ビットコイン サトシ サリンジャー

 

第160回芥川賞受賞 ニムロッド

第160回芥川賞受賞 ニムロッド

 

 

最寄り駅に日替わりで区議会議員候補が立っていた。
早い者勝ちのシステムなのだろうか。

 

『ニムロッド』上田岳弘著を読む。

 

主人公はIT会社で社長の思いつきで
新設のビットコインのマイニング担当にさせられる。

 

つき合っている女性はバツイチの昔の言葉で言えばキャリアウーマン。

 

それと鬱を患って実家のある名古屋に転勤した男。
仕事よりも3回連続最終候補になりながら小説の新人賞を逃したことが要因。

 

ビットコインのマイニングといても掘っているんじゃなくて
コンピュータが取引を認める台帳付けをせっせと行って
そのご褒美にビットコインがもらえるもの。

 

転勤した男は「駄目な飛行機コレクション」をメールしてくる。

 

主人公の名前はナカモト タケシ。
ビットコインの発案者タケシ・ナカモトと同じ名前。

 

社長の言葉。

「通貨はさ、資本主義というシステムの根本にあるものだ。その通貨に協力するんだよ?それがシステムサポート以外のなんだっていうんだ?」

 

彼女の言葉。

「世界は、どんどんシステマティックになっていくようね。システムを回すための決まりごと(コード)があって、それに適合した生き方をする、というかせざるを得ない」

 

そこにある空虚さ。うつろな日々。

転勤した男は生き方のテンプレートとしてサリンジャーの名前を挙げる。

 

マイニングは結局、うまくいかず
ビットコインをフォーク(分岐)させて新しい仮想通貨をつくることに。

 

どことなく雑誌『東京ウォーカー』あたりをイメージさせる世界。
おしゃれな空間、生活。でも、クールというよりも低体温な人物たち。

 

現実と仮想、オフラインとオンライン、肉体と精神。

人とて遺伝子コードによって成り立っているわけだし。

深いため息をつかせる。

 

ローファイヒップホップが似合う作品。

 

「僕はニムロッド、人間の王」


高いビットコイン バブルの「塔」から何が見えているのだろう。

 

サリンジャーの『ナインストーリーズ柴田元幸訳を
引っぱりだした。
連休中に読むとするか。

 

人気blogランキング

でも短い

 

漫画アクション No.9 2019年5/7号 [雑誌]

漫画アクション No.9 2019年5/7号 [雑誌]

 

 

いつもの仕事で連休前に音声データが届く。
助かる。

 

何十年ぶりかで『漫画アクション』を買う。


目当ては、もちろん「気分はもう戦争3(だったかも知れない)」
言わずと知れた矢作俊彦×友克洋。

朝日新聞に15段広告が載っていたから
社運を賭けたか、双葉社

 

老けた3人組。
気概は変わらず。

 

大友が漫画界に再降臨してくれるとは。
ペンで描いた漫画はいいに決まっている。

 

文句はない。でも短い。
予告編のようだ。でも短い。

 

誰か代わりに続きを描いてくれないか。
藤原カムイでもいい。
浦沢直樹でもいい。

 

気分はもう戦争」は、単行本で読んだような。

 

モンキー・パンチに続いて小池一夫が逝く。

 

他の漫画を読む。

 

巻末は黒鉄ヒロシじゃないのか。
オールドファンならわかるネタ。

 

でも短い。


人気blogランキング

八重桜の下

 

郵便局と蛇: A・E・コッパード短篇集 (ちくま文庫)

郵便局と蛇: A・E・コッパード短篇集 (ちくま文庫)

 

 

八重桜の下 候補者のポスター 笑顔 笑顔 あ 駅前に 1人 いた

 

今週の通勤本。
『郵便局と蛇 A・E・コッパード短篇集』西崎憲 編訳を読む。

 

コッパードは『恐怖の愉しみ』平井呈一編訳に
『消えちゃった』が収められている。
コッパードというのは忘れていた。内容は覚えているが。
『恐怖の愉しみ』は、古本で入手したが上下二巻の名アンソロジー

平井はコッパードを「短篇の達人」と評している。

確かに『消えちゃった』は、見事な着地。

 

『郵便局と蛇 A・E・コッパード短篇集』は、
寓話風、童話風など風変わりな話が10篇。
一応、風変わりと書いたが、どんぴしゃの言葉が見つからない。

 

「銀色のサーカス」
主人公は、どこかフェリーニの『道』の荒くれ男に似ている。
ずっと年下の嫁に逃げられた男は、
ひょんなことからサーカスに出ることになったが。
まさかそこで…。

 

「郵便局と蛇」
幻想的な一枚絵が浮かぶ。シャガールあたりの。
郵便局員と巨大な蛇。
ナンセンスな漫画ともいえる。
佐々木マキあたりにコミック化してもらいたい。

 

「若く美しい柳」
電柱と柳の恋物語。奇抜か。いやいや。
宮沢賢治を彷彿させる。
奇妙と思うか、微笑ましいと思うか。読み手次第。


編訳者の丁寧な「A・E・コッパードについて」で
人となりを知ることができる。

 

キリスト教に造詣が深ければ、読後感もかなり違ったはず。

すき間時間に読める短篇集。文庫本ならかさばらずベスト。


人気blogランキング

発酵を知らない。なんて薄幸な人だ

 

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

 

 

先日、トライアルした某社の仕事が本決まりになった。
まずは、資料集めにかかる。

 

『発酵文化人類学』小倉ヒラク著を読む。

 

知ったのはTBSラジオの『たまむすび』。
そこにゲストで来ていて発酵について熱く語っていた。

 

著者は異なる大学で文化人類学と発酵学を学んだ。
で、デザイナーでもある。
そのユニークともいえる経歴がとてつもなく面白い本を書かせた。

 

発酵への興味の扉を開いたのが
ぼくが尊敬する同県人・東京農大小泉武夫先生とは。

なんでもハードワークで心身ともに弱っていた、著者。
先生が発酵食品を摂れと。
「味噌や納豆、漬物を食えと」。で、元気になったと。

 

「そもそも発酵とは…
人間に有用な微生物が働いている過程
反対に腐敗とは…
人間に有害な微生物が働いている過程」

 

と定義している。

国内、国外でその土地土地の風土に根ざした発酵や醸造を体験する。
食べる、飲む、現場を見る。
話を聞く。

 

著者は謙遜しているが
発酵や醸造の文化史と発酵学に基づく分析など
一冊で二度おいしい仕立てとなっている。

 

日本のワインメーカーや酒造メーカーも代変わりして
がんばって良いものをつくろうとしている。

 

そこでなるほどと思ったのが、
かつては「仕事は(技や腕を)盗んで覚えるもの」だった。
酒なら蔵で無言で黙々とこなす。
ところが、ある酒造メーカーでは、
キャリアに関係なく意見を交わすそうだ。
忌憚なく話すことで
新人はスキルを、ベテランは予想もしなかった気づきを得られるそうだ。
結果、魅力的な酒ができるようになったと。

 

これこそ暗黙知をすくいあげる
ナレッジマネージメントの神髄ではあ~りませんか。

 

著者がキュレーターとなったイベントが行われている。
無料だし、行かないと。


2019年春、知られざる47都道府県のローカル発酵食品が渋谷ヒカリエに集結!
『Fermentation Tourism Nippon』開催中!
https://roppongi.keizai.biz/release/4660/

 

人気blogランキング

恋愛小説としての『1984年』

 

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

 

 

高名で内容の一部を知ってつい、読んだ気になった本がある。
1984年』もその一冊。

 

新訳版で『1984年』ジョージ・オーウェル著 高橋和久訳を読む。

「1949年に刊行された」作品。

 

第二次世界大戦後の米ソ冷戦状態、共産主義の台頭、
原子爆弾…。

 

監視化社会を予測したといわれる「ビッグ・ブラザー支配下にある1984年の社会」。
全体主義」ゆえプライバシーなどはない。

有名な「テレスクリーン」は双方向性のデジタル・サイネージを予測したとか。

 

昼間は役所で「歴史の改竄」にあたる。
しかし、個人の自由をひそかに望む主人公。

社食でランチ。ジンを飲む。
イギリスっぽい。
ジンは労働者の酒。
ミルクよりも安いので赤ん坊にも飲ませたとか。

 

ちょくちょく見かける女性から
メモをこっそり渡される。逆ナンでした。

 

ありとあらゆるところに設置された監視カメラの目を
かいくぐってデートする。

見つかれば粛清される。

 

もっとまじめな堅い内容だと思ったら、
結構、切ないラブストーリー。

 

ある日、禁書とされている、たぶん、幻の本を手に入れる。
『寡頭政集散主義の理論と実践』エマニュエル・ゴールドスタイン。

 

作者はこれを言いたかったのかもしれない。
でも読みやすくするために小説で糖衣した。

密やかな情事は、筒抜けだったのだろうか。

 

主人公は拘束、肉体的な痛み、精神的な痛みを体験しながら
マインドコントロールされていく。

彼が言われたことば。

 

「20世紀になってから、全体主義者が登場した。ナチス・ドイツロシア共産党だ。ロシア共産党は異端者に対して、かつての異端審問官以上に残酷な迫害を加えた。―略―犠牲者を公開処刑に送る前に、周到に準備して犠牲者の尊厳を打ち砕こうとした」

 

実際、このようなことを行われる。

全体主義」というと人間が量産される製品をイメージする。
基準に合わないものは不良品ではじかれる。

 

良識とプライドは引き裂かれる。
やがて
「二足す二は五である」
とマジ思うようになる。

 

主人公は復職する。

偶然、恋人と再会する。

お互いに相手を売ったと思い、気まずい空気。
彼女は反体制者を捕獲するために近づいてきたかもしれないし。

 

「彼は今、<ビッグ・ブラザー>を愛していた」

 

結びの一行が哀しい。

いま読むからこそ胸に迫るものがあるのだろう。

トマス・ピンチョンの解説が秀逸。
ピンチョンの小説よりもずうううっとわかりやすい。


Nineteen Eighty-Four - Official Trailer [HD]

Youtubeから映画版『1984年』の予告編を紹介。
なかなかよくできている。

 

人気blogランキング

書くこと 歌うこと 生きること

 

彗星の孤独

彗星の孤独

 

 

春の雨 冷たいか 温かいか いずれにしても 足や心を止める。

 

『彗星の孤独』寺尾沙穂著を読む。

 

シュガーベイブ二代目ベーシスト・寺尾次郎
フランス映画の字幕翻訳者・寺尾次郎
同姓同名の別人だと思っていたら、
同一人物だった。

 

その娘である著者が
楽家と文筆家を兼ねているのは
遺伝と単純に決めつけると叱責されるかもしれない。

 

著者がものごころついた頃には
バンドマンをやめていたし。

 

著者は『南洋と私』ではパラオなどからの引揚者、
原発労働者』では原発作業員に聞き書きを行い本にした。

 

ともかく自分の目で見る。肌で感じる。
手間もかかる。時にはいやな思いもするが、
自身で納得のいく真実や真相をつかむために行動する。
なるべく引用やコピペしない。

それが音楽や書くものに反映される。

 

三女のシングルマザーでもある著者と子どものやりとりを書いたものは、
娘を持つぼくが、いまとなっては懐かしいことを思い出させてくれる。
『カラスの話』、『ダンゴムシの話』とか。

 

音楽は繊細だが、骨太な精神。書くものもそう。
アジるとかしないで、きちんと表現に落とし込んで主張している。

 

何か引き合うものがあるのだろうか。
ユタなど霊媒師の末裔など精神世界方面の話もある。
民俗学のニオイがするのだが。

 

翻訳家となった父親は仕事場に寝泊まり。
正月に帰る程度だったとか。

 

病床での父親への聞き書きも未完で終わる。
『二つの彗星―父・寺尾次郎の死に寄せて』。
優れた私小説

 

寺尾沙穂の楽曲がキャロル・キングと似ているくだりが出て来る。
確かに。

それはロックってことで括れる。
ロックなひと。
ロッケンロールじゃなくて。


人気blogランキング

花散らしの雨

 

不気味な物語

不気味な物語

 

 

東京の桜ショータイムは終演。

妻は台湾バンドのおっかけで大阪へ。

昨夜、テレビでは選挙特番。
不愉快になったので
音楽を聴きながら麦焼酎ソーダ割りを飲む。


『不気味な物語』ステファン・グラビンスキ著 芝田文乃訳を読む。

 

渋澤龍彦の「書斎のエロティシズム」に倣えば、
書斎の恐怖小説あるいは怪奇小説
書斎の怪談となる。

 

ちょっとだけ、さわりを。

 

「シャモタ氏の恋人」
愛する女性が外国から帰って来る。
再会。燃えるようなひととき。
ミステリアスで退廃的な彼女。
身体の異変に気づく。実は彼女は…。

 

「サラの家で」
正真正銘の美魔女、サラ。アンチエイジングの権化。
医師の友人は文字通り骨抜きにされる。
正体を暴こうとする医師。

 

「投影」
著名な建築家が修道院の廃墟に魅せられる。
何やら出るという噂も。
建築家は鍵の影など影におびやかされる。
日記では廃墟に出入りして「13日目」。
「洗礼盤の影」から「巨大な男根が屹立」しているのを見る。
行方不明となった建築家。
修道院の地下道」で遺体で発見される。
「警察の死因報告」が、むごらしい。


ゴシック小説 のお約束を忠実に踏まえた新作ゴーストストーリー。
古典落語を翻案した新作落語的な。

 

ふと芥川 龍之介を思った。根拠はないが、似たところがある。
異国情緒、異端などなど。

 

ステファン・グラビンスキ(1887年2月26日 - 1936年11月12日)
芥川 龍之介(1892年3月1日 - 1927年7月24日)
Wikipediaより

同時代人だし。

 

フロイトの『夢判断』(1900年刊行)や『精神分析入門』(1917年刊行)は

読んでいた気がする。想像だけど。

 

幻視や幻覚を病気の症例にするのは一見、理屈が通っているように思われる。
でも、なあ。

 

人気blogランキング