読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフレインが叫んでる

ポオ評論集 (岩波文庫)

ポオ評論集 (岩波文庫)

ちょっと煮詰まったので、ブログに逃げる。
血圧、上がってる。

『ポオ評論集』を読む。
実作者の評論ゆえ、きわめてプラグマティックに
書かれている。
「詩作の哲学」という論考では、
自身の詩作のメソッドを
大股開きしている。
代表作『鴉』(もしくは大鴉)のできるまでを
公開。で、リフレインの重要性をあげている。


「リフレインほど広く用いられている技法はない」


「リフレインを用いるにあたってたえず変化を加えなければ
ならないのなら、リフレインそのものは短くなければならない」

 

『鴉』では、
「Nevermore」
この一語がハブとなった。

リフレインって楽曲だとリフだよね。
リフを決めてから曲をつくりあげるって
作詩と作曲はパターナリズムにおいて
似ているというのは暴言かな。
循環コードとか。

これってさ、「I'm a Perfect Human」
って首を傾げながら歌うところといっしょ。

ひょっとして現代詩のプロトタイプ、ひな形、
OSもポオからなのだろうか。
はじめ人間ポオ。

人気ブログランキング