読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

濡れる街角

特捜部Q ―キジ殺し― 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕

特捜部Q ―キジ殺し― 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕


修正原稿を送って自転車で買い物へ。
行きは小雨だったが、店の駐輪場へ向かうときは、
結構な降り。
薄手のフーデッドレインパーカーじゃダメだった。
戻ってオンにしてある浴室乾燥機へ
濡れたものを追加で干す。

『特捜部Q キジ殺し』ユッシ・エーズラ・オールスン著を読んだ。
シリーズ第二作目。
今度は、変人女性アシスタントが加入して三人組で未解決事件に挑む。
邪悪な心を持ったハイソなお坊ちゃんたちが、
しでかした口をつぐんでいる事件。
彼らはそれぞれに名士となっている。
キーとなるのはホームレスの女性。
それは世を忍ぶ仮の姿。
ほんとは、魅力的な女性。
ツンデレサイコキラー
というと陳腐というか大時代めいた設定かと思うが、
冴える作者のペン、筆、キーボード。
コペンハーゲン警察上層部は、
特捜部Qをつくったことを後悔しているのでは、
と思えるほど、突っ走る面々。

人気ブログランキング