ラブクラフト・ラブ

『H・P・ラブクラフト 世界と人生に抗って』
ミシェル・ウエルベック著 スティーブン・キング序文
星埜守之訳を読む。
 
ラブクラフトの評論、これがウエルベックの処女作とは知らなかった。
にしても、ラブクラフトウエルベック、キングの3点セットとは。
ラーメン、半チャーハン、餃子の3点セットぐらい、大好物。
 
キングの序文から引用。
 

「あらゆる文学、とりわけ怪奇幻想文学は、読者と作家の双方が人生から
身を隠すための地下室である。―略―まさのこのような地下室―このような避難所―のなかで、わたしたちは自分の傷を舐め、外の現実世界での次の闘いに備える。逃避文学の読者の誰もが言うように、このような場所へのわたしたちの欲求は決して収まることはないが、そうした場所は、子どもの想像力から、より洗練され体系だった大人の想像力への発展が生じているような、危うい年齢を通過しつつある真摯な潜在的読者―そして作家―にとっては、特に価値がある。一言でいえば、そのような年齢に、創造的な想像力は羽毛のように生え替わるのだ」

 

子どもの頃の宝物や不思議な出会いを大人になっても捨てられない、忘れられない。
見つかると捨てられたり、一笑に付されたりするので心の地下室にしまい込む。
そして時折、こっそり地下室に入り込んで、愉悦の時を過ごす。
 
ウエルベックの文章には、ラブクラフト・ラブ―ややこしいが―があふれている。
毒もたまにまき散らす。たとえばフロイトを「ウィーンのいんちき医者」と評したり。
どっか引用しよう。
 

「伝統的な小説は、ちょうど、水の中で萎んでゆく古いチューブに喩えることができる。そこで目にされるのは、体液が化膿して滲み出すように、全体から弱々しく空気が流出する様であり。最終的に行き着くのは、凛として気まぐれなつまらない物でしかない。ラブクラフトはといえば、このチューブの、一切姿を覗かせてほしくない一定の場所(セックス、金銭…)に力強く掌を押しあてる。これは、絞めつけのテクニックだ。その結果、
彼が望んだ場所において、力強い噴出、イメージの驚くべき開花が得られる」

 

ラブクラフトは死後、作家として知られた。生前は貧乏を高貴な精神性で乗り越えようとしたが、結婚は生活苦、彼が金を稼ぐには不適格で破たんした。
 
小説で描かれている建築は魂が宿っているようにおどろおどろしい。モデルにしたヨーロッパの大聖堂や教会を見る機会はなかった。実物ではなくイメージをふくらませて描く建築物。だから過剰で歪曲されている。性行為にさまざまな妄想を抱く少年のように。
 
ラブクラフトへの賛辞。
 

「偉大な情念はどんなものでも、それが愛であれ憎悪であれ、最終的には本物の作品を生み出すことになる。―略―ありふれた失望の連続に過ぎなかったかもしれぬ彼自身の生活が、外科手術となり、さかしまの祝典となる」

 


ラブクラフトの引いた線の延長上にスティーブン・キングがいることは当然知っていた。そこにウエルベックがいたとは。

書きますた。
スパムメール

note.mu

蟄居謹慎す

f:id:soneakira:20191013143056j:plain

 
雨戸を久々に閉めた。物干し竿を部屋の中にしまった。
電車もスーパーマーケットも開かないので
蟄居、幽閉状態。
 
うちは世田谷区でも多摩川からは遠いんだけど、
心配して電話がくる。
時おり外を見る。
何年か前のゲリラ豪雨のとき、内水はん濫が起き、
マンホールから水があふれたからだ。
 
早めに入浴、飲酒、食事。
激しい雨の後は、激しい風。
あばら家ゆえ、揺れる。
豪雨なんでネットで『アメトーーク!』を見る。
 
阿武隈川が氾濫したことをネットで知る。
福島県中通りを流れる川。
住んでいた土地が水害の被害に遭う。
両親が眠っている墓地公園は阿武隈川を渡った高台にあるが、
川沿いの一帯が冠水したようだ。
 
二子玉川二子新地は外水はん濫、武蔵小杉は内水はん濫らしい。
にしても日本は川が多い国なんだなと思った。
未曽有の台風と騒がれた割に被害がそうでもなかったのは、
治水対策のおかげなんだろう。
 
このような原稿を書いていた。
もう少し前に取り上げればよかったかも。
 
家庭で行う水害対策 - 東新住建

www.toshinjyuken.co.jp

 

翻訳療法

 

中国怪奇小説集 新装版 (光文社文庫)

中国怪奇小説集 新装版 (光文社文庫)

 

 夜の仕事が2週間近く休みなので

ラジオCMコンテスト用の20秒ラジオCMを考え中。
ほとんどはダメだったが、中には入選、佳作、最終候補になったものもある。
 
近所のスーパーマーケットでは1リットルのミネラルウォーターが売り切れていた。
乾電池も。
 
中国怪奇小説集 新装版』岡本綺堂著を読む。
 
綺堂が英語に堪能で
コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズを原書で読んで
半七を書くきっかけになった話はファンには有名。
幕臣だった父親が縁あって英国大使館に勤務したことが
英語に強くなったのだが。

実は、英語の前に漢学を幼い頃、父親から習っていたそうな。
その実力のほどは、この作品を読めばわかる。
 
多数ある「中国の怪奇譚」から気に入ったものを「年代別に」選んで
そのエッセンス(抄出)を紹介する。
「名訳 220種」。
バラエティに富んでいて愉しい。
怪奇、幽霊、妖怪、モンスター、怨念、不条理、超自然…。
まさに1冊のお化け屋敷、ホーンテッド・ハウス。
たとえば落語『牡丹灯籠』のもととなった『牡丹牡丹燈記』が載っている。
これを読むと、三遊亭圓朝がどう噺に尾ひれをつけたかがわかる。
こちら方面で何か書きたい人は、一読をおすすめする。
 
養継子・岡本経一の解説を読むと、
「神経衰弱から不眠症」となって創作活動は一時休止。
その合間に、気分転換の意味だろうか、
翻訳とまとめにかかったそうだ。
 
創作と翻訳。
村上春樹の先駆けとも言える。
村上春樹も良い気分転換になると言っていた気がする。

デビュー四十周年

 

先をゆくもの達

先をゆくもの達

 

 『先をゆくもの達』神林長平著を読む。

 
「作家デビュー四十周年記念作品」。
作者らしいハードかつ斬新な着想のSF小説
 
近未来。火星にコロニーを建設した人類。
それまで火星で産むのはすべて女性だった。
なぜなら男はジェンダー的にダメだから。
ま、認めるけどね。
その禁忌を犯して男子を生む決意をする火星の女性リーダー。
 
うろ覚えだが福岡伸一ハカセが確か
「人ははじめに女性として生まれる。それから男性になるので
男性には不具合が生じることが多い」と述べられていた。

地球つーか日本は温暖化と人口減少で
本州の水田は稲作から水力で電気を発電する電田になっている。
人は集合知「トーチ」、神のような存在、をより所にしている。
日常生活は機械知性「タム」に支えられながら生きている。
なんだかドラえもんのび太の関係に似ている。
で、一部の機械知性が野良化してうろついている。
3.11で福島で放たれた牛や豚などの家畜が野良化したことを思い出す。
 
このあたりの設定やメカっぽさがいつもながら冴えている。
「トーチ」や「タム」をアニメやフィギュアなどで視覚化、造形で見てみたい。

人、機械、人工知能
肉体、精神、性差。
今日的なテーマを踏まえて未来を読者に見せてくれる。
後半は火星というか人類の第二の創成期といった感じ。
神話っぽいまたは神々しさは、SFオタクでなくてもたまらないだろう。
 
作者の熱心なファンではないが、そこにブレない、変わらない作家の立ち位置がある。
以前ブログで作者を「SF界の山下達郎」と称した。
たぶん同年生まれ。ある意味頑固な職人(アルチザン)気質みたいなものが共通している。
達郎の奥方の竹内まりやもデビュー四十周年だし。はは、こじつけ。

書きますた。
「お陀仏したらな 」
 
 

「不思議大好き」

 

死者の民主主義

死者の民主主義

 

 

『死者の民主主義』畑中章宏著を読む。
タイトルを見ると、いまは圧倒的に生者の民主主義。
フーコーいうところの「生‐政治学(ビオ・ポ リチック)」。
だけど、そろそろ生きる権利ばっかじゃなくて死ぬ権利も
見直そう的本かなと思った。
 
あとは死は金持ちにも貧乏人にも平等にやって来るってことかなと。
ちょっとだけ当たり!だった。
 
ITが発達してもゾンビなどのホラー小説や映画は人気だし。
占いやパワースポットやパワーストーンなどは女性に根強い人気だし。
 
糸井重里の「不思議大好き」は、予言と言っていいキャッチコピーだと思う。
その亜流で「不気味大好き」「不死身大好き」がある。
いつブログで書いたか忘れたが。
 
「死者や精霊や妖怪、あるいはそのほかの人間ならざるもの」に
光を当てたコラム集。
 
作者は渋谷でコスプレ祭となったハロウィンを実際にフィールドワークする。
あるいは3.11で生まれた怪談、都市伝説。
動かなくなったペットロボット・アイボの葬儀などなど盛りだくさん。

その背景にあるものを民俗学で読み解く。
柔らかなさばき方が、新しい見方を示唆してくれる。
 
ハロウィンと日本の盆踊りは死者への弔い、祭り、祀りで
共通しているのか。
昔、働いていたデザイン会社の社長の自宅が高円寺にあって、
阿波踊りの時期におよばれを受けた。
高円寺で阿波踊りって?いぶかしがったが。
全国に拡がるよさこいソーラン系の祭もある。
最近では新宿三井ビルのど自慢大会の半端ない盛り上がり。
これも括ってしまおう。
 
死者とフェスタ感。
QOL=Quality of life(クオリティ ・オブ・ ライフ)から
QODL=Quality of Death life(クオリティ・ オブ・デス・ ライフ)へ。
 
意外だったのは柳田国男が写真下手だったこと。
考現学創始者今和次郎」の弟・今純三のことも知らなかった。
純三は「資生堂の意匠部」に勤務していたが、
故郷青森に戻って版画の普及に貢献したそうな。
教え子に棟方志功がいたとは。
そこから同じ青森出身でナンシー関につながると。

本書とは直接関係してはいないけど、
「生‐政治学(ビオ・ポ リチック)」というタームはますます重要になっているなあ。
参考までに。『性の歴史』三部作 ミシェル・フーコー著に関するノート

soneakira.hatenablog.com

 

BOGIWAN

 

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)

 

 


関係者の皆さま方、ご無沙汰しています。
急ぎのコンペ、頓挫したネーミング、もめているスローガンなどありましたら、
何卒、よろしくお願いします。
誠心誠意ご対応します。

『ぼぎわんが、来る』澤村伊智著を読む。
第22回ホラー大賞大賞受賞作品だから面白いんだろと思ったら、
これがよくできている。
作者プロフィールに
岡本綺堂を敬愛する」と記されているし。
 
この作品はラーメンでいうところのダブルスープ。
一つは、化け物「ぼぎわん」の由来と怖ろしさを
民俗学文化人類学のネタをぶちこんで伝奇小説風味。
諸星大二郎ファンなら必読。
 
もう一つは主人公の男性の自称イクメンぶりの本音と建て前。
大学進学で地方から出て来て、就職。
やっとできたカノジョで非モテにバイバイ。
結婚して子どもが生まれ、マンションを購入する。
不動産会社のCMに出て来るような幸福ファミリーのはずだった。
 
ところが、妻は育児ノイローゼ気味。
夫のイクメントークも的外れでさらに負荷がたまる。
読んでいて妻の本音が結構、ビシビシ刺さる。
二つがあわさって絶妙な味わい。実に達者。
 
ギスギスしたすき間風の吹く家族が好物のぼぎわん。
こいつが厄介。
 
イクメン夫の周囲で異変が起こる。
怖いっす。『へレディタリー 継承』なみ。
 
脇もいい。
イクメン夫の同級生の民俗学助教、オカルトフリーライター
その彼女は霊感が強い。つーかユタの家系。
その姉。

映画化、すぐできんじゃんと思ったら、はは、とっくになってました。
 監督・脚本:中島哲也『来る』。
そーか、まったく知らなんだ。
予告編の動画をどーぞ。
なるほど、原作の世界をよくつかんでいる。
 
自転車で近所のツタヤかゲオへ行かなくちゃ。
ハリウッドで映画化するなら「BOGIWAN」だろ。

10月なのに

10月なのに、なんだまだ夏じゃん。
 
本が好き!というレビューサイトに
本ブログから選んだレビューをアップすることにした。
よろしく!
 
書きますた
昔書いたのを投稿。
イラストにひと苦労。