読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ア・ピース・オブ・ケーキ

ア・ピース・オブ・ケーキ。
pieceかpeaceか。
ヒカリエの千疋屋のケーキだそうで。
恙なく誕生日を迎えた。

『文藝 2015秋』号に掲載された『消滅世界』村田沙耶香著以外では
『ネンレイズム』山崎ナオコーラが、ほっこりしていてよかった。
単行本になったんだ。
見た目は子供、頭脳は大人」は、 アニメ「名探偵コナン」だが、
それをマネれば「見た目はJK(女子高校生)、中身はおばあさん」が主人公。
ほかにも、性別と心身が一致していないスカート男子のDK(男子高校生)などが、
公民館で編み物の先生から編み物を習う。
そこが、サンクチュアリとなる。
学校や会社、家などで人間は規格品のように生きているが、
実は違うはず。
建て前と本音と言うのか。
おじさんみたいなおばさん、おばさんみたいなおじさんとか。
エイジレス、セックスレスとか小難しいことを言っちゃいないが、
そのあたりが、じわじわ伝わる。

主人公は「ワシ」と言うのだが、今日日の老婆は「ワシ」なんて
言わないだろう。おばあさんとも思ってないだろう。
ブルーボトル系カフェじゃなくて昔ながらの純喫茶のような小説。

にしても、
編み物の先生の名前が「網田亜未夫(あみたあみお)」とは。
ここでふいた人は読むべし。

人気ブログランキング