読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

代理人

偽詩人の世にも奇妙な栄光

偽詩人の世にも奇妙な栄光

家電(いえでん)が鳴った。
最近は、仕事関係はもっぱら携帯電話にかかってくる。
大抵は、セールス。リフォームだの、太陽光発電だの。
留守電で確認しようと思ったら、
父の叙勲が決まったという知らせだった。
生きてるうちに、くれたらさぞ喜んだものを。
福島まで日帰りでもらいに行くのかと思ったら、
霞が関方面でも可とのこと。
代理出席は、来月か。

『偽詩人の世にも奇妙な栄光』四元康祐著を読む。
商社マンと詩人の二足のワラジを履いている作者の自伝をベースに、
これは私小説かいなと思ったら、
最後あたりに、ひねりを利かせてある。
中原中也に染まって詩をつくり、投稿して入選。
大学卒業後、商社に就職して海外勤務。
ひょんなことから海外で詩人たちのポエトリーリーディング
覗いて、作詩熱がぶり返す。
ま、詩人の栄光と転落を見せて、寓話性や諷刺を狙ったのか。
どことなくゴーストライター騒動の音楽家を思い出すが。
文壇よりももっと狭小な日本の詩壇。
たぶん登場人物も実在の人物だと思うのだが、
詩壇に詳しくない、知りたくもないぼくには、
さほど興味をひかれなかった。

外国語の詩と日本語の詩。
その間で揺れる主人公。
水村美苗とか帰国子女文学の系統に属するのかな。

人気ブログランキング