読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃまさん

悦ちゃん (ちくま文庫)

悦ちゃん (ちくま文庫)

今週の電車本『悦ちゃん』獅子文六著を読む。
本当は詩人なんだけど食えないんで
流行歌などの作詞もしている父とおしゃまな悦ちゃん。
連れ合いに先立たれ、
詩人ファンだというお金持ちのインテリ美人と
悦ちゃんが好きになった下町の美人デパートガールが
後添え候補となり二転三転。
そこに絡むユニークなキャラ。
ノンシャランな父親が
ムッシュ・ユロ― 僕の好きな叔父さん―と
カブって見える。

父が失踪中、
ひょんなことからレコード歌手となった悦ちゃん。
芸名が「日本テムプル」ちゃん。
「東京ビートルズ」みたいだ。
洒落たユーモア。
気配り・目配りの利いた実に楽しい小説。

「昭和11年報知新聞連載小説」だったそうだ。
まだ日本は平和だったかなと思ったら、
2.26事件が起きた年なのね。

本秀康のカバーイラストがたまらなくかわいい。
シャーリー・テンプル風ね。
髪はくるくるにしてほしかった。

人気ブログランキング