読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北風吹き抜く

情報社会の〈哲学〉: グーグル・ビッグデータ・人工知能作者: 大黒岳彦出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 2016/08/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 北風吹き抜く…おっと、JASRACに金払えって言われるかな。目にゴミ、というよりも花粉…

こわい恵方巻

怪奇小説傑作集〈2〉英米編2 (創元推理文庫)作者: ジョンコリアー,中村能三,宇野利泰出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2006/03メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 11回この商品を含むブログ (16件) を見る 恵方巻とやらを2日続けて食べる。正月のモチ・ク…

世界はそれをAIと呼ぶんだぜ

東大准教授に教わる「人工知能って、そんなことまでできるんですか?」作者: 松尾豊,塩野誠出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版発売日: 2014/10/15メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 老いると猫も寝ている椅子から転げ落ちる。『人工知能っ…

つらいのお~

男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学作者: 田中俊之出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2015/05/17メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 気温の乱高下は、つらいのお~。『男がつらいよ』田中俊之著を読む。副題が「絶望の時代の希望の男性…

ゆりと吸血鬼

吸血鬼カーミラ (創元推理文庫 506-1)作者: レ・ファニュ,平井呈一出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1970/04メディア: 文庫購入: 6人 クリック: 30回この商品を含むブログ (23件) を見る 12000文字を2000文字にする作業も、なんとなく形がついてきた。『…

のんスタイル

先日、妻が世田谷パブリックシアターで劇団300の『鯨よ!私の手に乗れ』を観に行った。世代的に身につまされる話で泣いて笑ってと。楽屋見舞いに行ったら、顔の小さな女の子とすれ違ったそうな。どっかで見たことがある。誰だっけ。のんちゃんだった。この芝…

怖いい話

怪奇小説傑作集 1 英米編 1 [新版] (創元推理文庫)作者: アルジャーノン・ブラックウッド,ブルワー・リットン,ヘンリー・ジェイムズ,M・R・ジェイムズ,W・W・ジェイコブズ,アーサー・マッケン,E・F・ベンスン,W・F・ハーヴィー,J・S・レ・ファニュ,平井呈一…

カレーなる一族

四人の交差点 (新潮クレスト・ブックス)作者: トンミキンヌネン,Tommi Kinnunen,古市真由美出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/09/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る 原稿を書く合間に、音声データを起こす。この繰り返し。なんとか間…

事件は現場で起きている、ポップスもだ。

「ヒットソング」の作りかた―大滝詠一と日本ポップスの開拓者たち (NHK出版新書 506)作者: 牧村憲一出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2016/12/08メディア: 新書この商品を含むブログ (3件) を見る 『「ヒットソング」の作り方』牧村憲一著を読む。CMソングで…

富士の病

朝イチの、のぞみで大阪へ。発車してから朝日が指し込む。座った席が、富士山ビューサイトでよかった。どんどん大きくなってくる富士山。ガラケーのボロケータイでもかように撮れた。この冬は、都内でも富士山が良く見える。名古屋を過ぎたあたりから雪景色…

2017.01.15の五首

いきなりコクられ いきなり接吻 いきなり別れて いきなり団子喰う忘れられない女 それがアンカリング・ガール 心の底に 突き刺さったままの錨 極暖を来た極悪 月極駐車場で ワイフから財布 受け取る レオン・ラッセルが流れていた キミと待ち合わせの喫茶店 …

久しぶりに

午前中、来週の大阪取材の件で打ち合わせ。印刷会社系のプロダクションで古いつきあいのところだが、行くのは久しぶり。規模が大きくなって、スタッフが若返っていて驚いた。営業の人も、クリエイティブの人も、なんつーか誠実。早起きは苦にならないが、座…

リフレインが叫んでる

ポオ評論集 (岩波文庫)作者: 八木敏雄出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2009/06/16メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 7回この商品を含むブログ (14件) を見る ちょっと煮詰まったので、ブログに逃げる。血圧、上がってる。『ポオ評論集』を読む。実作者の…

お茶漬けの味

木菟燈籠 (講談社文芸文庫)作者: 小沼丹出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/12/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 正月明けの3連休。これを過ぎてからようやく世間は通常ペースに戻るのだろうか。ポオ祭りも岩波文庫の評論集で一応、打ち…

ポエムにはポオがいる

ポオ詩と詩論 (創元推理文庫 522-5)作者: エドガー・アラン・ポオ,福永武彦出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1979/11/23メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 4回この商品を含むブログ (15件) を見る ポエム(poem)にはポー(poe)がいる道玄坂(dogenzaka)には…

グダグダ

ポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)作者: エドガー・アラン・ポオ,阿部知二出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1974/06/28メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 28回この商品を含むブログ (24件) を見るポオ小説全集 2 (創元推理文庫 522-2)作者: エドガー…

なますて

穏やかな年明け。朝酒しながら、分厚い新聞をめくる。なますが好きだが、ニオイが強烈。ひと眠り。ここ数年、目につく広告はなかったが、今年は目を引くものがあった。西武そごうの新聞広告がぼく的には一等賞。ファストファッションじゃないデパートのファ…

ミットもない

電車で化粧は ミットもない電車で菓子パンは電車で政権批判は電車でヨガは電車で辞表書くのはミットもない ボールもないバットもない しょーもない電車で化粧は ミットもない電車でトマトもぐのは電車でチューは電車で手かざしは電車でラップバトルはミット…

気にいった2曲ともう1曲

年越しの宿題はない。空いた電車。空いた街。スイタ市。好いたらしいお方。12月27日TBSラジオ『TOKYO JUKEBOX』 <マキタスポーツ&国山ハセンの火曜日>でイチオシされていたバンド。 『Wi Ing Wi』by Ing hyukoh 韓国のバンドだそうで、いやあ、いい感じ。…

アート驚く

小説の家作者: 柴崎友香,岡田利規,山崎ナオコーラ,最果タヒ,長嶋有,青木淳悟,耕治人,阿部和重,いしいしんじ,古川日出男,円城塔,栗原裕一郎,福永信出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/07/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る 年の瀬なのに…

ケンタッキーじゃないフライドチキンじゃない

連休明けに提出する原稿の直しを粛々と。ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、肉でカレーとシチューと肉じゃがをつくるような修正依頼。12月22日に銀行へ寄ったついでにケンタッキーへ寄ったら24日の予約はいっぱいとのこと。相変わらずのクリスマス繁盛ぶり。…

フライング・メリクリ

デコ屋敷子どもの時から、目立ちたがり屋だった男。トレードマークは、リーゼント。勉強はさっぱりだったが、商才には長けていた。商業高校を卒業後、親戚が埼玉県で経営しているホームセンターで修行。家業の金物屋を今風のホームセンタにリニューアルして…

手帳に、ポオと書く

ポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)作者: エドガー・アラン・ポオ,阿部知二出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1974/06/28メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 28回この商品を含むブログ (23件) を見る ここ数年、妻の勤務先で余った手帳を愛用していた。…

踊れる”SMAP”

12月17日のTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』の目玉が、「 クラブDJがガチでプレイする、踊れる”SMAP”MIX by SEX山口」。前回のも良かったが、今回も、すんごく良くて。録音しつつヘッドフォンで生で聞いてtwitter見ながら。確かに…

いとこ同士

狩りの時代作者: 津島佑子出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/08/05メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 『狩りの時代』津島佑子著を読んだ。ヒトラーユーゲントの来日が重要なモティーフとなっている。ええと検索したら、ヒトラーユーゲ…

ポッキリナベイベー

9時ごろ、花火の鳴る音が。今日と明日は世田谷ボロ市か。ボロを感じで書くと襤褸。風が冷たい日。ボロ市には冬将軍がついているのかも。何やかやと本業関係がザワザワしている。久しぶりの感じ。だましだまし使っていたキッチンの水栓。なんでも蛇口の吐水パ…

花に水

神は細部に宿る。埃は四角にたまる。本格は辺境に栄える。細野晴臣の『花に水』がYoutubeにあった。大昔、カセットブックで持っていたが、紛失。青山の無印良品一号店で流れていた。小さなおしゃれな店。ノーブランドというブランド。ニューアカが蔓延した頃…

ほこり高き男

堆塵館 (アイアマンガー三部作1) (アイアマンガー三部作 1)作者: エドワード・ケアリー,古屋美登里出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 2016/09/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見る 原稿の進み方が予定よりもちと遅い。学生バイト君が持…

『大鴉』を音読

E・A・ポー ポケットマスターピース09 (集英社文庫 ヘリテージシリーズ)作者: エドガー・アラン・ポー,鴻巣友季子,桜庭一樹,池末陽子,丸谷才一,日夏耿之介,巽孝之,中里友香出版社/メーカー: 集英社発売日: 2016/06/23メディア: 文庫この商品を含むブログ (4…

工事中

有名なキュレーションサイト、まとめサイトが点検見直し中とか。これ!という良い解決策ってあるのだろうか。雑誌や新聞がやっているように最初から作る、金と手間と時間をかけて一次情報のみでまとめるしかないのか。わからん。DeNAはSEO対策でYahooやGoogle…

シュールくん

黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)作者: エドガー・アランポー,Edgar Allan Poe,巽孝之出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/03/28メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 51回この商品を含むブログ (41件) を見る モルグ街の殺人…

血ぃ吸うたろか

吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)作者: ブラムストーカー,Bram Stoker,平井呈一出版社/メーカー: 東京創元社発売日: 1971/04メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 162回この商品を含むブログ (60件) を見る 12月、エドガー・アラン・ポー祭りがまだまだ続く。…

その昔、

真鍋博のプラネタリウム:星新一の挿絵たち (ちくま文庫)作者: 真鍋博,星新一出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2013/08/09メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る 原稿の追加と修正をする。たぶん、これでいいだろう。『真鍋博のプラネタリウム』…

そうだ、ポーを読もう

エドガー・アラン・ポー短篇集 (ちくま文庫)作者: 西崎憲出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2007/05メディア: 文庫 クリック: 12回この商品を含むブログ (20件) を見る 昨夜は、夜の仕事先の冷えに備えて使い捨てカイロを貼って行く。お腹の調子が悪いときは…

ムチムチ

自分に自分でムチ打って、一人SM状態で企画のまとめをする。さるぐつわや三角木馬はないけれど。ディフェンディングチャンピオンの辛さ。手を抜くと、仕事が消滅するしなあ。図書館に行ったついでにポーを文庫で探したら、「生誕200年記念」新潮文庫版『ポー…

まるで僕らはエイリアンズ

最終戦争/空族館 (ちくま文庫)作者: 今日泊亜蘭,日下三蔵出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2016/10/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る 原稿じゃなかった記事を書く。先方の言い回しに準ずれば。とりあえず1本お試しに書いてチェックする。…

シン・ゴジラからシンリズムへ

文字と格闘の土日。TBSラジオ『オーディナリーミュージック』、シンリズム選曲の回を聞く。彼の音楽のバックボーンを知るようなラインアップ。シンリズム『彼女のカメラ』。なんてポップなんだ。メガネくん。陸奥A子のメガネ男子風ルックス。。サウンドは、…

ヤマモリくんのこと

ヤマモリくんのあだ名は土偶教科書の写真で出ていた土偶がどことなく似ているからそうなったヤマモリくんは小児ぜんそくで入退院を繰り返していた町はずれにある大きな病院戦争中は陸軍病院だったそうでじいさんは、今も陸軍病院と呼んでいる昔の名残をとど…

ほとんどビョーキ

病(やまい)短編小説集 (平凡社ライブラリー)作者: E.ヘミングウェイ,W.S.モーム,Ernest Hemingway,W.Somerset Maugham,石塚久郎出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2016/09/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る お試しで原稿を一本書いて送る…

骨の髄まで

吸血鬼作者: 佐藤亜紀出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/01/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る 出力したら色が変だ。プリンタの調整がうまくいかないし。インクの残量はある。純正だろうが汎用だろうが、インクは残っていても交換時の…

プロトコルとしての倫理学

動く倫理学を展開する:生成変化の中の実践 (小林道憲〈生命の哲学〉コレクション)作者: 小林道憲出版社/メーカー: ミネルヴァ書房発売日: 2016/09/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 『動く倫理学を展開する』小林道憲著を読んだ。 倫理や道徳、…

コブラ返り

明け方、こむら返りになった。エッ、コブラ返り。ふくらはぎが、コブラの頭になってクレオパトラの胸を噛む。子ども返りというと、おじさんが紙おむつつけて赤ちゃん言葉で…。それは、赤ちゃんプレイ。復活した、かつてのエースピッチャー。甦りましたね。黄…

ここ数日来

図書館で借りたり、買ったりした資料本を一気に読む日々。あたりで項目を立ててみる。一次仕込み。付せんした箇所をコピーする。ネットで使えそうな当該箇所も出力する。二次仕込み。項目別にファイルする。ここで寝かせる。仮の項目を検討する。OKだったら…

飛ぶのが怖い

死のドレスを花婿に (文春文庫)作者: ピエールルメートル,Pierre Lemaitre,吉田恒雄出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/04/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (25件) を見る なかなか椅子から降りられなくなった老猫用にステップ、階段をamazonの空…

覗く人

冬の夜ひとりの旅人が (白水Uブックス)作者: イタロ・カルヴィーノ,脇功出版社/メーカー: 白水社発売日: 2016/10/06メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る ヒカリエ(ヒキリエを思い出すが)ファサード前に大きなモミの木が立てられていた。これだ…

ぼくのおじさんじゃないおじさん

イエスの幼子時代作者: J・M・クッツェー,鴻巣友季子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2016/06/23メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 久しぶりに営業。プロフィールと作品を選んで出力する。合間に企画用のビジネス書を読んで付け焼刃的に…

ゾンビと看護師が

その女アレックス (文春文庫)作者: ピエールルメートル,橘明美出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/09/02メディア: 文庫この商品を含むブログ (145件) を見る ゾンビと看護師が円山町のラブホテルへ。マリオとミニスカポリスが円山町のラブホテルへ。おい…

やっとスピードが

高校の同級生で陶芸家(確か僧侶の資格もあるはず)の伊藤君から個展の案内状が来る。ずっと不義理しているので、今回は行かないと。 ちょっと宣伝。 伊藤文夫 -鉢の子窯-陶展〇2016年11月7日(月)~13日(日)〇柴田悦子画廊12:00a.m~7:00p.m(日・祭日は6:00p.…

また一歩

科学以前の心 (河出文庫)作者: 中谷宇吉郎,福岡伸一出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2013/04/05メディア: 文庫この商品を含むブログ (5件) を見る 昨夜、誕生日の祝い料理を食す。好物のニッカのウイスキーを薄い水割りで。さすがに、ケーキまでは手が…

毎日、毎日

いつもの仕事で、四谷方面へ。1時間ほど打ち合わせをして放免。すぐそばのたい焼きのわかばへ寄り道。角を曲がると香ばしいにおいが鼻先をくすぐる。お昼時。行列を覚悟したら、並んでいなかった。珍しい。夏でもアツアツのたい焼きを食べる人がいるのに。文…