読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こわれもの

帰還兵はなぜ自殺するのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

帰還兵はなぜ自殺するのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

『帰還兵はなぜ自殺するのか』ディヴィッド・フィンケル著を読んだ。
イラク戦争の帰還兵が壊れて、自死するまでを、クールに描く。
ニュージャーナリズムか。ええとカポーティの『冷血』、
ピンと来ない人は週刊新潮の「黒い報告書」。
要するに、取材や記事などから、見てきたようなウソをつくというスタイル。
あ、誉め言葉、最大の。
ストーリー毎に、本人や親しい人の写真が掲載されている。
はじめは気がつかなかったのだが、
モノクロ写真1枚あるかないかでリアリティが全く違う。

原発メルトダウンして残留放射能が留まるように、
戦争、戦場での出来事は、徐々に心身を蝕んでいく。
戦争は死に至る病と言ってもいいだろう。
帰ってきたら別人だった。

アメリカの10年後が日本だとか言われているし。
実際、下記のような記事を目にすると、
戦場では後方支援だから安全だななんて詭弁じゃんと思える。
サイコセラピーが普及しているアメリカでは、
心が病んだ帰還兵をいろいろケアしていることも知った。
でも…。
世界の警察官を退官したくて
戦争依存症を寛解したくて
日本などに強制しているのかも。

自衛隊「イラク派遣隊員」帰国後に28人が自殺してた!恐怖と緊張解けず精神不安や睡眠障害 J-CASTニュース

小豆島・両親殺害の無職長男はイラク派遣の“帰還兵”だった  日刊ゲンダイ

平和や正義とか大義のために、
人生を、家族を、将来を蹂躙される。
再び。
ヤバイなあ。

人気ブログランキング