読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボツ・スキャッグス

猫舌男爵 (ハヤカワ文庫JA)

猫舌男爵 (ハヤカワ文庫JA)

 

本屋大賞に「本屋大将」木下古栗を!

本屋大賞授賞式時のB.G.M.は海援隊「あんたが大将」

田中邦衛は青大将 坂田利夫シショウはアホ大将

というツィートをしようと思ったが、踏みとどまった。
ブログでボツ供養。

何やら『猫舌男爵』皆川博子著が
おもろいらしいんで読んでみる。
メタフィクションの翻訳ものVer.といった感じ。
ええと、この手の本では
小林信彦がかつてW.C.フラナガン名義で発表した
ちはやふる奥の細道 』『素晴らしい日本野球』。
中島京子の『FUTON』を読んだことがある。
作者がダニエル・デイ=ルイスの如く
さまざまな作風の作品、しかもとびきりのを書くのは
知っていたが、『猫舌男爵』は、舌を巻く。

ハリガヴォ・ナミコなる日本でも無名の作家の短編集を
翻訳することになったポーランドの学生。
簡易な字引で翻訳に奮闘するが、
誤訳、思い込み、間違いの連続。
いやあそのドタバタぶりが笑える、笑える。
日下三蔵千街晶之らも登場して
ドタバタが拡散する。

皆川博子ってBL系、ヤオイ系の作風かと思ったら、
違った、まいりました。
他の作品は従来路線だが、
短篇とは思えないほど読み手の想像力を広げてくれる。

人気ブログランキング