ポスト・シンギュラリティ―人間とAIは

 

タイタン

タイタン

 

 

『タイタン』野﨑まど著を読む。

 

「2205年」人々は働かなくてもよくなった。趣味に興じる毎日、たぶん。
そのユートピアをもたらしたのがAIタイタン。
ところがタイタンのうちコイオスというAIの能力が低下する。

 

「心理学を趣味とする」内匠成果がにわか臨床心理士となってコイオスのカウンセリングを行う。どうやらコイオスは人間化したらしい。人格を得た。それが不調の一因かと。


人間化するAI。それは進化なのか。新化なのか。自我の芽生え、「仕事とは何か」など
AIコイオスは彼女とのやりとりの中で学習していく。スポンジが水を吸うように。

 

「身長が約千メートル」のコイオスは旅に出る。現在の弟子屈(第二知能拠点)から海岸線をたどって徒歩で。最終目的地は西海岸、シリコン・ヴァレー(第十二知能拠点)。
そこに「タイタンのカウンセラー フェーベ」がいる。フェーベもAI。

 

ここからテンポが良くなる。同行者の内匠成果はコイオスの体内にいる。巨大ロボットものテイスト。道中、彼女は料理などを楽しみながらコイオスとさらに対話を深めていく。「仕事」「働く」「生き甲斐」…。AIゆえ料理も語学もお手のもの。コイオスは硬化光粒(ピクシー)でつくったエアリアル(アバター)で少年になって外界を体感する。エアリアルも徐々に完成度が高くなる。

 

数少ない就労者、小うるさい仕事人間・ナレイン、エンジニアの雷(レイ)、AIの研究者ベックマン博士らの登場人物も魅力的。


「外観は事実以上の認識を生んでしまう。人間そっくりのタイタンが存在してしまったら人間性を感じない方が難しいのだ。それはまさしくコイオスのように。タイタンを思い通りに使いたければ人権など与えない方がいいに決まっている」
「けれど、それがもうすぐ変わってしまうのかもしれない」


人間とAIというとシンギュラリティが問題になっているが、この作品はそこを通過した後の一種の理想郷。必要なものはタイタンから支給してもらう。AIを開発、管理しているのは人間だが、何から何までAIに依存している社会はいつの間にかAIに支配されているのではないだろうか。


見た目がほぼ人間化したAIと人間は協調し合えるのだろうか。
「仕事から解放される」ことは、人間にとって幸せなことなのだろうか。

ぼくもコイオスのように内匠成果に質問攻めにしてみたい。

 

人気blogランキング

 

「身銭を切る」って?

 

 『身銭を切れ 「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質』
ナシーム・ニコラス・タレブ著 望月 衛監修  千葉 敏生訳を読む。

久しぶりに読むタレブ。


学際的知識をあえて時折ゲスな言い回しで語るタレブ節は、この本でも絶好調。

 

「身銭を切る」というと、まず、会社の経費ではなく自腹で払うことを思う。

ところが、著者はこのように述べている。

 

「単なるインセンティブの問題と誤解しないでほしい。金融の世界でよくいう利益の分配の話ではなくで、むしろ対称性の問題だ。いわば損害の一部を背負い、何かがうまくいかなくなった場合に相応のペナルティを支払うという話だ」

 

干渉屋*1ってネゴシエイターのことだと思うが、彼らは成功すれば成功報酬をもらうが、失敗した場合には交渉不成立の違約金は払わない。つまり身銭を切らない。それはいかんと。投資評論家は自分の読みが外れても、その通り株式を買って損をした投資家に保証はしない。「身銭を切らない」人々をタレブはこっぴどく批判する。

死を覚悟して布教につとめたイエス・キリストや決闘で21歳で亡くなった天才数学者ガロアを身銭を切った人と賛辞する。


損失に「身銭を切る」ことは「破滅」的なリスクを防ぐことができるとか。
失敗も「身銭を切る」ことの一つだろう。

「身銭を切る」がイマイチピンとこない人には「顕示選好」*2がほぼ同義だと。


かなり濃い本ゆえ最初は面白いところを拾い読みして、二度目以降徐々に精読していけばいいと思う。面白いところの一例。

 

「身銭を切ることによって直接ふるい分けられることのない活動やビジネスでは、専門用語を知っていて、専門家っぽく振る舞い、表面的な知識に精通していても、肝心の中味についてはまったくわかっていない人々が大多数を占める」

手厳しいが言えてる。

コロナ禍などで「身銭を切る」政治家はこの国にはいるのだろうか。


「*1干渉屋
自分が世の中の仕組みをわかっていると思い込み、脆さを生じさせる人間。彼らは身銭を切っていないので、現実によってふるい分けられることもないし、自制を利かせることもない。また、普通はユーモアのセンスにも乏しい」(巻末の用語集より)

 

「*2顕示選好
ポール・サミュエルソンが考案した理論であり(当初は公共財の選択という文脈で)、
経済主体は自らの行動の根拠を完全には理解できないという説。行動は観測できるが、
考えは観測できないので、考えを厳密な科学調査に用いることはできない。経済学の
実験では、経済主体の実際の支出を調べる必要がある。デブのトニーは、「口で言うのはいつだって簡単さ」と端的にまとめている」(巻末の用語集より)

 

関連レビュー

 

soneakira.hatenablog.com

 

soneakira.hatenablog.com

 

soneakira.hatenablog.com


人気blogランキング

聞いた・話した・書いた

 

 


開高健風のキャッチコピーで。

『塩を食う女たち 聞書・北米の黒人女性』藤本和子著を読んだ。

聞き書き、聞き取りというとなんだか岸政彦あたりが今は有名だが。
どっこい、遥か1960年代にアメリカの黒人女性に試みたのが、著者だ。

作者が翻訳したブローティガンの数々の著作は、
大学時代、その世界と文体に強い影響を受けた。

でも元々は演劇畑の人で。うーん、懐の深い人だ。

 

印象に残った箇所をランダムに抜粋、感想をば。

 

『塩食い共同体』

「作家のトニ・ケイド・バンパーラ」への聞き書き
白人女性の母娘関係と黒人女性の母娘関係の違いが印象深かった。

「白人の女性の場合には、母親を嫌ったり、憎んだり、あるいは信用しないというケースに出合うことが多い。けれども同時に彼女たちは彼女らの母親のようになりなしと教えられている。いや母親をしのげとまで。ひどいジレンマに陥ることになるわけね」

娘の生き方の手本であり、反面教師であると。なんだか日本女性の母娘関係にも当てはまりそうな。レールを敷いてあげるか。あるいは自分で好きなレールを敷きなさいと娘を抑圧する。

 

「黒人女性の多くは家庭の中に戦争が起こることを許さない。離れて行くか、服従するか、二つに一つ」
「アフリカ大陸文化の特質は女がそれを充電している文化だということ。「母」という概念はアフリカが西欧の知識人に与えたものだろうと、わたしは確信しているの」
「ヨーロッパ人は女性に対して全く敬意を持っていなかったから」

知らなかった。白人女性の母娘関係って負の連鎖なのだろうか。

 

『ヴァージア』
「大学の図書館で働いてるヴァージア」への聞き書き
彼女は「奨学金マサチューセッツ州の大学に研修に行った」。


そこで東部の白人の「豊かな暮らし」と黒人に対する無視など冷たい態度を体験した。
南部の白人が黒人に対する「差別や偏見の醜悪さ」は、確かにひどい。
ひどいが南部には「黒人と白人の日常的な交わりがある」と。東部にはそれがなかったと。「東部の都会ではゲットーが成立して」、隔離されていると。

 

知らなかった。逆だと思っていた。南北戦争北軍が勝利。奴隷解放により
黒人は自由を獲得したと単純に理解していた。

また

 

公民権運動の黒人と白人の共働の時代が終わって、ブラックパワー運動へと変化したことによって、彼女の職場に会った日常の正常な交流は終息してしまった」と。
「それまでは一緒に学び、遊び、眠っていたのに」

 

 南部での黒人と白人は共依存の関係だったようだ。

公民権法」成立により法律上は平等とされているのに、黒人差別は続いた。それを解消するためにより過激なブラックパワー運動がマルコムXのもと展開された。しかし差別は悪性腫瘍のように増殖してBLM(Black Lives Matter=黒人の命は大切)運動へとつながる。

 

見事なまでに私を消している。会話が聞こえてきそうな臨場感のある再現力の高い文体。インタビューとインタビュイーという関係ではなく同じ有色人の女性・母・妻同士として対話している。

 

関連レビュー

soneakira.hatenablog.com

soneakira.hatenablog.com

 

人気blogランキング

肌寒い日。コロナ禍でも眼はかゆくなる。

 

人獣細工 (角川ホラー文庫)

人獣細工 (角川ホラー文庫)

 

 

『人獣細工』小林泰三著を読んだ。発想力と着眼点に驚かされる3篇のホラー小説。

 

『人獣細工』
夕霞は生まれつき、臓器に欠陥があった。医師だった父は彘(ブタ)の臓器などを次々と移植する。なんでもブタの臓器は人間の臓器と似ているらしく近い将来実現するかもしれないそうだ。

年頃となった夕霞は、その秘密を知り悩む。戸籍に母の名前は記載されてなかった。父から真相を明かされが、さらなるショックを受ける。愛する娘を助けるためにタブーや倫理などを犯した父。手術の傷跡もむごたらしく、年頃の女の子にとって心の傷となっている。

私は「人彘(ブタ)」。人間ではなくモンスター?手塚治虫の漫画『ブラックジャック』のピノコもそうだったような。朧気。ナイスなタイトル。

 

『吸血狩り』
夏休み、田舎の祖母・祖父の家に集合したいとこたち。主人公の「僕」は8歳。従姉の優を慕っていた。その優が怪しい男とひそかにつきあっている。男は吸血鬼だった。「僕」は吸血鬼の苦手なもの、ニンニク、十字架などで退散させようとする。
優を守るために、正々堂々とバトルする。一進一退の攻防。最初はなめていた吸血鬼だったが。懐かしのジュブナイルSFテイスト。

 

『本』
小学校の同級生・間山伊達緒から送られてきた自著。古びた汚れたこの本を読んだものだけが災厄に襲われる。呪いの本。
不幸の手紙ならぬ不幸の本。中身の一部は「共生体」について書かれてある。「共生体はマメ科の植物の根に存在する癌のような形の根粒」、さらに「われわれが人間だと思っているものは実は菌類など無数の生命体による共生状態なのかもしれない」。ここまでは理解できる。コンピュータの「ハードウェアとソフトウェアの関係も一種の共生関係」だと。送られてきた本を読むことで脳内に「ソフトウェアがインストールされる」。そうすると人を介在して呪いが伝播、伝染すると。そういう意味ではドーキンスの唱えるミームも共生関係か。


人気blogランキング

ポスト・デモクラシー、ポストAI、ポスト・コロナを生きるには

 

 

『私たちはどんな世界を生きているか』西谷修著を読む。

 

ソ連や東欧諸国など共産主義国家が共産主義の看板を外したとき、
資本主義国家は喜んだんだっけ。もう昔のことなんでよく覚えていない。

 

良い意味でも悪い意味でも共産主義は、その国家の重石、蓋になっていた。
それが無くなった途端、封じ込められていた民族主義が甦り、
激しい内戦を起こしたユーゴスラビアのような国もあった、ある。

 

じゃあ資本主義国家がバラ色かというと決してそうではなくて
格差や分断は拡大して、人々、特に貧困層の不平・不満が種子となって
ネオ右翼がはびこっている。

 

そして追い打ちをかけるようなコロナ禍…。

政府やマスコミに不信感を抱き、snsなどの真偽がよくわからない情報に
一喜一憂する。

 

哲学者である作者は、この本で現状(作者曰く「底が抜けた状況」)を見つめ、さらにこれからを見通す。
今が見えず、先行きもわからないぼくたちにある種の道しるべとなる。

 

なるほど!と思ったところを見本代わりに引用。

 

「日本でも民主主義が要らなくなっている そういうことが今、世界的に起こっている」

 

それは「政治離れ」だと。選挙に行かないことが、健全な政権交代の阻害となっていると。一党独裁状態は新しい振り子となる野党を育てていないと。批判はするが、一票を投じない。さらに「政治離れ」をもたらしたのは文科省の戦後教育の「成果」だと。


民主主義に期待できないと、なんと昔の「身分制の方がいいんじゃないか」という考えが出てきたとか。要するに「昔は良かった」ってヤツ。

たとえば移民によって職を奪われた人たちは、私怨による人種差別をするなどなど。

 

作者は哲学者の務めをこう述べている。

「「無思考化」の流れのなかに生きた思考を些かでも埋め込む。それが務め」

だと。

AIに対するには「野生の思考」を取り戻すってこともあるのかな。

「「他があって、自分がある」、それが個々の人間の存在の条件です」

そんなの知ってらあ。と思いがちだが、本当にそうか。自分ばっか、自分ファーストがまかり通っていないか。
つらつら考えてみよう。


関連エントリー

soneakira.hatenablog.com

 

https://soneakira.hatenablog.com/entry/20090818

soneakira.hatenablog.com

 

人気blogランキング

 

古書、骨董、古い邸宅…古いは怖い

 

アラバスターの手: マンビー古書怪談集

アラバスターの手: マンビー古書怪談集

 

 

アラバスターの手 マンビー古書怪談集』A・N・L・マンビー著 羽田詩津子訳を読む。

 

「書誌学者・ライブラリアン」だった著者が、捕虜となって空き時間に捕虜収容所内で発刊される雑誌に投稿した作品などをまとめたもの。どれもM・R・ジェイムズ風味の伝統的な「英国怪奇小説」。ファンには、たまらない。怪談もよいが、奇想譚もよい。

何篇か、かいつまんで紹介。

 

『甦ったヘロデ王
主人公は古書マニアの男子高校生。とある古書店に入る。店主は店を案内してくれる。店主が目を離した隙に勝手に部屋に入る。そこには青髭ジル・ド・レの本が。

無断で入ったことを怒る店主。しかし、再訪を許す。
再び店に行くと、地下室で手を洗いにいったとき、鍵をかけられる。

必死に助けを求める。開けたのは老牧師。
この恐ろしい体験を夢で見る。行方不明となっていた15歳の少年が遺体で発見される。

 

アラバスターの手』
ケンブリッジ大学の同級生で名ラガーマン。現在は牧師をつとめている

トラヴァースから呼び出された「私」。彼は病床に伏せていた。

祭壇の墓に素晴らしい「アラバスター(雪花石膏)の像が横臥していた」。

不可思議なことが次々と起きる。アラバスターの像の手には秘密があった。

 

『トプリー屋敷の競売』
トプリー屋敷を相続した甥のダントン。屋敷内の絵画類や家具などの鑑定を依頼する。彼は、代々伝わった大切な家財を即刻、金に変えたかった。

地所管理人の意向も無視して競売にかけようとした。

ご先祖のトプリー提督の肖像画に異変が。同刻にダントンが亡くなる。

妹夫婦が新たな相続人となり、競売は中止。

地所管理人の身分もトプリー屋敷の行く末も安泰。めでたし、めでたし。

 

『霧の中の邂逅』
地質学が趣味の男。ウェールズの山を調査中、雨と霧により迷子となる。

さて、どうしようかと思ったら「コリー犬」連れの老人が現われる。
ウェールズ語はできないので身振り手振りで迷ったことを伝えると

地図を出して下山ルートを教示してくれた。謎の老人の正体は。
柳田國男の山人論が頭をよぎった。

 

『聖書台』
休暇中の「私」。ある廃屋に出くわす。かつては立派だと思わせる屋敷や庭園跡。

牧師から屋敷の持ち主プランドル家の謂れを聴く。

民兵とボランティア兵」を率いたプランドル。

兵隊たちは乱暴・狼藉を働いて「聖書台」まで略奪する。
「聖書台」を屋敷に置いてから良からぬことが起きる。

返却しようとしたが、ついに届かず。プランドル家は滅亡したとさ。


英語に精通していた岡本綺堂は、英国怪奇小説を原書で読んでそのテイストを
『半七捕物帳』などに翻案させていたそうだ。
作品によっては、その語り具合が綺堂に通じるものがある。
そう感じるのは、ぼくだけではないだろう。

 

怪談はこれだけ。あくまで書誌学者の余技、暇つぶしらしい。もっと読みたいのに。
そう思うのは、ぼくだけではないだろう。


人気blogランキング

もふもふお正月

f:id:soneakira:20210102132404j:plain

f:id:soneakira:20210102132334j:plain

 

ケージの中に置いた猫ちぐら
グレコは警戒してからかまったく中に入らなかったのに、
今朝、入っていた。

 

子どもが連れてきたさび猫姉妹。
片方は活発。もう片方は神経質。

こちらはさわり放題、抱き放題。
1人が鼻がつまっているので
子豚みたいにぶひぶひしている。

 

朝は寒いんで日本酒を燗して
正しくは徳利ごとチンして飲む。

ほわあっと酔いが広がり、
体が温かくなる。

 

分厚い朝日新聞を読む。
正月広告がなんだか朝広賞の「一般公募の部」みたいだ。
なんか新しい。つくり手が若いからか。
コピーも刺さるものがあった。

 

アラバスターの手 マンビー古書怪談集』A・N・L・マンビー著 羽田詩津子訳を
ちびちび読んでいる。

 

コロナ禍の東京、ナウシカ腐海よりもたちが悪い。

 

人気blogランキング