沈没

ヴェネツィアの宿 (文春文庫)

ヴェネツィアの宿 (文春文庫)

 

昨日の夕方。3記事送って燃え殻となる。
アルコール燃料を投下して沈没。

ヴェネツィアの宿』須賀敦子著を読む。
イタリアなどヨーロッパの思い出と
日本の思い出が
サンドウィッチされている。
作者のプロフィールは、なんとなく知っていたが、
どんな家庭で育って、どんな兄弟がいたのか。
興味はあった。
家族や親族の話はエッセイよりも私小説っぽい。
会社経営者の父親は欧州好き、旅好きの伊達男。
車はベンツ。おまけに愛人までいる。
病弱な母、がっしりとした愛人。

著者は父親の遺伝子を色濃く受けている。
反駁しながらも心の底では慕っている。
父と娘。
幸田露伴幸田文とか。
ふと向田邦子に似てないかと。
向田も父のことを書いている。
ちょっと調べたら、
須賀敦子は1929年1月生まれ。
向田邦子は1929年11月生まれ。
あらら。

イタリアで暮らして結婚して
骨を埋める気でいたと思うが、
ご主人の早世により
帰国を余儀なくされる。
いったんリセットして次の章へ。
そのおかげで
翻訳ではなく書いたものが読める。

関川夏央の解説を読むと
エピソードから著者の生き方がうかがえる。

著者はテッチャンでもあった父親にすすめられて
特急列車フライング・スコッツマン(いいネーミング!)で
ロンドンからエディンバラに行った。
いまもある。乗りたい。

人気ブログランキング

 

霧と偽霧

 

昨日は羽毛ふとんと毛布を干したのに。
今日は天気予報どおりに雨。
ま、ずっと記事を書くからいいんだけど。

『霧のむこうに住みたい』須賀敦子著を読む。
いきなりウジ虫いりチーズの話から入る。
長野でハチノコやザザムシは食べたことがあるけど、
ウジ虫チーズは食えるだろうか。

 

街、食べ物、人、本。
すべてが過去の記憶。
なのに鮮明。

「ふりかえると、霧の流れるむこうに石造りの小屋が
ぽつんと残されている。自分が死んだとき、こんな景色の
なかにひとり立っているかもしれない。ふと、そんな気がした。
そこで待っていると、だれかが迎えに来てくれる」

 

 


敬虔な気持ちにさせられる。

霧でふと思い出した。
昔、テント会社のカタログの仕事で伊豆ロケに
同行させられた。
季節は秋だった。
朝のキャンプのシーンを撮るのだが、
霧がほしい。
黒澤明みたいに霧待ちはできないので
カメラマンの助手が発煙筒をたいて
森を歩き回った。
たちこめる白煙。
後日、あがった写真は
見事なまでに霧のたちこめた朝のキャンプ場だった。

 

人気ブログランキング

 

舞えや歌えや


舞茸の語源が、確か山中で天然舞茸の群生に出くわすと
うれしさの余り舞うとか、そんなだったと覚えている。
須賀敦子がそんな存在になろうとしている。

ミラノ 霧の風景』須賀敦子著を読む。
デビュー作。後の作品の原石がちりばめられている。

オーク樽に仕込まれた原酒が歳月を経てウイスキー
成熟するように、イタリア暮らしで感じたことを
エッセイにする。

ミラノに霧の日は少なくなったというけれど、記憶の中のミラノ
には、いまもあの霧が静かに流れている」

 

 


ミラノが霧のまちとは知らなかった。
ファッションと山岳鉄道の始発駅。
ペルージャも出てくるが、
ああ中田英が所属したセリエAのチームか。
古いまちぐらいは記憶している。


ナポリ滞在記はナポリっこの屈折具合や
野菜売りの行商のおばさんとのやりとりが
なんとも映画のワンシーンを思わせる。

 

「そもそも若いころから私は滅法と言ってよいくらい翻訳の仕事が好きだった。それは自分をさらけ出さないで、したがってある種の責任をとらないで、しかも文章を作ってゆく楽しみを味わえたからではないか」

 

 

エッセイは「自分をさらけ出す」ことだろう。
その覚悟というか踏ん切りがついたのだろうか。

 

「コルシア・デイ・セルヴィ書店との出会いは、それについて一冊の本が書けてしまうほど、私のミラノ生活にとって重要な事件だったのであるが」

 


書いてしまったし。

 

リテラシーじゃなくて教養。
受け継がれてきた教養がいつの間にか途切れてしまった。

 

レナウンミラノというイタリアンも霧消してしまったかも。

人気ブログランキング

人形の yeah!(イエー)

人形 (ポーランド文学古典叢書)

人形 (ポーランド文学古典叢書)


エスプレッソ用のコーヒー粉を
近所のスーパーマーケットで売っていなかった場合は、
アイスコーヒー用の粉で代用しよう。
朝、ペーパーフィルターでアイスコーヒー用の粉で
ホットを淹れる。時間が経ってから氷を入れたマグカップに
残りのアイスコーヒーを注ぐ。

『人形』ボレスワフ・プルス著 関口時正訳をやっと読んだ。
人形の yeah!(イエー)といっても弘田三枝子じゃない。
サンシャイン池崎でもない。

主人公はポーランドワルシャワにある高級雑貨店の経営者。
新しい商売にも手を広げるやり手の実業家。
落ちぶれた貴族の令嬢に惚れる。
人形のように美女ゆえライヴァルも多い。
没落したとはいえ貴族。
それが商売人の妻になるのは、この時代、厳しい。

元が新聞の連載小説だから
恋の顛末も山あり谷あり。
すんなりとうまくはいかせない。
読者をはらはら、やきもきさせなきゃ。

当時も貴族のゴシップネタは
庶民の好物だったのだろう。

没落貴族や貴族の夫人という玉の輿にのった金持ちの娘、
海千山千の商売仲間、商売敵。
やはり商売上手なユダヤ人をやっかみからなのか
ユダヤムードが起こる。
サブストーリーがいい意味で小説の世界をひろげている。

主人公が花の都パリを訪れる。
観光じゃなくて商談。
最先端をいっていた当時のパリの描写がいきいきしている。
ポーランドワルシャワから来たんだもの
おのぼりさんもいいとこだろね。

時おり挿入される「老店員の忘備録」が、にくい。
家政婦や黒猫ばかりが見るのではなくて
老店員も負けずに見る。で、メモる。

恋の行方は。気になる人は読んでみて。

随分前に藤原書店から刊行された新訳(確かの)バルザック全集を読んだ。
やはり最初はなじめなかったが、なれるとページをめくるのが楽しくなった。
それとひけを取らない豊かな小説。
違うか。大友克洋の漫画と同じで情報量がやたらに多い小説。
パリの話にもたぶん情報がたっぷり。
こっちかな。

訳者の解説によると
この小説がポーランドの小説のデファクトスタンダードになったそうだ。
そういう文学史的価値でありがたがられているものは、
肝心の中身が古かったり、つまんなかったりするものが多いのだが、
この作品は違った。

 

人気ブログランキング

 

熱い風


まぶしい光、熱い風。
どうにも眠いんでエアコンをつける。

『コルシア書店の仲間たち』須賀敦子著を読む。
文庫版の表紙に使用されている舟越桂の木彫像は覚えているけど。
まとまったものを読むのははじめて。
ミラノの教会の片隅にあったコルシア書店。
留学生だった著者も遅れて一員となる。
そこで伴侶とも出会う。

コルシア書店は本を売るだけではなく出版も行っていた。
そこに出入りする面々は、
階級もキャリアも国籍もまちまち。
一種のコミュニティ、心のよりどころとしての
出来事が何十年後に書かれる。
30代と年齢的には若くはないが、そこは青春だったのだろう。
理想はすぐ現実に引き落とされる。
ほろ苦い日々。
スタートアップしたがうまくいかず
行き詰まったベンチャー企業みたい。
コルシア書店の政治思想が大家の教会から反感を買い、移転。
書店名も変えて再開するも。

貴族など上流階級とそうじゃない階級との格差。
すでにいた移民。
確かにイタリアは第二次世界大戦敗戦国になったが、
文化や伝統の奥底は、強固なまでに変わらなかった。
中でもユダヤ系の少女がドイツ人の男性と結婚する話が印象深い。
しかも彼はヒトラーに容貌が似ていたと。
親の嘆きは深い。
こいばな(恋の話)もなんだか名作映画を見ているよう。
作者の観察眼には敬服させられる。

他の作品も読んでみよう。

人気ブログランキング

今日の晴天を昨日にあげたい

母の日が大雨って記憶にない。
今日の晴天をあげたいほど。
母がいないぼくたちは
刺身少々と手巻き寿司の夕食。
第三のビール麦焼酎ソーダ割りを飲む。

ライアン小川の復帰戦。
雨でコールド負け。
今期のヤクルトスワローズ
去年よりはかなりましだが、なかなか勝てない。

『人形』ボレスワフ・プルス 関口時正訳をやっと半分まで。
重たくて電車では読めない。
クラシックだなあ。嫌いじゃない。

適当な通勤本がないので
妻の本棚から
『コルシア書店の仲間たち』須賀敦子著を拝借する。
こちらも重厚なイタリア・ミラノの伝統文化と知性。

こんなん書きますた。

 

二世帯住宅で小規模宅地の特例はどうなるの?

 

自宅には相続税がかからない?小規模宅地の特例とは



人気ブログランキング

植物系 即仏系

菜食主義者 (新しい韓国の文学 1)

菜食主義者 (新しい韓国の文学 1)

 

菜食主義者』ハン・ガン著 きむ ふな訳を読む。
菜食主義者』『蒙古斑』『木の花火』からなる連作集。
主人公の女性はある日、肉を受けつけなくなる。

菜食主義者』は妻の異変を夫の立場から書いてある。
夫は儒教的というか立身出世タイプのビジネスマンの典型。
結婚当初からエキセントリックな妻の行状に辟易気味。
肉食を拒む妻。幼児の好き嫌いをなくそうと
無理やり食べさせようとする父親。
妻の抵抗。軋む精神。

蒙古斑』は義妹の異変を義兄の視点から書いてある。
義兄は売れないアーティスト。
姉は単身で化粧品店をはじめ繁盛させた経営者。
義兄は義妹に花のボディペインティングを施しビデオ映像に収める。
彼女にはいまだ蒙古斑がある。
実業家の妻とは格差婚。頭が上がらない。
義妹には前々から好感ばかりか性欲も。
ボディペインティングを施した義兄と義妹。
一線を越える。妻に逢瀬を発見される。

『木の花火』は妹の異変を姉のアングルからとらえている。
裏切られたが、精神病院に入院している妹を
献身的にサポートする。
植物人間ではなく植物になろうとする妹。
治療や食事を拒否する。
病気は絶対治さなければならないものなのだろうか。
本当に主人公は病に罹っているのだろうか。
植物=即身仏になろうとしているように思える。

読み終えて、かなり切なくなった。
きゅんきゅんきた。
村上春樹の『ノルウェイの森』のような。
 堀辰雄ジブリの『風立ちぬ』のような。
カフカの『変身』の主人公グレゴール・ザムザじゃん。
病をテーマにした文学。
心の危うさ、脆さ、伝わらない気持ち。
決して癒されることはないのに、なぜか癒される。
空気感が加藤秀行あたりにもつながる。
K文学にはまりそうな予感。

人気ブログランキング