読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当たり前だが

アメリカ大陸のナチ文学 (ボラーニョ・コレクション)

アメリカ大陸のナチ文学 (ボラーニョ・コレクション)

インタビュー原稿が、ようやくまとまりつつある。
最後の大見出し、キャッチフレーズでナンギ中。

最近、お気に入りの日清ラ王豚骨醤油袋麺を食べながら
Eテレ「ニッポン戦後サブカルチャー史2」の最終回を録画で。
講師役の宮沢章夫の「書を抱えて街を出よう」は、名言だ。
雑誌の特集のタイトルにもなる。

『アメリカ大陸のナチ文学』を読む。ひょっとしてポラーニョ、初体験。
南米の右寄りの作家・詩人たちの「架空の作家列伝」。
架空と思えないほど、微に入り細に入り良く書けている。
まったく知らない、読んだことのない本。
当たり前だが。
読んでみたくなる。
まったく知らない、作家たちの人生。
当たり前だが。
知りたくなる。
ボルヘスらレムにもこの手の著作があって
舌を巻いたが、この本にも舌をグルグル巻きにされた。
虚構もここまで来ると真実に思えてくる。

「架空の作家列伝」に、
日本の作家がエントリーするなら、誰だろう。
筒井康隆奥泉光、この本の解説を書いている円城塔とか。
私小説も好きだけど、荒唐無稽な一種の法螺話も同じくらい好きなんで。

人気ブログランキング