読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑気払い

七時間半 (ちくま文庫)

七時間半 (ちくま文庫)

暑気払いで『七時間半』獅子文六著を読む。

東海道新幹線ができる前、東京-大阪間は、七時間半かかっていた。
その特急列車が舞台。
同じ列車に偶然乗り合わせた客とスタッフ。
職業も年齢も異なる。

当時女性乗務員は、今で言うとキャビンアテンダントみたいなものだろうか。
女性の憧れの職業の一つだったようだ。
女性乗務員と食堂車のコックとの関係。
社内ならぬ車内恋愛模様。
常連客と女性乗務員とのやりとり。
さらに、さらに、事件が起きながら、
恋模様もこじれながら、特急電車は大阪へ。
ノンストップの面白さ。
登場人物の設定、ストーリーの展開などが
よくできている。
にしても、古びていないユーモアセンス。

現在はのぞみで東京-新大阪間が2時間半。
リニアモーターカーだと東京-新大阪間が1時間になってしまう。
この時間じゃ、小説巧者の作者でもお手上げかも。
やはり、七時間半かかるからこそ、
いろんなドラマが生まれる。

ヒッチコックの「バルカン超特急」や「見知らぬ乗客」など
列車を舞台にした映画、小説はあまたあるが、
この作品は、ぼく的にはかなり上位にランキング。


おまけ。ぼくの好きな鉄道ソング。

 

そのオマ-ジュ

 

コーラスに山下達郎&大貫妙子が参加。
グンバツ。

 

人気ブログランキング