読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒸気嫌

動きの悪魔

動きの悪魔


『動きの悪魔』ステファン・グラビンスキ著を読む。
ポーランドのポー」「ポーランドラヴクラフト」と言われる
作者の鉄道もの恐怖短篇小説集。
線路、踏切、駅、保線工夫、山、岩、暗い森。
霧と蒸気、煙、石炭のにおい、煤。
生き物のように走る蒸気機関車
常軌を逸した蒸気機関車
(座布団、一枚!!)
それに憑りつかれた人々。
鉄ちゃんじゃなくて。
スチームパンク好きには、たまらん一冊。
螺鈿細工かプロジェクションマッピングを思わせるSLを
あしらった凝った装丁は、いかにも版元らしい。

新幹線じゃダメだ、電車でもダメだ、やはりSLが絵になる。
廃線になった線路を走るかつて花形だった蒸気機関車
亡くなったはずの機関士と釜炊き。影の向こうに覗ける姿は。

最後の作品『トンネルのもぐらの寓話』では、
偶然だがクトゥルーと類似したキャラクターが出て来る。
クトゥルーでピンと来ない人には、いしいひさいちの地底人とか。
乱暴な連想か。

そう言えば「きかんしゃトーマス」にも、怪談があった。


 

記憶しているものは、見つけることができなかった。
後に「きかんしゃトーマス」は3DCGになったけど、絶対に昔の人形劇がいい。
ナレーションは森本レオの名調子でさ。
サンダーバード」もそうだ。

人気ブログランキング