読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲンキ書房

風の吹き抜ける部屋 (銀河叢書)

風の吹き抜ける部屋 (銀河叢書)

『風の吹き抜ける部屋』小島信夫著を読んだ。
単行本未収録のものを集めたもの。

名人の落語家の語り口調のような文体。
ファンには、たまらん。

ぱらぱらとページをめくっては、
気になるところから読みだす。

長寿で最後まで現役の作家だったゆえ、
先輩・後輩の作家たちとの交友や
文学的評価、死への思いなどが淡々と書かれている。
森敦などなど。

中でも意外だったのは、田中小実昌
古いつきあいだったとは
知らなんだ。
小説を書くまでの話が出ている。
サローヤンの『人間喜劇』は、
作者の翻訳ものの代表的な作品だと思うが、
下訳を田中小実昌に依頼したとは。
で、できが良くて手を入れたところは少々、
ほとんど田中訳で刊行されたとか。
そんなことまで
あけすけに書いてしまう。


小島信夫田中小実昌片岡義男
というツリー図 。
村上春樹をつなげていいものか。


「『私の作家遍歴』は、皆さんの眼に入る作品、人物などを
元に遍歴しています。『別れる理由』では、私に近い人物の
内側へ、意識の下へともぐりこんで行き、その意識の中で
遍歴を行ったようです。私の今書いている作品はこの延長線
上にあることは確かです」

『『私の作家評伝』から『私の作家遍歴』へ』

この遍歴が一筋縄じゃいかなくて、
だらだらくねくね。まわり道、ぐるぐる。

このところ、わりかし、幻戯(ゲンキ)書房の本を読んでいる。
版元名は、創業者・角川源義の名前のアレンジ。
幻戯書房の方が、いまのKADOKAWAじゃなくて
角川書店っぽいなあ。

「風の吹き抜ける場所へ」は、フライングキッズ
好きな一曲。関係ないけど。

人気ブログランキング