読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロトコルとしての倫理学


『動く倫理学を展開する』小林道憲著を読んだ。

倫理や道徳、モラルとかは、
人間社会ができて以来動かざるごと山の如しで、
絶対的価値で不動のものでなければならないと思いがちだが。

作者はそうじゃないと言う。

「社会は常に動くものであり、生成変化するものである」



「このような観点に立つなら、倫理学もおのずから
変わらなければならない」

 

 

ゆえに「動く倫理」「動態倫理学」でなければ、
通じない。

双方が分かり合える共通したプロトコル=「動態倫理学」がないと
相互理解には至らないわけで。

朝令暮改は当たり前、朝令朝改だってある今だし。

和辻哲郎を挙げて作者は

 

「人と人の間柄の学として倫理学は「人間の学」なのだと言う」

 

 


人間は人の間と書く。
この間が、コミュニケーションだ。

中であり、その親密度が増すと仲になる。

「家族にしても、組織にしても、経済や政治にしても、
国家や国際社会にしても、人間の営む社会は、要素と要素の活発な
相互作用からなるネットワークを形成し、絶えず秩序の生成と崩壊を
繰り返し、常に変化している」

んで


「生成の場は創発の場である」

 

と。

作者は「動態倫理学」の理解促進のために、
日常生活内での事例や事象、
古今東西の経済学者、社会学者、哲学者などの言説を
取り上げている。

振れ幅が広いので、
まずは、興味を覚えた章を拾い読みすればいい。
二度目に読むときには、各章のつながりが見えてきて
視界が開ける気分になれるだろう。


とまれ、自分の頭でゆっくり考えてみる。

スマホで検索するんじゃなくて。
検索エンジンに教えてもらうんじゃなくて。

たぶん、これが本来のハウツー本だと思う。


阿部 謹也の「世間」や木村敏の「あいだ」も当然、関連している。
その本の拙レビューをば。

 

精神医学から臨床哲学へ - うたかたの日々@はてな

 

ポストイットだらけ - うたかたの日々@はてな

 

付論の『日本のモラル・エナジー』の一文を引用。

「キェルケゴールは、当時発達しつつあったジャーナリズムに代表される大衆の時代が、分別と嫉妬と水平化の時代に他ならないとみて、逆に、純粋のキリスト教精神に帰ろうした」

 

 

これって先日のアメリカ大統領選とぴったし、重なっているような気がする。
新大統領が崩壊者か生成者かは、いずれわかると思うが。

 

人気ブログランキング人気blogランキングへ