読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン

月世界小説 (ハヤカワ文庫JA)

月世界小説 (ハヤカワ文庫JA)

 

『月世界小説』牧野修著を読む。
作者の本を読むのは久しぶり。
もし第二次世界大戦後、
日本語が消滅していたらという
ディックばりの奇想。
奇想と妄想が主成分の
作者の創るパラレルワールドにはまりつつ、
民族と言語という高邁なことも、ちと考える。

ルグィンの『言の葉の樹』や
R.M.W. ディクソンの『言語の興亡』などにもつながる。
神林長平なら、ストーリーやキャラクターも
もっとハードになるかもしれないが、
そこは、小説巧者。手練手管でエンタメに仕上げている。
キャラ造形が魅力的。
これ、深夜の時間帯のアニメーションで見たい。
原作で困っている関係者には、
一読をぜひ!と声を大にして言いたい。

パラレルワールドの一つが1975年。
ユリ・ゲラーノストラダムスの大予言、『日本沈没』と思われる
事柄がなぜか変名で紹介されている。
学生運動も下火になろうとして
スピリチュアル、オカルト、
要するに「不思議大好き」(by糸井重里)の時代へ。

人気ブログランキング