読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

静けさや

特捜部Q―吊された少女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

特捜部Q―吊された少女― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)


昨日・今日は涼しい。
嵐ならぬ台風前の静けさか。
ご近所は、土嚢を積みっぱなしのまま。
土嚢じゃなくて塹壕で中には銃を構えた兵士がいる。
と、しばし妄想。

『特捜部Q 吊された少女』ユッシ・エーズラ・オールセン著を読む。
カルト宗教がテーマ。
かつてヒッピーでカウンタカルチャーに浸っていた若者が
スピリチュアルなものに目覚め、
ホーリーネームをつけて堂々たる新興宗教の教祖となる。
彼の過去と未解決殺人事件のつながりとは。
エンタメ感満載でお腹いっぱい。
結局は捜査依頼をしてきた警官の掌の上で
転がされていたようなもの。

スピリチュアルに対する作者の造詣は
なかなかで、教祖の子を懐妊した女性は、
名前の候補にアマテラスを挙げたりしている。
ジョニ・ミッチェルの楽曲がキーにもなっている。
ヒッピーファッションがリバイバルしているそうだけど。

カール・マーク警部補の有能な助手アサドの
素性は今後明かされるのだろうね。
カール・マーク宅に同居している
リハビリで奇跡の回復をした元同僚は、
デンマークの鬼警部アイアンサイドになるかも。

人気ブログランキング