読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名詩集復刻

暑さのせい(by大滝詠一)でダラダラ。
あ、ふしだらではござんせん。
街を歩けば、冬の人もいるし、夏の人もいる。
うちは、アイスコーヒ用の粉を
ホットで飲んでいるが、
今日はアイスコーヒーで飲んだ。
猫は日なたで溶けたショコラになっている。

サンチョ・パンサの帰郷』石原吉郎著を読む。
第一詩集の完全復刻盤。
本ゆえデジタルリマスターはできないが。
これは、うれしい。
現代詩文庫は、掲載詩篇と価格を割れば、
ダントツにお買い得なんだけど、
ま、良く言えば業務用PBって感じ。
詩集は、装幀とページの余白が重要で、
ほんとに、うれしい。
すんなりとは頭に入らない。
でも観念的ではない。
スルメのようにゆっくりしゃぶれば、
じわじわくる。

以前のエントリーでも書いたが、
「シベリア帰りのおっさん」の実体験から
生まれた詩作の数々は、
今こそ噛みしめて読まれなければならないと再び思う。

同梱されている付録資料もうれしい。
さしづめボーナストラックってとこかな。
『葬式列車』が投稿された時の
谷川俊太郎以下選者の衝撃具合などを知ることができる。

人気ブログランキング