幸せって何だっけ-3

 

季刊誌のビジネス漫画の構成を考える。
つながったんでまとめへ。
原稿用の資料をネット検索。
使えそうなのを出力する。
紙じゃないとダメなんで。
アナログでアナクロ

『幸福とは何か』長谷川宏著の感想の続き。
「第二章 西洋近代の幸福論―道徳と幸福の対立」
作者は神が人間の幸福を支配していた中世をすっ飛ばして
近代へ。
ベーコン、デカルトをさらっと紹介してヒュームへ。

「ヒュームは人間の本性を知性と感情と道徳という三つの面から
明らかにしようとする」

 

 

んでもって伝統的な「理性への信頼にヒュームは異を唱える」。

 

「わたしたちの日々の経験の主体をなすのは、外界との触れ合いのなかで得られる印象であり、観念であり、快楽や苦痛の感情である。神の絶対的支配を背に向けてそのような経験に即くことは、理性的なるものへの懐疑と否認にまっすぐ通じる試みだった」

 


人は理性では動かない。どことなく行動経済学にもつながる。
「ヒュームの経験論」と幸福はしっくりこないようだ。
「道徳と幸福の対立」って自由と平等の対立とも似ている。
道徳を重んじると全体幸福的なものが個人の小さな幸福よりも優先される。
息苦しいかも。逆だと、富める層が優遇となり不平等な社会になるのでは。

次はアダム・スミス
「共感を道徳感情の土台に据えるアダム・スミスの道徳論」
を述べている。
スミスは上から目線じゃなくて考える。

 

「社会に生きることがそのまま共感の経験を積み重ねることであり、
共感の感覚を身につけることだった。社会に生きることがおのずと道徳感情の根幹をなす共感の育成に通じるのだとすれば、道徳をめぐる人的な教育や訓育の類は必要がなく、平静に、沈着に社会を生きることがすなわち人を道徳的にする教育そのもの、訓育そのものだった」

 

 

さすが経済学者。プラグマチックというか性善説的というのか。
人間は学校や会社など組織、社会に入って生き方を学ぶ。
「共感」とは一般的に使う意味ではなく
共通感覚、コモンセンスのことだろう。その延長に幸福があると。
人は人を幸福にも不幸にもする。
この項、ゆるゆると続く。予定

人気ブログランキング

ダントツ

鯨 (韓国文学のオクリモノ)

鯨 (韓国文学のオクリモノ)


近所のユニクロへ。
仕事用の白のポケット付き半袖シャツ、
ボタンダウンじゃないの、を買う。
このタイプが少なくて。
ついでに旧モデル(売れ残り)のステテコが
500円だったので買う。
履いてみたら快適。
クールビズに認定しろよと。
あとは丸メガネのにちょび髭、眼鏡、
カンカン帽と腹巻、ゲタをはいたら往年の植木等だ。
こりゃまた失礼いたしやした。

『鯨』チョン・ミョングァン著 斎藤真理子訳を読む。
面白さでいったら最近読んだ小説ではダントツ。
荒唐無稽。アンチ・リアリズムの権化。
楽しくなければ小説じゃない的スタンスで
話が走る、走る。広がる、広がる。
音楽でいうところのグルーブを感じる。
愉快、痛快。

主役は女性たち。母は商才があって男好きのするタイプ。
恋多き女だけど起業家の才もある。
敵が多くて味方が少ないタイプ。
娘は真逆。口がきけないけど偉丈夫(って男性なんだけど)で怪力。
でも職人気質。

母がヤクザの親分といっとき恋仲になる。
ヤクザの親分にとって永遠の恋人は京都の芸者。
このくだり、タランティーノが思い浮かぶ。
芸者役は梶芽衣子、当然。

わらしべ長者ではないが、
母が機を見るに敏で
ニュービジネスをはじめて成り上がっていくあたりが
気持ちいい。
例えば良質の煉瓦をアピールするために
線路沿いにばらまく。
すごいサンプリング(試供品無料配布)だ。
最後がどうなるのかは、読んだ人だけ知っている。
ま、トランスジェンダーぶりが今風。

これでもかと出てくるキャラがみなクセがあって
サブストーリーもふくらむ、ふくらむ。
例えば蜜蜂を意のままに操る片目の少女とか。
これだけでも物語が成立する。
もっと脱線しろと読みながら思う。
読んでいてデフォルメされた身体、肉体、精神が
劇画ばり。神話ばり。講談ばり。
バリバリだろ。そだね。

魚加工所、劇場、茶房、煉瓦工場、刑務所…。
建物が重要な役割を果たしているあたりは、
ゴシック小説風味もある。

「訳者あとがき」で作者が大の映画好きを知る。納得。
この小説を映像化したらどえらい制作費がかかるなあ。
誰が監督。テリー・ギリアムかな。
いっそのこと、アニメ―ションというのもある。

だまされたと思って一読を。
脱帽。

人気ブログランキング

幸せって何だっけ-2


この時期に東京オリンピックを開催するのは、
根性で日本人にメダルを取らせる作戦か。

書きあぐねている『幸福とは何か』長谷川宏著の感想。
長くなりそうなんで途中まで。
この本はソクラテスからヴィトゲンシュタインのお師匠さんラッセルまで。
古代ギリシャ時代から現在まで
哲学者が考えた幸福論を考察するもの。
歌は世につれ、ではないが幸福論も世につれ。
ってとこが面白い。

アリストテレス曰く

 

「最高善とは人間のめざすべき最高の目的であり、
それをめざすことが人間にとってこの上ない生き甲斐となるような目的で
―一部略―その最高善に当たるものが「幸福」だという」



作者は承服しかねると。


「ゆるやかさが足りない」と。

絶対幸福論とかカントの道徳律みたいなものはないらしい。
言えばウソっぽいし。だまされんぞと。

くり返すが作者が取り上げている佐野洋子の『100万回生きたねこ』。
最後にようやく死ぬことができて幸福な一生を終えたと。
生きる権利ばっか主張されがちだが、死ぬ権利も幸福やQOLと絡んでくる。

次は「快楽主義の名で知られるエピクロス」。
幸福と快について述べている。
快というとエゴ的に自分の欲望を満たす行為と思われがちだが、
エピクロスの快とは

 

「身体の健康と心境の平静こそが祝福する生の目的だ」


と。ふむふむ。還元すれば「幸福」ってことか。
その昔、漫画家・本宮ひろ志
「桃缶の残ったシロップを飲むことが幸福だ」と
雑誌に書いていたと覚えている。
この項、続く。予定

人気ブログランキング

幸せって何だっけ-1

働き方改革に関する原稿を書いていたので
資料を読み漁る。
有給も年5日強制的に社員に取らせるようになるようだし。
かなり以前からIT普及によりすぐ実現しそうだったけど
在宅勤務も広まりそう。
ナイントゥファイバー 、
9時5時のワーキングスタイルから
解放されそうだ。
朝のラッシュともおさらば。
テレワークもようやく本格的になりそう。
で、wiredで面白いデータを見つけた。

1.幸せを感じる仕事時間
答えは「1週間に33時間」。

 

 

週休3日制もありか。


2.幸せを感じる年収
答えは「75,000ドル」。


日本円だと約840万円。

 

3.幸せを感じる子どもの数
答えは「1人」。

それ以上は経済的、肉体的負担が重たいのかな。

 

4.幸せを感じる通勤時間
答えは「20分」。

ドアトゥドアで20分。
在宅なら0分。

 

外国のアンケートなんだろう。母数がわからないんだけど。

出典:幸せを感じる年収や通勤時間:統計からの回答
https://wired.jp/2012/10/22/mf-happiness/

書きますた。

勤怠管理コーヒーブレイク「勤怠管理のミスによって企業に生じるリスクとは」
 http://www.nds-tyo.co.jp/e-asp/maga/03_M.html
 
勤怠管理コーヒーブレイク「休日に期限はあるの? 意外と知らない勤怠管理における「休日・休暇の期限」」
 http://www.nds-tyo.co.jp/e-asp/maga/04_M.html

人気ブログランキング

 

夏 三枚

汗まみれの髪。シャンプーすると、汗まじりの泡が口に入る。
しょっぱいだけじゃなくて出汁みたいな味。
暑いんで三枚のアルバムを見つくろってYouTuneから。
ご自愛ください。

Austin Powers 1997 OST [FULL ALBUM]

 

Fishmans - Kūchū Camp (Full Album)


Mute Beat - Flower (1987) FULL ALBUM

 

人気ブログランキング

思い出すこと


書くスピードが遅くなったのか。
長い文章を書くのが苦手なのか。
蒸し暑いのがいけないのか。
原稿を昨日やっとこさ送って、今日は小休止。

ネットニュースで「ウォルマートが西友を売却検討」を知る。
新卒で入った広告制作会社で
ぼくは西友ストアのチラシのコピーを担当した。
デザインもコピーにもうるさくてNGを何回も喰らった。
今のような価格訴求型じゃなくて
生活情報型チラシなんでやたら文章量が多かった。

まだクレジット会社のミドリヤが存在していて
本社が三軒茶屋にあった。いまは西友ストア三軒茶屋店。
マルイに抜かれてミドリヤは西武流通グループにM&Aされた。
ミドリヤはスタートが家具店だったそうで、
届け物で行ったような記憶がある。
がらんとしたウナギの寝床のような本社。
冬だったかも。
結婚して隣駅に住むとは思わなかった。

玉石混交。玉もいたが、石も多かった。
人の出入りが激しくて毎月送別会のあるような会社だった。
受けた広告会社や出版社は軒並みダメで
新聞の求人広告で応募した。
新宿、厚生年金会館そばのビル。
面接は12月。連絡を待っていたがなかったので
ことらから連絡したら、面接担当の専務から
「いつから来れる」と聞かれて
「年明けから」と答えた。

2年目にあの「不思議、大好き」キャンペーンが始まった。
その前に不発に終わったキャンペーンがあったが、
そのコンセプトが後の「無印良品」に結実したんじゃないだろうか。
個人的感想。
「不思議、大好き」キャンペーンが始まった1か月後、
竹下通りにあったデザイン事務所に転職した。

人気ブログランキング

思い出した

 

思い出した。オウム死刑執行だが、IS(「イスラム国」)の公開処刑
似ているってこと。
法の名のもとの大量殺人。
サリンとか行なったことは許せないが、一斉死刑で
何を狙ったのだろう。

現代社会はどこに向かうか』見田宗介著を読んだ。
別名真木悠介。この名前にピンときたあなたは立派なインテリ中高年。
昨今流行りのエビデンスではないが、
データを読み込み、そこから論考を構築するスタイルは
以外にも新鮮だった。
書名だけ見るとなんとなくカンレベルで書いた
スピリチュアル本みたいに思えるが。
データをどう読むか。その鋭さに瞠目させられる。
ランダムに引用してみる。


引用-1
「青年層の著しい保守化」について。

「物質的な生活条件の獲得を根幹とする20世紀的な「左翼」「革新」の
要求が、青年たちの大半にとって、真に切実に心にひびくものではなくなっている」

 

「政治が失効」していると。

引用-2
「社会的な<生きがい>としての仕事」とは。

「依拠されるべき核心は、解き放たれるべき本質は、人間という存在の核に充填されている<欲望の相乗性>である。人によろこばれることが人のよろこびであるという、人間の欲望の構造である」



引用-3
「生きるリアリティの解体と再生」に関して。

リストカットの少女たち、(アキハバラなどの)無差別殺人事件の青年たちが求めているものもあの被災地に駆けつけた若者たちの求めているものと、同じものであるのではないかと思う」


副題が「高原の見晴らしを切り開くこと」。
高原ってプラトージル・ドゥルーズ、フェリックス・ガタリの『ミル・プラトー』のプラトー
たまたまネット検索したら
Wikipedia

プラトー(Plateau)は、一時的な停滞状態のことを言う。
おもに筋力トレーニング時の停滞期を指す。」


と出ていた。
薄い本だが、中身は濃ゆい。

人気ブログランキング