読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DEBUT AGAIN

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)


昨夜の『NHK SONGS』は、ナイアガラサウンドの再現。
かつてのバックをつとめた腕利きメンバーが勢ぞろい。
ラジオ番組でその風景を聞いてはいたが、
実際目にすると圧巻。
いやはやなんとも(大瀧口調)贅沢で素敵な夢のような30分だった。
大滝詠一の『DEBUT AGAIN』初回盤CDを入手。
まさかの本人のボーカルでの自作曲がしかも完パケで残っていたとは。
存命だったら、こうして表に出ることはなかったかも。
ヘッドホンで大ボリュームで聴く。
作詞は『熱き心に』のみが、阿久悠
あとは、松本隆

虎は死して皮を残し、
大滝は死して名曲、名唱を残す。
生前大瀧は服部良一の後継として山下達郎
挙げていたが、その間に、大瀧が入る。
ラジオ深夜便」のアーチスト特集にも思える、
いわばエバーグリーンの数々。
日本のポップスの成熟を感じる。

はじめて知ったのは、はっぴいえんどじゃなくて
三ツ矢サイダーのCMソング。
「あなたがジンとくるときは~」。
カルチャーショックを受けた。
初代CMキャラクターの風吹ジュンがかわいかった。
いまでも、かわいいけど。

大瀧がDJをしていたラジオ関東の『GO! GO! NIAGARA』。
アメリカンポップスやクレイジーキャッツなどに
すっかりブレインウォッシュされてしまった。
で、紆余曲折して現在に至る。
YouTubeで当時の番組が聴けるのは、うれしい。
なぜか古びていない。

『DEBUT AGAIN』のライナーノーツ、
書いているのはてっきり萩原健太かと思ったら、
奥方でした。グッジョブ !

人気ブログランキング