読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌人養成ギプス

ぼくの短歌ノート

ぼくの短歌ノート


『ぼくの短歌ノート』穂村弘著を読む。
古典からいまの短歌まで。
いわゆるプロからアマまでの短歌を取り上げ、
その魅力を述べたもの。
章立てというか短歌のキーワード別カテゴライズが
独創性にあふれている。
「高齢者を詠った歌」の章が、
とりわけしみた。泣きそうになった。
一首引用。

「父のなかの小さき父が一人づつ行方不明になる深い秋
                     小島ゆかり

 


個人的に短歌に興味を覚えて、
ときおり、それらしいものを本ブログで
エントリーしているのだが、
これは教則本としても優れている。
作者自ら改悪例を披露している。
短歌は五七五七七が基本形だが、
字余り、字足らずでも成立している。
必然性があることが、わかる。
もう一首引用。

 

「ハブられたイケてるやつがワンランク下の僕らと弁当食べる
                        うえたに」


この文字数で、スクールカースト、朝井りょうの小説と同量の世界を
表現することができる。

人気ブログランキング