読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その昔、


原稿の追加と修正をする。
たぶん、これでいいだろう。

真鍋博プラネタリウム真鍋博著 星新一著を読む。
星新一ショートショートに描かれたイラストレーション集。
忘れていた。

その昔、広告会社にいた頃、
背中合わせのアートディレクターが
製鉄メーカーを担当していた。
確か、企業広告シリーズのイラストレーションが真鍋博だった。
熱烈なファンでもなかったが、カラー原画は見てみたいと思った。
頼んで見せてもらったら、モノクロの原画にトレペがかぶせられて
実に几帳面な色指定がしてあった。
てっきり、カラーインクやアクリル絵の具かと思っていたのに。
製版屋さん泣かせの色指定だったろう。

真鍋のイラストレーションだが、いま見るとなぜか、なう。
お絵かきソフトじゃなくて手がきなのに、
CGっぽい、テクノっぽい。
人がロボットに、ロボットが人に見える。
誰にも似ていない独特の世界。
時制や国などを超越している。
彼の描いていた未来イメージにようやく
時代が追いついてきたということなのか。

そう言えば、星新一ってはじめて読んだ。
十代の頃は、偏狭な日本純文学ファンだったもので。

人気ブログランキング