『全ロック史』を読む-1

全ロック史 作者: 西崎憲 出版社/メーカー: 人文書院 発売日: 2019/02/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 猫の額よりも狭い庭がジャングル化。完全に隣家に侵入したシュロを脚立にのって切る。切れない、切る、切りにくい、切る。 30分程度の…

ううむ

岡本綺堂随筆集 (岩波文庫) 作者: 岡本綺堂,千葉俊二 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2007/10/16 メディア: 文庫 クリック: 19回 この商品を含むブログ (24件) を見る 京都アニメーション、テレビ局の取材があるとかでセキュリティを解除していた。そこ…

楽しいわが家

この家に引っ越してからまもなくだ。始終誰かに見られている気がしてならない。夜遅く、会社から帰って風呂に入っていると、浴室の戸越に黒い影が。「誰」と声をかけても、返事はない。妻にたずねても「知らないわよ。気のせいじゃない」と一笑にふされた。…

ながめせしまに

「待つ」ということ (角川選書) 作者: 鷲田清一 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川学芸出版 発売日: 2006/08/31 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 68回 この商品を含むブログ (90件) を見る 予備校生時代も長雨だった。下着も靴下も洗ったものがなくなる…

体温が5度下がる

羆嵐 (新潮文庫) 作者: 吉村昭 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1982/11/29 メディア: 文庫 購入: 59人 クリック: 545回 この商品を含むブログ (106件) を見る 『羆嵐』吉村昭著を読む。 巨大な人食い羆と開拓民などとの抗争を描いたノンフィクション。評判…

ごチューいあれ

20XX年、NEO-TOKYOシティ。いつ頃からだろうか、ふだん口にしている肉が、クローンマウスの肉だとまことしやかに囁かれだしたのは。かつて有名ハンバーガーチェーンの肉が牛肉ではなく、食用ミミズだと騒がれたが、あれと同じような都市伝説の類なのだろうか…

妖麗か端麗か

玉藻の前 (中公文庫 (お78-8)) 作者: 岡本綺堂 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2019/05/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 『玉藻の前』岡本綺堂著を読む。 九尾の狐。殺生石。那須の伝説をベースに綺堂風に仕立てた作品。 時は平安時代…

穴があったら入りたいか

ホール (Woman's Best 韓国女性文学シリーズ5) 作者: ピョン・ヘヨン,カン・バンファ 出版社/メーカー: 書肆侃侃房 発売日: 2018/10/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ETV特集「反骨の考古学者 ROKUJI」を見る。ハ…

天才トレーダーは11歳

JR 作者: ウィリアム・ギャディス,木原善彦 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2018/12/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 『JR』ウィリアム・ギャディス著 木原善彦訳を読んだ。 〇会話と地の文で小説のスタイルは成り立っている。…

懐かしい人

いつもの喫茶店のいつもの席に彼がいた。よく彼との待ち合わせに使っていた喫茶店を何気なくふと見ると、窓越しに彼が恥ずかしそうに微笑んでいる。 ああ死んでいなかったんだとなぜか思ってしまった。彼の葬儀には出たはずなのに。あれから20年。私はあれ…

読めども読めども

JR 作者: ウィリアム・ギャディス,木原善彦 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2018/12/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 『JR』ウィリアム・ギャディス著 木原善彦訳を読んでいる。旧国鉄の話ではない。本文2段組 訳註 訳者あとが…

Do you 脳 me?

脳の意識 機械の意識 - 脳神経科学の挑戦 (中公新書) 作者: 渡辺正峰 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/11/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (11件) を見る 『脳の意識 機械の意識』渡辺正峰著を読む。 いきなり、こうくる。 「もし、人間…

2019/06/27 今日の5首

ルンバにネコ耳つけても ネズミは取らない いったい 誰が よだれ鶏って よだれ牛なら狂牛病 よだれ垂らすのは あんた 離婚した友人が再婚 新妻 前妻と瓜二つ おいおい cityポップという言葉が再浮上 40年ぶり 胸キュン ゾンビかよ タピ丘の戦いで 日本軍 玉…

広角綺堂隊

近代異妖篇 - 岡本綺堂読物集三 (中公文庫) 作者: 岡本綺堂 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/04/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 男女サッカーも、ヤクルトも、期待はしないが、結果、期待はずれ。 飽きるまで同じものを食…

しつこく

怪獣-岡本綺堂読物集七 (中公文庫) 作者: 岡本綺堂 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/10/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る しつこく『怪獣 岡本綺堂読物集7』岡本綺堂著を読む。 次は「江戸情緒あふれる探偵物『半七捕物帳』」に手…

じめじめ

異妖新篇 - 岡本綺堂読物集六 (中公文庫) 作者: 岡本綺堂 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/02/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る じめじめなんで、憑りつかれたように『異妖新篇 岡本綺堂読物集6』岡本綺堂著を読む。 著者は「1872…

忌憚なく奇譚を

今古探偵十話 岡本綺堂読物集五 (中公文庫) 作者: 岡本綺堂 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2018/03/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る このニュースが気になった。 headlines.yahoo.co.jp 映画『ゴッドファーザー』でおなじみのマ…

人生はビビンメン

アンダー、サンダー、テンダー (新しい韓国の文学) 作者: チョンセラン,吉川凪 出版社/メーカー: クオン 発売日: 2015/07/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る このところ、シティポップという言葉をネットやラジオで見聞きする。言葉も…

怪談14物語

青蛙堂鬼談 - 岡本綺堂読物集二 (中公文庫) 作者: 岡本綺堂 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2012/10/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る 固定資産税、区民税の納付書が届く。まもなく健康保険料も、か。やれやれ。 玄関先の終わり…

やだな~こわいな~

三浦老人昔話 - 岡本綺堂読物集一 (中公文庫) 作者: 岡本綺堂 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2012/06/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 『三浦老人昔話 岡本綺堂読物集1』岡本綺堂著を読む。 三浦老人って「岡っ引き半七の友人…

PDF父さん

会社では肩をたたかれ家では妻の肩をたたく父さん胃酸過多 埃とかび臭い資料室に幽閉一日中、保存する文書をスキャンしてPDFにするヤクルト・雄平のファン 意外とこれが楽しい PDFにした書類はシュレッダーにかける 意外とこれがはまる 自宅用にヤフオクで中…

娘帰る

娘について (となりの国のものがたり) 作者: キム・ヘジン,古川綾子 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2018/12/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る twitterでイラストレーター河村要助の死を知る。ニューミュージックマガジ…

父さん、あの自転車、どうしたんでせうね?

自転車泥棒 作者: 呉明益,天野健太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る クチナシが咲いた。アジサイが咲いた。風呂場のボディシャンプーに小さなナメクジが。 『自転車泥棒』呉明益著 天野…

忘れていた

心の進化を解明する ―バクテリアからバッハへ― 作者: ダニエル・C・デネット,木島泰三 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2018/06/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (7件) を見る 夏用の新しいスニーカーがほしいと思っていたらReebok ONLINE SHOP …

yummy 闇

探偵夜話 - 岡本綺堂読物集四 (中公文庫) 作者: 岡本綺堂 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2013/10/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 『探偵夜話』岡本綺堂著を読む。きっかけは、三津田信三編『怪異十三』。そこに収録されてい…

ライフ八苦

四苦八苦の哲学──生老病死を考える 作者: 永江朗 出版社/メーカー: 晶文社 発売日: 2018/09/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 『四苦八苦の哲学 生老病死を考える』永江朗著を読む。 「四苦八苦」は「仏教のことばである。四苦は生・老・病・…

読み終えるまで50数駅

フィフティ・ピープル (となりの国のものがたり) 作者: チョン・セラン,斎藤真理子 出版社/メーカー: 亜紀書房 発売日: 2018/09/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 東宝の社長シリーズのようなトランプ米大統領へのおもてなし…

水の中のワイフ

昨日のNHKFM「weekendsunshine」は、ポーランド音楽特集。ジャズ系がとてもよかった。 ポーランドと言えばロマン・ポランスキー監督の『水の中のナイフ』。ヨットがクルージングするモノクロ画面のシーンを思いうかべると、少しは涼しくなる。これもサウンド…

夏じゃん

困ります、ファインマンさん (岩波現代文庫) 作者: R.P.ファインマン,Richard P. Feynman,大貫昌子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2001/01/16 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 125回 この商品を含むブログ (74件) を見る 聞かせてよ、ファインマン…

2019/05/22 今日の5首

tofubeatsに似た 大工 リベットを打つ音 軽快な16ビート 雨上がり 相変わらず どぶ臭い 渋谷川 眺める二人 臭い仲か ペダルこぐ 風がTシャツを すり抜ける でも タイムワープ できない やけに重たいアルバム 思い出の残留濃度のせいか 手を洗おう 量子電磁…