読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柔らかい時計

現代詩手帖』2015年5月号【特集】SF×詩――未知なる詩の世界へようこそ!で
荒巻義雄と酉島伝法が気になって、
まずは『柔らかい時計』荒巻義雄著を読んだ。
荒巻義雄メタSF全集』が彩流社から刊行中だが、
図書館の保存庫から借りて。

名前は知っていたが、すげえってなもんで。
ようやく時代が追いついてきた感じ。
どの短篇でもいいが、別名義で
今の雑誌にSF雑誌よりは純文学誌に掲載されたら、
誰だ誰だとなるだろう。

表題作はダリの絵から。
1枚の絵画から小説に仕立てる想像力の豊かさ、発想力の鋭さ、
バックボーンとなる物理学、哲学、心理学への博識ぶり。
メタSFでありメタフィジークでもあり、
ポエジーさもある。
んで、フェティッシュでちょっとエロティックさもあって。
何よりも新しい。

竹橋の美術館でダリの原画を見たことがあるが、
絵は思ったよりも小さかったが、
思ったよりも精細な筆致で描かれていた。

人気ブログランキング