読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代理授与

昨日の午後、焦げるような日差しの中、
かすむがせき、じゃなかった霞が関まで行く。
入館する際、入館証などもらうのかと思ったら、
空港のように金属探知機検査があった。
あとは、意外とフリー。
合同庁舎ゆえ、行く先が、ちと分かりづらい。
予定時刻ぴったりに着いて
担当者を訊ねると、奥の部屋に案内される。
勲章をもらって終わりかと思ったら、
そうではなかった。一応、セレモ二ーだもの。
別室でおえらいさんから賞状、勲章を代理授与した後、
しばし歓談。
ノーネクタイだが、地味な服装でよかった。
職員として、定年後は調停委員としての
父親の働きに対して謝辞を述べられる。
こちらも、感謝の気持ちを。
生きていたらさぞかし喜んだことでしょうという趣旨を
イヤミにならない程度に、婉曲に。

以前、永年勤続表彰を受けた時は、
夫婦で最高裁に招かれた。
夜、渋谷の中華飯店で会ったが、上機嫌で、
いきなりお銚子10本を頼んだのにはまいった。
丹下健三設計による最高裁の建物は、
石造りで荘厳というよりも、
石室のようだったと言っていたことを記憶している。

人気ブログランキング