読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖いい話

怪奇小説傑作集 1 英米編 1 [新版] (創元推理文庫)

怪奇小説傑作集 1 英米編 1 [新版] (創元推理文庫)


Facebookで同級生の陶芸家の窯場兼自宅が
雪まみれの画像を見る。
峠の麓にあるからなあ。
白い悪魔に襲われる、ふと『シャイニング』を思い出した。
録音したラジオ番組を聴きながら、
だらだらと仕事。

怪奇小説傑作集1』A.ブラックウッド他 平井呈一編・訳を読む。
訳者による「本格的アンソロジー」。
こなれた訳、こなれすぎた訳か。
美味、珍味の怖いい話。
ぼくの好みで3作選ぶなら

猿の手』W.W.ジェイコブズ

願いをかなえると言われる猿の手のミイラ。
芥川龍之介あたりなら
平安時代とかに設定を変えて上手に
換骨奪胎するんだろなあ。

『いも虫』E.F.ベンスン

これは大量のいも虫がうごめくシーンに
薄気味悪さを感じながらひかれるものを。
庭のツバキの葉裏に
びっしりと発生したチャドクガの幼虫とかね。
なんでも大量にいるのは、あるのは、どこか怖ろしい。

『緑茶』J.S.レ・ファニュ

緑茶の効用。と書くと、岡倉天心かと。
ちゃいます。スタイリッシュでクラシックな怪奇小説
ほうじ茶を飲みながら読んだ。

人気ブログランキング