はつらつ かつらおやじ

僕が殺した人と僕を殺した人

僕が殺した人と僕を殺した人


はつらつ かつらおやじ
はつもつがつ ガツガツ 喰って
はつネミク 見くびるな ピルスナービール オカワリ

『僕が殺した人と僕を殺した人』東山彰良著を読む。
台湾の多感な十代の少年たちが日々巻き起こす事件。
もろホモソーシャルで、なんて言ったっけ、そう厨二病、それそれ。
何かにつけ気にくわない。
先生、親、同級生、先輩・後輩…。
『ババァ、ノックしろよ!』
 (TBSラジオライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」)状態。
修学旅行で京都へ行った全国の中・高生が
眼を飛ばし合って、ことあらばケンカ上等となる。

ひと昔前ならリーゼントでロケンロールなんだけど、
ヒップホップにブレイクダンス
物欲と性欲。
MTVが全盛の頃、彼らは街でダンスの練習をする。
タイワン・グラフィティ。

やがて少年は大人になってそれぞれの道を歩む。
胸にしまっておく事件は、抜けないトゲとなっている。
少年期と青年期を入れ子にして話は進む。
前半と後半で主役、視点が切り替わる。
青春の光と影。
光はいつ影になるかもしれないことを知っていた。
影は光になることは望んでいなかったかもしれない。
見事な転換。

『流』同様骨太で男くさくて、
話はまったく違うがどこかすがすがしい読後感。
蒸し暑い台湾の熱気と乾いたアメリカ西海岸。
新潮クレスト・ブックスから刊行されてもおかしくない一冊。
『僕が殺した人と僕を殺した人』王夏帆(登場人物の一人)著 東山彰良訳とかで。

人気ブログランキング

 

それなりの収穫

こびとが打ち上げた小さなボール

こびとが打ち上げた小さなボール


仕事のネタ本でビジネス書をまとめ読み。
当然だけど翻訳小説よりは断然読みやすく、
収穫もそれなりにあった。
ないのも意外とある。

『こびとが打ち上げた小さなボール』チョ・セヒ著 斎藤真理子訳を読む。
再開発で住まいを奪われる一家。
その長がこびとだった。
資本家階級と労働者社会階級、
金持ちと貧乏人、
健常者と身体障碍者あるいはLGBT
ま、単純な二項対立ではないが、
読んでいて炙りだされる。
都市化が急速に進む。
ネガティブに言えば街殺しなわけで、
無許可の不法建築物の住まいも思い出も友達も搾取される。

工場でこき使われる子どもたち。
過酷な労働環境、薄給、
出口なしの状況を壊すために
とあることを計画する。

こびとのお父さんはなんか象徴的、寓話的。
ふと『ブリキの太鼓』のオスカルをイメージした。
似てはいないが。

四方田犬彦の解説が素晴らしくて、
ここだけでも読んでほしい。

コビトは差別用語なのかあ。
コビトカバや白雪姫と7人の小人はどうなるのだろう。
随分前にランディー・ニューマンの「ショートピープル」という曲が
FENでよくかかっていた。
なんか差別っぽい歌詞と記憶していたが、
歌詞を検索してみると、
差別っぽい歌詞が続いてオイラもだ的なオチ。
嫌いの嫌いは好きというパターンか。
ひねくれ具合がいかにも。




人気ブログランキング

ココア日和

PR誌のコラムの年間企画、まとめに入る。
ココア、買わなきゃ。
先日、古いのを捨てたばっかなのに。

録音しておいた「Barakan Beat」を聴く。
ゲストが金延幸子
ライブをするとは。知らなんだ。
日本のジョニ・ミッチェルといわれた女性シンガーソングライターの草分け。
アメリカ暮らしが長くて会話に出る英語が帰国子女。
YouTueで「み空」などが聴ける。
フィリップ・K・ディックとのつきあいなど半生記を読みたい。

今日の「伊集院光とラジオと」のゲストが伊集加代
スキャットの女王といわれる人。
元シンガーズスリーの人で大学生時代に聴いたLPレコードに
クレジット表記されていた。その頃は、伊集加代子か。

金延幸子伊集加代に共通する人物がいる。
だあれだ。
大瀧詠一
大瀧詠一の「ゴー・ゴー・ナイアガラ」がラジオ日本で復活するとか。
そう「ゴー・ゴー・ナイアガラ」はラジオ日本でないとね。
くわしくは、こちらを。

natalie.mu



妻から借りた『僕が殺した人と僕を殺した人』東山彰良著、
豪華サイン本で読んでいる。

人気ブログランキング

ここは知の果て

知の果てへの旅 (新潮クレスト・ブックス)

知の果てへの旅 (新潮クレスト・ブックス)


『知の果てへの旅』マーカス・デュ・ソートイ著 冨永星訳を読む。

人はどこまでわかるようになったのか。
宇宙、時間、意識などなど。
最先端、最前線の話をいつものようにエンタメテイストを利かせながら
できるだけわかりやすく咀嚼している。
でも、100パーはわからない。
ゆえにわかるとだけ、面白そうなとこだけ
ちゃっちゃと読む。

島宇宙」って天文用語だが、最近ではネット民を称しているタームだが、
命名者が哲学者カントだったとは。

「我が上なる星空と我が内なる道徳律」

 

 

カントの唱えた「道徳律」に、
余りに偉そうで若気の至りから「ケッ!」と思っていたが。
絶対的な人としての良識、モラル。
守れたら戦争も人種問題も起こらないのだが。

ビッグバンについてペンローズを引用して。

「宇宙は収縮するのではなく、加速しながら膨張しており、
生命や銀河や物質さえ存在しない状態、光子だけが残された
冷たい状態へと向かっている」


なんてこったと異を唱えるペンローズ

「片方の宇宙の最後を収縮させて、次の宇宙の始まりを膨張させれば
よい」

手塚治虫の『火の鳥』じゃん。
輪廻転生じゃんと仏教徒である日本人には
ペンローズの考えはムリなく入って来る。

ダニエル・デネットを引用して。

デネットによると、ヒトは近い将来に、自分たちが意識を持つのに
欠かせないと思われる物理的なものを越えてまで意識という概念について
延々と議論するのは無駄である、ということに気づくという」

 

ウィトゲンシュタインの有名な

「語りえぬものについては、沈黙せねばならぬ」

 

に作者はこう述べている。

「知りえぬものについては、想像力を働かすことができる」

 

 

総スカンを喰らっているトンデモ理論が
後に立証される。
科学は非科学と思われる宗教さえも
使えるものは利用、応用、パクってきた。
それが科学以下文明の発展史ではないかと。
思考停止すると英知は死んじまう。ってことか。
回遊しないと死んじゃうマグロだね。

人気ブログランキング

君に捧げるほろ苦いブルース 

羞恥

羞恥


『羞恥』チョン・スチャン著 斎藤真理子訳を読む。
脱北者」の物語。
北朝鮮に失望してそれぞれ命がけで韓国へ。
彼らに韓国政府は最低限の生活支援、金を渡す。
たぶん乳と密の流れる地のような憧れは抱いてなかったと思うが、
自由など生きる喜びを実感できる日々が送れるはずだった。
だが、現実というか世間の目はことのほか脱北者に厳しく。
折にふれ感じる孤独感、疎外。
マルクスに倣えば労働者は資本家(資本主義)から搾取され、疎外されると。
脱北者は生きがいを搾取され、疎外される。
誰から、同胞から。
そのあたりをリアルに綴る。

似た光景を思い浮かべる。
3.11で福島第一原子力発電所事故に遭った帰還困難区域の住民。
地元には住めないので県内・県外に移住する。
そこで起きたことが、「脱北者」の物語と類似している。
働きたいが、経験を活かせる仕事はなかなかない。
公営住宅の空き家が仮住まい。
時間はある。貯えに賠償金を足しにして故郷に見切りをつけて
家を建てる人もいる。
朝からパチンコ、ギャンブルに興じる人もいる。
同情と避難はリバーシブル。
なんらかしらのメリットがあれば、ちやほやするかもしれないが、
いわゆるよそ者には厳しく、警戒される。

出入国管理法が大急ぎで改正されようとしている。
インバウンドブームで
ぼくの住む街でもキャリーバッグをガラガラ引きずる外国人を目にする。
ホテルなどはない。民泊だろう。
たまたま見た「報道ステーション」で、
かつて日本で働いていた日系ブラジル人が紹介されていた。
ブラジルよりもはるかに稼げて治安も良い。
骨を埋める気でいたが、リーマンショック
まっ先に解雇されやむなく帰国。
売り手市場の外国人労働者がはたして獲得できるのだろうか。
移民を異民扱いすることなく。

脱線してしまったが、居場所がなかったり、疎外されることは
他人事ではなくてあなたにも、ぼくにもあり得ることなのだ。

人気ブログランキング

日曜の夜 ダークサイド

 

日曜の夜、明日からの仕事や授業に向けて
心穏やかに過ごしたいもの。
TBSラジオは22:00が王子様井上芳雄→女王様吉永小百合という
ライトサイドの番組。それが一転ダークサイドへ。
23:00神田松之亟→23:30六平直政というゲスの極み(?)。
六平の番組のテーマソング、ニーノ・ロータ風、ジンタ風だが
松任谷正隆が作曲だったとは。
山形アナが猛獣使いとして名をはせるかも。

原稿、まとめに悩む。
Webと違って紙だから字数制限がある。
切った貼ったで仕上げるが、
その跡はわからない。
腕利きの美容整形外科医と同じ。

『羞恥』チョン・スチャン著 斎藤真理子訳
『知の果てへの旅』マーカス・デュ・ソートイ著 冨永星 訳を
読んでいる。

人気ブログランキング

欣喜雀躍

飛ぶ孔雀

飛ぶ孔雀


予想外の雨。
音声データ起こしをする。
通称テープ起こし。テープじゃないのに。
靴を入れているのに下駄箱と呼ぶが如し、か。
思ったより早く終わる。


『飛ぶ孔雀』山尾悠子著を読む。
義兄の会社の軽井沢のロッジに行ったとき、
ごく間近で孔雀を見た。
最初剥製かと思った。
でも警戒からか眼が動いていた。
派手なグラムロッカー。

小説には、すぐにその世界に入れるものとそうでないものがある。
小説だけではないが。
この本は前者で脳内の妄想メモリーがぱんぱんになるほど。
容量不足を気にしながら読んだ。ウソ。
舞台は路面電車が走っている地方都市。
モダンな欧州の匂いのする都市。
かつては栄えていたが、今はさびれた都市。
中国人などが押しかける前の小樽や函館といった。
錆びや石のひび割れ、石畳の欠けがいい按配。

石切り場、
岩風呂が自慢のホテル、
動物の肉をこそいで白い骨を蒐集している頭骨ラボ、
頭骨ラボの近くでは白キノコの栽培が盛ん…。
そのモノが語る、もしくは騙る、モノがたり。
それを豊饒と思うか過剰と思うかで
読み手は分岐する。
作者のイメージの断片が埋められてつくられた世界。
テント小屋で上演される小劇団の芝居を思わせる。
登場人物の一人である女性運転士。
なぜかフェリーニの映画に出て来る巨乳、巨尻の女性と
重なってしまう。

TV番組『ブラタモリ』が都市や景観を
地質学などからアプローチして
その成り立ちを解明するが、どことなく似ている。

この小説が日本語で書かれたことを喜びたい。
まどろっこしい書き方だが。
今年読んだ小説ではピカイチかも。

清原啓子の挿画がぴったりで。
ぼくは知らなかった。
夭折の銅版画家。
作者と同年代。
リンクは貼らないよ。
ネットで検索したまえ。

森見登美彦の『夜行』で描かれている闇と
同質、同系色かとも思う。

人気ブログランキング