海士の女。いきおいで関係を結ぶ。その間に一等航海士は殺されていた。その嫌疑が「おれ」にかかる。ハードボイルドな文体で書かれている。

 

『氷の時計』
翻訳仲間の安西の家が崖崩れにあって妻と長男が亡くなった。安西は行方不明。案じている太田と戸川。そこに警官と遠縁の人に連れられて安西の長男が。では、崖崩れで亡くなった長男の死体は誰なのか。

 

『動機は不明』
10月の海。まさに「誰もいない海」。それを満喫している「ぼく」。セルの着物を着ていた妙齢の女性を見かけ、色気を感じる。定宿にしている民宿。そこで再会する。知り合いのホステスとマネージャーが来て静かだった日々がにぎやかになる。その夜、ぼくが寝ていると女性が忍び込んできた。なじみのホステスのアリ子かと思ったが、何か
違う。翌日、聞くとアリ子は来ていないと。さらにアパートで急死したという。ぼくが寝た相手は。やはりセルの着物を着ていた女性だった。逢瀬を楽しむ。ところが、こちらもそんな女性はいないという。これ、タイトルが良くない。

 

呑み屋の女性が多く出ているのは酒好き・人好きの作者らしいなと思えるが、
登場人物に画家や美大生が良く出ている。
義弟が画家の野見山暁治だからなのだろうか。邪推。


乱歩いうところの「奇妙な味」の短篇集。

 

人気blogランキング

最初の『ピアノ教師の生徒』で吸い寄せられる

 

ラスト・ストーリーズ

ラスト・ストーリーズ

 

 

『ラスト・ストーリーズ』ウィリアム・トレヴァー著 栩木伸明訳を読む。

 

タイトル通り最後の短篇集。「短篇小説の名手」とは聞いていたが、読むのははじめて。最初の『ピアノ教師の生徒』で吸い寄せられる。何篇か取り上げ、あらすじや感想などを。

 

『ピアノ教師の生徒』
ピアノ教師ミス・ナイチンゲールにレッスンに来た男の子。ピアノは天才的にうまかったが、彼が来てから家の物が紛失する。何年か後、大きくなった彼がやって来てピアノを弾く。彼女に去来する思い。

 

『足の不自由な男』
足の不自由な男が移民の兄弟に外壁塗装の仕事を依頼する。同居人のマーティナーは男には持ち合わせもないのに勝手に頼んだことにイラつく。作業は続くが、足の不自由な男の姿が見えない。兄は足の不自由な男は死んだと言うが。

 

『世間話』
突然の来訪者。インターホン越しに「うちの人がお邪魔してませんか?」と。間違いと思ったオリヴィア。うちの人とはヴィクニムでオリヴィアとは知り合いだった。訪ねて来たのはその妻。オリヴィアが道で転倒したところを助けてくれた。発明家であるヴィクニムは、レンジフードの取付を申し出る。妻子持ちのヴィクニムだが、彼女に恋をして一方的に迫る。困ったが、断った。なのに「夫を奪った」、「夫を返せ」。

 

『ジョットの天使たち』
絵画修復士の男。記憶障害の彼は夜、パブに入った。出しなに女性から声をかけられる。彼女はデニーズ。街娼だった。しばらく歩いて彼の住まいへ。描いた絵を見る。彼は性行為を拒否するが、要求通りの金額をくれた。彼が眠っているのを幸いに彼女は金の在りかを物色する。ビンゴ!デニーズは盗んだ金を一度は返そうと思うが。男はただ「天使」が舞い降りてくることを待ちわびる。

 

『冬の牧歌(イデイル)』
若かりし頃に出会ったメアリー・ベラとアンソニー。メアリーは「農園古屋敷(オールド・グレンジ)」の娘。アンソニーは屋敷で募集した「住み込み家庭教師」。お互いに好意は持っていたが、それぞれ別の道へ。地図製作者となったアンソニーは、結婚、二人の娘の父親となる。メアリーは24歳のとき、母親が亡くなる。そのショックで後を追うように父親も死去。「農園古屋敷(オールド・グレンジ)」を売却するか、継続するか、悩んだ挙句、引き継ぐことに。アンソニーは仕事で農場の近くへ行く。懐かしさの余り、農場を訪れる。再会した二人。アンソニーにはあの頃と変わらないようにメアリーが見えた。めらめらと恋の熾火(おきび)。二人で暮らしてみるが、一人で農場で生きていこうと決めたメアリーには彼の存在は重荷、過去の問題だった。恋愛小説みたいに、よりは戻らない。という小説。


優れた短篇小説は、少量の文字数ながらそれこそ長篇小説と同量・同質の世界観を内奥している。無駄な描写や説明などは徹底的に省く。仮に俳句的といっておこう。省かれた部分は読み手が想像力で補う。

 

通常のエンタメ小説は言葉ですべてを説明しようとする。そのスタイルになれた読み手には一見不親切に見える。でもさあ、純文学って不親切の最たるものじゃん。この本も各篇ともすぐ読めるが、よくわからない。再読、再々読してようやく見えてくる。

 

はじめ、アリス・マンローに似ていると思った。読んでいるうちになぜか 永井龍男を思った。ふと、成瀬巳喜男も。『浮き雲』『晩菊』など人生の機微や哀歓を辛口に表現した映画監督。成瀬の評伝を読むと、とにかくあがってきた脚本の台詞を削りに削ったらしい。みなまで言うな。映画なんだから絵でわかれ。役者の表情で伝えろ。なんか似ている。

 

アイルランドチェーホフ」とか呼ばれていることを訳者はあとがきで反対している。

 

人気blogランキング

チェーホフの『サハリン島』を読もう、読もうと思っていたのに、 違う『サハリン島』を読んでしまった

 

サハリン島

サハリン島

 

 

サハリン島エドゥアルド・ヴェルキン著 北川和美毛利公美訳を読んだ。

 

核戦争が勃発して鎖国政策をとった日本だけが生き残る。日本は大日本帝国となって世界を制覇する。大日本帝国大学民族学部で応用未来学を専攻する大学院生、日ロのハーフであるシレーニは日本領土となったサハリン島へフィールドワークに行く。サハリン島はかつてチェーホフが訪ねた時と同様に流刑地となっていた。

 

彼女が島の各地に足を運んで見た光景は凄まじい。流刑者や難民は朝鮮人、中国人、黒人など人種のるつぼ。町には荒くれ者があふれ、カルト宗教「這い這い教」が勢力を伸ばしている。高レベルの残留放射能、日々の食糧にも事欠く。さらに死体が燃料の発電所、マッド建築家が手がけた入獄すると発狂する刑務所、住民のお楽しみ(?)集団リンチ「二グロぶちのめし」などいわば生き地獄のような島。雑踏とカオス。

 

追い打ちをかけるように巨大地震が起こる。大陸からMOB(移動性恐水病)に罹りゾンビとなった大群が押し寄せる。生き地獄サハリン島めぐりをしていたシレーニたちは一転ゾンビから逃げるサバイバルゲームの体となる。新型コロナウィルスに襲われているいまとも重なる。

 

今日日(きょうび)のロシアのSF系の作家というと、ぼくは、ソローキンを挙げる。ソローキンより20歳ほど若いヴェルキンは、ポスト・アポカリプスの世界を描いてもどこか軽やかなのだ。いい意味でも、悪い意味でも。ソローキンには帝政ロシアが復活する『親衛隊士の日』という作品があるが。

 

『日本の読者へ』で作者が日本文学やアニメ好きであることを述べている。芥川龍之介からアニメ『龍の子太郎』。安部公房から大江健三郎村上龍村上春樹宮崎駿などなど。巨大地震のくだりは小松左京の『日本沈没』へのリスペクトと思われる。

 

最近見た『シンエヴァンゲリオン劇場版』ではサードインパクト後の東京や日本を描いているが、それにも似たものを感じた。ただし、まだ『シンエヴァンゲリオン劇場版』の方が救いはあるが。

 

表紙がロシア構成主義へのオマージュっぽいのに対して裏表紙はめちゃポップ。MOB(移動性恐水病)に罹ったゾンビの顔のアップだろうか。この小説の世界をうまくとらえている。

 


人気blogランキング

おそれイタリアした―名作、怪作、珍作…思った以上に楽しめた

 

19世紀イタリア怪奇幻想短篇集 (光文社古典新訳文庫)
 

 

『19世紀イタリア怪奇幻想短篇集』橋本勝雄編・訳を読む。

 

編・訳者解説によると、19世紀イタリアはイギリスやドイツに比べて「幻想小説」が盛んではなかったそうだ。盛んではないが、まったくなかったわけではない。埋もれていた19世紀イタリア「幻想小説」から良さげなものをピックアップしたのが、この本。名盤ならぬ名作、怪作、珍作発掘。思った以上に楽しめた。

 

『木苺のなかの魂』イジーノ・ウーゴ・タルケッティ
主人公は「若い男爵B」。使用人の娘が行方不明となった。恋多き娘。男爵は猟に行く途中、木苺を食べると異変が起きる。女性らしきものが憑依している。その木苺の実っている場所には失踪した娘の亡骸があった。

 

『ファ・ゴア・二の幽霊』ヴィットリオ・ピーカ
アルベルトは魔術を崇拝しているパオロに願いを依頼する。「日本人の新郎ファ・ゴア・二の死」と引きかえに。遠く離れた京都で新郎は亡くなった。彼は願い通り莫大な遺産を相続、美しい女性と結婚することに。結婚式を終えた夜、ファ・ゴア・二の幽霊が出る、復讐のために。当時の「ジャポニズム」人気が背景にあるとか。しかし日本人新郎の名前が「ファ・ゴア・二」とは。日本も中国も同じに見えるのだな。

 

『死後の告解』レミージョ・ゼーナ
チフスで亡くなったドイツ人の娘。彼女は「告解のために甦る」。霊安所で起きた不思議な現象は現実か、そうではないのか。

 

『黒のビショップ』アッリーゴ・ボイト
黒人トムと元英国貴族でチェス名人・ジョージ・アンダーセンがチェスで熾烈な戦いを行う。チェスの駒の黒と白に黒人差別問題を重ねている。

 

『魔術師』カルロ・ドッスィ
幼い頃から死を恐れていた魔術師。死への恐怖を取り除こうと研究する。医学、自然科学も学ぶ。しかし死からは逃れられない。

 

『クリスマスの夜』カミッロ・ボイト
ジョルジョは亡くなった姉・エミリアによく似た風貌のお針子の声をかける。「ひどい胃病」に悩まされていた。そしてお針子との恋も。老女中の語りとジョルジョの手稿で構成。

 

夢遊病の一症例』ルイージ・カプアーナ
ベルギーの警察本部勤務のスペンゲルは夢遊病者だった。その症状が出た時に特殊な才能を発揮、遭遇した数々の事件を「解決」する。夢遊病警官は名探偵というタイトルが浮かんだ。

 

『未来世紀に関する哲学的物語』イッポリト・ニエーヴォ
おおSFではないか。オラフ・ステープルドンの作品のようなスケール感や眩暈(げんうん)感はないが、これはこれでなかなかに読ませる。「2180年無気力ペスト」が地球に蔓延するそうだ。中でも「オムンコロ(人造人間)」―たぶんロボット―が量産されるシーンはひかれた。

 

『三匹のカタツムリ』ヴィットリオ・インブリアーニ
艶笑つーかエロい寓話。確かにカルヴィーノにつながる洒脱なユーモアがある。


人気blogランキング