読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒーロー恢復

千の顔をもつ英雄〔新訳版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

千の顔をもつ英雄〔新訳版〕上 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

千の顔をもつ英雄〔新訳版〕下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

千の顔をもつ英雄〔新訳版〕下 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)


朝夕の電車図書館で
『千の顔をもつ英雄』ジョーゼフ・キャンベル著を読んでいる。
 ミル・マスカラスか。
文庫で新訳版、上下巻。
これが思った以上に楽しい。
古今東西の神話や民話」の英雄譚を俎上にあげ、
共通性というか法則性を見出す。
その捌き方が、まあ見事で。
こんなに面白くてためになるのは、
大学時代に読んだ『ホモ・ルーデンスホイジンガ著以来かも。
ホモ・ルーデンス』を読んでいるときも、
文章からさまざまな遊びに興じている人々の映像が浮かんだが、
この本も豊富な図版から、モノクロが残念だが、
2D、3Dアニメのように脳内に動く。
恐るべき神話学者。
まだ読み中なんで、感想は改めて。

気温よりも湿度がこたえる日々。
夏だと思って鳴き出したセミは、はしごを外されたような。

人気ブログランキング